「国内景気」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年6月報

2017年 6月報倒産件数は751件、5カ月連続の前年同月比増加 負債総額は2782億9400万円、3カ月ぶりの前年同月比増加(タカタ(株)への求償債権判明額を含めると、1兆6082億9400万円) 〈参考〉上記負債総額は、タカタ(株)の負債額を6月26日発表の1826億3300万円として集計。取材等で判明した国内主要自動車各社のリコール費用に係る求償債権の合計を含めると、負債総額は1兆6082億9400万円(前年同月比1471.7%増、前月比1572.3%増) 主要ポイント■倒産件数は751件

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

好循環入りの期待が高まる国内景気~物価下落が意識される中、追加緩和は見送られると予想~

好循環入りの期待が高まる国内景気~物価下落が意識される中、追加緩和は見送られると予想~

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ようやく持ち直しが確認できた国内景気~一旦は上昇した長期金利も足元では沈静化へ~

ようやく持ち直しが確認できた国内景気~一旦は上昇した長期金利も足元では沈静化へ~

2014年10月29日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

輸出停滞続き、円安の景気押し上げ効果を見直す必要

経済・金融経 済・金 融輸出停滞続き、円安の景気押し上げ効果を見直す必要上席研究員○海外景気が良くなっても輸出は増加しにくくなっている古金 義洋(図1)世界経済と日本の輸出(%)10国内景気は期待通りに回復していないが、最大の誤算は円安にもかかわらず輸出が増加5していないことだ。輸出メーカーの売上・利益は円安で嵩上げされたが、製造業の生産活0動は伸びていない。それでも「海外景気が回輸出数量(世界全体)輸出数量(先進国)輸出数量(日本)経済成長率(世界)復すれば輸出も増加するはず」との予想が多いが

懸念される消費税増税後の国内景気~夏場にも追加緩和の可能性~

懸念される消費税増税後の国内景気~夏場にも追加緩和の可能性~

2013~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~13年度2.2%、14年度0.9%、15年度1.4%(すべて据置き)~

情勢判断国内経済金融2013~15 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~13 年 度 2.2%、14 年 度 0.9%、15 年 度 1.4%(すべて据 置 き)~調査第二部3 月 10 日に発表された 2013 年 10~120.9%へ下方修正)へと急ブレーキがかか月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まった。さらに、2 月 17 日に発表された 10え、当総研では 2 月 20 日に公表した「2013~12 月期の GDP 第 1 次速報(1 次

2013~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

情勢判断国内経済金融2013~15 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~13 年 度 2.2%、14 年 度 0.9%、15 年 度 1.4%(すべて据 置 き)~調査第二部3 月 10 日に発表された 2013 年 10~120.9%へ下方修正)へと急ブレーキがかか月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まった。さらに、2 月 17 日に発表された 10え、当総研では 2 月 20 日に公表した「2013~12 月期の GDP 第 1 次速報(1 次

2014年2月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

依然として確信できない「2年で2%の物価上昇」~持続的な成長経路への早期回帰は困難~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融依 然 として確 信 できない「2 年 で 2%の物 価 上 昇 」~持 続 的 な成 長 経 路 への早 期 回 帰 は困 難 ~南 武志要旨国内景気・物価は、積極的な金融財政政策による効果によって、緩やかながらも改善の動きが続いている。こうした動きは中小企業や地域経済にまで波及するなど、広がりを見せている。13 年度末にかけては、公共事業の下支えや消費税増税前の駆け込み需要が本格化することもあり、国内経済は高めの成長を達成

2013~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~13年度2.6%、14年度1.1%(いずれも変更なし)~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融2013~15 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~13 年 度 2.6%、14 年 度 1.1%(いずれも変 更 なし)~調査第二部12 月 9 日に発表された 2013 年 7~9 月は、経済成長率が前期比年率 1.1%へ下期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)および 12方修正され、夏場にかけて国内景気が減年度確報での改定状況を踏まえ、当総研速した様子が一段と明確となった。内容では

「企業から家計へ」の流れは定着するか~懸念が残る増税後の国内景気~

「企業から家計へ」の流れは定着するか~懸念が残る増税後の国内景気~

2013~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

情勢判断国内経済金融2013~15 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~13 年 度 2.6%、14 年 度 1.1%(いずれも変 更 なし)~調査第二部12 月 9 日に発表された 2013 年 7~9 月は、経済成長率が前期比年率 1.1%へ下期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)および 12方修正され、夏場にかけて国内景気が減年度確報での改定状況を踏まえ、当総研速した様子が一段と明確となった。内容では 11 月 18 日に公表した「2013~15 年的

グラフで見る景気予報(2013年12月)

2013/12/03 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資や輸出の持ち直しが一服しているが、経済対策の効果により公共投資が順調に増加し、住宅着工件数が駆け込み需要もあって高水準にある。また、個人消費も、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることを背景に緩やかに持ち直している。今後も、設備投資、輸出が持ち直してくることに加え、年度末にかけては駆け込み需要で個人消費が増加すると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。一方、円安による輸入物価の上昇を背景に国内の物価圧

年度末にかけて駆け込み需要によって高めの成長継続~一方、増税後の国内景気は停滞気味に~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融年 度 末 にかけて駆 け込 み需 要 によって高 めの成 長 継 続~一 方 、増 税 後 の国 内 景 気 は停 滞 気 味 に~南 武志要旨2013 年上期は年率 4%近い成長となるなど、持ち直し傾向を強めていた国内景気であったが、7~9 月期の経済成長率は減速、消費・投資といった民間最終需要の改善にブレーキがかかった。ただし、この減速は一時的とみられ、13 年度下期には消費税増税前の駆け込み需要も強まり、高めの経済成長

グラフで見る景気予報(2013年11月)

2013/11/05 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。輸出の持ち直しが一服しているが、経済対策の効果により公共投資が順調に増加し、住宅着工件数が駆け込み需要もあって高水準にある。また、個人消費も、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることを背景に緩やかに持ち直し、業績や景況感の改善を受けて設備投資が増加基調に転じている。今後も、公共投資が増加基調を続け、輸出が持ち直してくることに加え、年度末にかけては駆け込み需要で個人消費が増加すると予想され、景気は緩やかに持ち直して

グラフで見る景気予報(2013年10月)

2013/10/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。個人消費が底堅く推移し、輸出が世界経済の回復を背景に持ち直している。また、経済対策効果により公共投資は増加が続き、住宅着工が高水準を維持しているほか、雇用が緩やかに改善し、賃金も下げ止まりつつある。遅れていた設備投資も、企業の業績や景況感の改善を受けて増加に転じた。こうした内外需要の回復を背景に、生産は持ち直している。今後も、公共投資、個人消費が増加し、輸出の持ち直しの動きが続くと予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。一方

2013~14年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融2013~14 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~13 年 度 2.8%(上 方 修 正 )、14 年 度 1.2%(変 更 なし)~調査第二部9 月 9 日に発表された 2013 年 4~6 月成長率は前期比年率 2.6%と 3 四半期連期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まえ、続でのプラス成長となった。企業設備投当総研では 8 月 15 日に公表した経済見通資の減少が続いたほか

2013年9月9日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013~14年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

情勢判断国内経済金融2013~14 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~13 年 度 2.8%(上 方 修 正 )、14 年 度 1.2%(変 更 なし)~調査第二部9 月 9 日に発表された 2013 年 4~6 月成長率は前期比年率 2.6%と 3 四半期連期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まえ、続でのプラス成長となった。企業設備投当総研では 8 月 15 日に公表した経済見通資の減少が続いたほか、民間在庫投資もしに関する見直し作業を行った。大き

2013年9月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の可否を検証する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税の可否を検証する1997年とは大きく異なる経済環境が消費税増税の下地に ◆8月12日に公表された2013年4-6月期GDP一次速報は前期比+2.6%と3四半期連続のプラス成長となった。国内経済が極めて堅調に推移していると判断できる結果であったと言えよう。◆消費税増税1年前の経済が強いことだけで消費税増税の環境が整ったと判断すると、1997年4月の消費税増税も正当化されることになる。しかし、1

内需主導で緩やかながらも回復基調をたどる国内景気~一方で新興国リスクへの懸念が高まる~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融内 需 主 導 で緩 やかながらも回 復 基 調 をたどる国 内 景 気~一 方 で新 興 国 リスクへの懸 念 が高 まる~南 武志要旨国内景気は主として底堅さを増しつつある内需に牽引されて、緩やかながらも着実な回復基調をたどっている。輸出についても増加しているものの勢いは鈍く、新興国経済の先行き懸念が高まるなど、増勢が強まる様子は窺えない。なお、先行きについては強力な金融緩和策や大型補正編成の効果、さらには 14 年 4

2013~14年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~成長率:13年度2.8%、14年度1.3%(ともに変更なし)~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融2013~14 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~成 長 率 :13 年 度 2.8%、14 年 度 1.3%(ともに変 更 なし)~調査第二部6 月 10 日に発表された 2013 年 1~3 月ば、消費や輸出等の牽引によって、実質期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まえ、成長率は前期比年率 3.5%と 2 四半期連当総研では 5 月 20 日に公表した経済見通続でのプラス成長と

2013~14年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

情勢判断国内経済金融2013~14 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~成 長 率 :13 年 度 2.8%、14 年 度 1.3%(ともに変 更 なし)~調査第二部6 月 10 日に発表された 2013 年 1~3 月ば、消費や輸出等の牽引によって、実質期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まえ、成長率は前期比年率 3.5%と 2 四半期連当総研では 5 月 20 日に公表した経済見通続でのプラス成長となるなど、堅調な成しに関する見直し作業を行った。長

2013~14年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~成長率:13年度2.4%、14年度1.3%(ともに変更なし)~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融2013~14 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~成 長 率 :13 年 度 2.4%、14 年 度 1.3%(ともに変 更 なし)~調査第二部3 月 8 日に発表された 2012 年 10~12向を強めるなど、金融資本市場ではデフ月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まレ脱却と成長促進を訴える自民党の経済え、当総研では 2 月 18 日に公表した経済政策への期待が高まった。12

2013~14年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融2013~14 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~成 長 率 :13 年 度 2.4%、14 年 度 1.3%(ともに変 更 なし)~調査第二部3 月 8 日に発表された 2012 年 10~12向を強めるなど、金融資本市場ではデフ月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まレ脱却と成長促進を訴える自民党の経済え、当総研では 2 月 18 日に公表した経済政策への期待が高まった。12

国内景気は緩やかな持ち直しを開始~アベノミクスによる円安・株高で景況感が回復へ~

国内景気は緩やかな持ち直しを開始~アベノミクスによる円安・株高で景況感が回復へ~

国内景気は底入れを模索する展開~政府・日本銀行はデフレ脱却に向けた連携を強化~

国内景気は底入れを模索する展開~政府・日本銀行はデフレ脱却に向けた連携を強化~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ