「国内生産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月3日浜銀総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

タイ自動車市場(2016年8月)

調 査 速 報浜銀総合研究所調査部産業調査室2016.9.26タイ自動車市場月次統計(2016年8月)国内販売は底堅く推移しているが、輸出減速が国内生産の足を引っ張る状況が続く○国内販売は年率 70 万台後半で踏みとどまっており、底堅さが感じられる・タイ工業連盟(Federation of Thai Industries)が発表した 2016 年8月の四輪車総生産台数は、前年同月比 2.0%減と2か月連続の前年割れとなり、季節調整済年率換算値(当社試算、以下 SAAR)も前月比 1.0%減の 1

2015年6月29日マツダフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年5月の生産・販売状況について(速報)

2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2015/06/29生産・販売マツダ、2015年5月の生産・販売状況について(速報)  マツダ株式会社の2015年5月の生産・販売状況の概況は以下のとおりです。I. 生産注)海外生産は、2007年1月実績よりマツダブランド車のラインオフベース(CKDを除く)。1.国内生産乗用車と商用車がともに減となり、前年同月実績を下回りました(−9.8%)。【主要車種実績】2.海外生産乗用車と商用車が

2015年5月28日マツダフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年4月の生産・販売状況について(速報)

2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2015/05/28生産・販売マツダ、2015年4月の生産・販売状況について(速報)  マツダ株式会社の2015年4月の生産・販売状況の概況は以下のとおりです。I. 生産注)海外生産は、2007年1月実績よりマツダブランド車のラインオフベース(CKDを除く)。1.国内生産乗用車と商用車がともに減となり、前年同月実績を下回りました(−11.4%)。【主要車種実績】2.海外生産乗用車が増とな

2015年3月15日日本電機工業会★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

2015年度 電気機器の生産見通し

2017年度 電気機器の見通し2017.03.16一般社団法人 日本電機工業会(JEMA)は、2017年3月16日、重電機器並びに白物家電機器の国内生産、及び白物家電機器の国内出荷の「2016年度 実績見込み」「2017年度 見通し」について、記者発表を行いましたので、お知らせ致します。2017.03.162017年度 電気機器の見通しニュースリリース590KB2017.03.162017年度 電気機器の見通しデータ1,400KB

2015年2月12日三菱東京UFJ銀行★★フィードバック数:0社会/政治

業界ごとのレポートです。

業界見通し 2015年度:全文(総論・各論)

IR.2014-1752015 年 2 月 6 日2015 年度業界見通し年度業界見通し<目次>1. 総論 …112. 情2. 鉄鋼 … 1513. 百プ … 1814. ス4. 石油 … 2115. コ ン ビ ニ エ ン ス ス ト ア … 595. 化学 … 2416. 陸運 … 61品 … 2917. 海運 … 63品 … 3218. 建設 … 66車 … 3419. 住宅 … 68械 … 3820. 不動産 … 7110. エ レ ク ト ロ ニ ク ス … 4421. ホテル … 7

2015年2月4日浜銀総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内新車販売統計(2015年1月)

調 査 速 報浜銀総合研究所調査部産業調査室2015.2.3国内新車販売統計(2015年1月)内需と輸出の減少、在庫増加と悪材料が揃い踏みで、減産の必要性が高まる○軽乗用車販売の反動減が大きく響き、新車販売は前月比で大幅に減少・2月2日発表の 2015 年1月の国内新車販売台数(登録車+軽自動車、貨物車含む)は前年同月比 19.1%減と大幅に減少した。季調済年率換算値(X-12-ARIMA にて当社試算、以下 SAAR)でみた1月の販売台数も前月比 17.6%減の 514 万台と急減した(図表1

2014年9月28日大阪商工会議所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大阪での調査です。

円安進行が製造業の企業経営に及ぼす影響に関する緊急調査

記者発表資料大阪経済記者クラブ会員各位平成26年9月26日「円安進行が製造業の企業経営に及ぼす影響に関する緊急調査」最終集計結果について【お問合先】大阪商工会議所 経済産業部(近藤・小林・西田)TEL:06-6944-63041調査概要○ 調査目的:昨今の円安進行が企業経営に及ぼす影響などを把握し、今後の事業展開の参考とするため。○ 調査期間 :平成26年9月16日(火)~9月24日(水)○ 調査対象:大阪商工会議所 会員企業(製造業)1542社○ 有効回答数 :242社(有効回答率15.7%)

2014年9月23日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第12回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は9月9日、2013/14年度(10月〜翌9月)第12回目となる主要穀物の生産状況調査報告を発表した。これによると、トウモロコシ生産量は7991万トン(前年度比2.0%減)、大豆は8612万トン(同5.7%増)と、前回調査結果から上方修正された。なお、第2期作トウモロコシの生産量は、最大の生産州であるマットグロッソ州での単収増が見込まれることなどを受け、前回報告より136万トン増加し、今年度初めて前年同期を上回る予測となった。 トウモロコシ:2013/14年

2014年8月20日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第11回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は8月7日、2013/14年度(10月〜翌9月)第11回目となる主要穀物の作付状況調査報告を発表した。これによると、トウモロコシ生産量は7855万トン(前年度比3.6%減)、大豆は8566万トン(同5.1%増)となった。なお、第2期作トウモロコシの生産量は、主要生産州のパラナ州で単収が上方修正されたことなどを受けて前回報告より増加し、前年同期並みの水準まで引き上げられた。 トウモロコシ:2013/14年度の生産量、前年度比3.6%減の7855万トン CONA

2014年7月30日マツダフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年6月および1-6月の生産・販売状況について(速報)

2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年2014/07/30生産・販売マツダ、2014年6月および1〜6月の生産・販売状況について(速報)  マツダ株式会社の2014年6月および1~6月の生産・販売状況の概況は以下のとおりです。I. 生産注)海外生産は、2007年1月実績よりマツダブランド車のラインオフベース(CKDを除く)。1.国内生産(1)2014年6月乗用車、商用車がともに増となり、前年同月実績を上回りました(+6.7%

2014年7月30日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第10回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は7月9日、2013/14年度(10月〜翌9月)第10回目となる主要穀物の作付状況調査報告を発表した。これによると、トウモロコシ生産量は7820万トン(前年度比4.1%減)、大豆は8627万トン(同5.9%増)となった。 トウモロコシ:2013/14年度の生産量、前年度比4.1%減の7820万トン CONABは、第1期作のトウモロコシの作付面積を668万ヘクタール(前年同期比1.5%減)と推計しており、この作付面積減少の要因を、生産コストが安く収益性の高い大

2014年7月27日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ビジネス

日本政策金融公庫の調査です。

中小製造業の取引先の海外生産とその影響に関する調査結果(全国中小企業動向調査(中小企業編)2014年1-3月期特別調査)

ニュースリリース2 0 1 4 年 7 月 2 5 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所中小製造業の主な取引先の海外生産は、円安の下でも増加中小製造業の半数は受注減少等のマイナスの影響を受けている中小製造業の取引先の海外生産とその影響に関する調査結果 (全国中小企業動向調査(中小企業編)2014年1-3月期特別調査)○中小製造業の主な取引先の海外生産の状況中小製造業の主な取引先の5割強は海外生産を実施しており、2012年11月以降の円安の状況下でも、海外生産量を増加させている。今後についても、海

2014年6月22日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第9回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は6月10日、2013/14年度(10月〜翌9月)第9回目となる主要穀物の作付状況調査報告を発表した。これによると、トウモロコシ生産量は7789万トン(前年度比4.4%減)、大豆は8605万トン(同5.6%増)となった。 トウモロコシ:2013/14年度の生産量、前年度比4.4%減の7789万トン 第1期作のトウモロコシの作付面積は、670万ヘクタール(前年同期比1.3%減)と推計されており、作付面積減少の要因としてCONABは、生産コストが安く収益性の高い

2014年3月27日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2013/14年度主要穀物の生産状況等調査結果(第6回)を公表(ブラジル)

ブラジル国家食糧供給公社(CONAB)は3月12日、2013/14年度(10月〜翌9月)第6回目となる主要穀物作付状況調査報告を発表した。これによると、トウモロコシ生産量は7518万トン(前年度比7.8%減)、大豆は8544万トン(同4.8%増)となった。大豆は前回報告(2月)より約457万トン下方修正された。 トウモロコシ:2013/14年度の生産量、前年度比7.8%減の7518万トンの見込み  第1期作トウモロコシの作付面積は、644万ヘクタール(前年度同期比5.1%減)と推計されており、そ

2013年10月24日JETROフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

【世界】工作機械:FTAが国内生産を後押し

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【世界】工作機械:F

2013年8月28日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

若年世代の雇用問題 ~雇用を考える2:人口動態を背景に若年雇用環境の改善を促せ!~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:若年世代の雇用問題発表日:2013年8月26日(月)~雇用を考える②:人口動態を背景に若年雇用環境の改善を促せ!~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)(要旨)1990 年代後半以降、若年世代(15~24 歳)の雇用環境は決してよい状況とはいえなかった。学卒後の就職が難しくなり、就職できたとしても非正社員としての雇用が増え、生活が不安定化している。しかしながら、労働供給面では長期的な人口の

2013年8月9日農林水産省★フィードバック数:0ライフスタイル

食料自給の状況です。

平成24年度食料自給率等

平成24年度食料自給率等について平成24年度の食料自給率及びその前提となる食料需給表について、別添のとおり公表します。なお、本資料については、大臣官房食料安全保障課において配布するとともに、農林水産省のホームページにおいて掲載することとしております。 概要カロリーベースの食料自給率平成24年度においては、米の需要量が減少した一方、小麦及び大豆の国内生産量が増加したこと等により、前年度と同率の39%になりました。 生産額ベースの食料自給率平成24年度においては、米及び牛肉の国内生産額が増加し

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度総合調査研究「アジア大の産業構造を踏まえた日本経済の将来動向に関する調査研究」,報告書

経済産業省委託調査平成23年度総合調査研究「アジア大の産業構造を踏まえた日本経済の将来動向に関する調査研究」<報告書>平成24年3月三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング株式会社はじめに本調査研究では、日本とアジアの産業・国際分業構造の変化を念頭にアジア大(アジア規模)の産業構造を踏まえたマクロ計量モデルを構築し、アジアとの連関を踏まえた今後の日本経済の姿を描くとともに、企業の海外展開によって国際分業を最適化できた場合、国内産業の空洞化が生じた場合、医療・介護・保育等の内需を活性化できた場合の

ミャンマー農業の輸出力―国内生産基盤の改善と自給体制の確立が前提―

ミャンマー農業の輸出力―国内生産基盤の改善と自給体制の確立が前提―

2013年5月22日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

2005年日米国際産業連関表

国際産業連関表2005年日米国際産業連関表 (平成25年5月20日公表)経済産業省調査統計G はじめに 経済産業省(調査統計グループ)では、日本と米国の経済の相互依存関係を把握するために両国の産業連関表を共通分類で連結した「日米国際産業連関表」を1985年以来、日本の産業連関表(10府省庁共同作業)の公表にあわせて5年ごとに作成・公表してきた。この度、米国の基本表である2002年米国表を2005年米国表に加工し、2005年の日本の産業連関表と連結した「2005年日米国際産業連関表」を作成したので

2013年2月8日大阪商工会議所★フィードバック数:1ビジネス

大阪商工会議所による調査です。

超円高の是正への動きが企業経営に及ぼす影響に関する調査

記者発表資料大阪経済記者クラブ会員各位平成25年2月6日「超円高の是正への動きが企業経営に及ぼす影響に関する調査」結果について【お問合先】大阪商工会議所 経済産業部(近藤・上野)TEL:06-6944-6304携 帯:090-6060-97581調査概要○ 調査目的:一時期に比べ、超円高が是正される方向にあるが、昨今の為替レートが企業経営に及ぼす影響などを把握するため。○ 調査期間 :平成25年1月28日~2月5日○ 調査対象 :大阪商工会議所の会員製造業 1476社○ 有効回答数:164社(有

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ