「国内景気」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治

国内景気週報(10/16~10/20)■9月訪日外客数(10/18)9月の訪日外客数は前年比2桁プラスを維持■9月貿易統計(速報、10/19)9月の貿易収支は、4ヵ月連続の黒字

国内景気週報(10/16~10/20)■9月訪日外客数(10/18)9月の訪日外客数は前年比2桁プラスを維持■9月貿易統計(速報、10/19)9月の貿易収支は、4ヵ月連続の黒字

2017年8月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年7月報

2017年 7月報倒産件数は698件、6カ月ぶりの前年同月比減少 負債総額は1027億600万円、2カ月ぶりの前年同月比減少〈参考〉前月の負債総額(2782億9400万円)は、タカタ�鰍フ負債額を2017年6月26日発表の1826億3300万円として集計。取材等で判明した国内主要自動車各社のリコール費用に係る求償債権の合計を含めると、前月の負債総額は1兆6082億9400万円で、前月比93.6%減 主要ポイント■倒産件数は698件で、前月比7.1%減、前年同月比1.4%の微減となり、6カ月ぶりに

2017年7月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年6月報

2017年 6月報倒産件数は751件、5カ月連続の前年同月比増加 負債総額は2782億9400万円、3カ月ぶりの前年同月比増加(タカタ(株)への求償債権判明額を含めると、1兆6082億9400万円) 〈参考〉上記負債総額は、タカタ(株)の負債額を6月26日発表の1826億3300万円として集計。取材等で判明した国内主要自動車各社のリコール費用に係る求償債権の合計を含めると、負債総額は1兆6082億9400万円(前年同月比1471.7%増、前月比1572.3%増) 主要ポイント■倒産件数は751件

2015年4月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2015年度金融市場展望~株式・債券相場とも底堅く、ドル高基調継続~

みずほインサイトマーケット2015 年 4 月 3 日2015 年度金融市場展望市場調査部主席エコノミスト株式・債券相場とも底堅く、ドル高基調継続03-3591-1244武内浩二koji.takeuchi@mizuho-ri.co.jp○ 2015年度の金融市場では、グローバルな金融緩和傾向が予想され、株式・債券相場とも底堅い地合いを見込む。金融政策スタンスの違いから為替は対円、対ユーロともドル高地合いの継続を予想○ リスクシナリオとしては、景気面では中国や欧州の下振れに加え、米国景気の下振れに

グラフで見る景気予報(2013年12月)

2013/12/03 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資や輸出の持ち直しが一服しているが、経済対策の効果により公共投資が順調に増加し、住宅着工件数が駆け込み需要もあって高水準にある。また、個人消費も、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることを背景に緩やかに持ち直している。今後も、設備投資、輸出が持ち直してくることに加え、年度末にかけては駆け込み需要で個人消費が増加すると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。一方、円安による輸入物価の上昇を背景に国内の物価圧

グラフで見る景気予報(2013年11月)

2013/11/05 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。輸出の持ち直しが一服しているが、経済対策の効果により公共投資が順調に増加し、住宅着工件数が駆け込み需要もあって高水準にある。また、個人消費も、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることを背景に緩やかに持ち直し、業績や景況感の改善を受けて設備投資が増加基調に転じている。今後も、公共投資が増加基調を続け、輸出が持ち直してくることに加え、年度末にかけては駆け込み需要で個人消費が増加すると予想され、景気は緩やかに持ち直して

グラフで見る景気予報(2013年10月)

2013/10/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。個人消費が底堅く推移し、輸出が世界経済の回復を背景に持ち直している。また、経済対策効果により公共投資は増加が続き、住宅着工が高水準を維持しているほか、雇用が緩やかに改善し、賃金も下げ止まりつつある。遅れていた設備投資も、企業の業績や景況感の改善を受けて増加に転じた。こうした内外需要の回復を背景に、生産は持ち直している。今後も、公共投資、個人消費が増加し、輸出の持ち直しの動きが続くと予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。一方

2013年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の可否を検証する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税の可否を検証する1997年とは大きく異なる経済環境が消費税増税の下地に ◆8月12日に公表された2013年4-6月期GDP一次速報は前期比+2.6%と3四半期連続のプラス成長となった。国内経済が極めて堅調に推移していると判断できる結果であったと言えよう。◆消費税増税1年前の経済が強いことだけで消費税増税の環境が整ったと判断すると、1997年4月の消費税増税も正当化されることになる。しかし、1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ