「国内経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月8日日本政策投資銀行★フィードバック数:0エンタテインメント

スポーツ産業についてのレポートです。

2020年を契機とした国内スポーツ産業の発展可能性および企業によるスポーツ支援~スポーツを通じた国内経済・地域活性化~

2020年を契機とした国内スポーツ産業の発展可能性および企業によるスポーツ支援~スポーツを通じた国内経済・地域活性化~

2015年1月25日七十七銀行★フィードバック数:0社会/政治

各社の予測のまとめです。

民間調査機関の2015年度国内経済見通し

民間調査機関の2015年度国内経済見通し

2015年度の埼玉県内及び国内経済の成長率予測

2015年度の埼玉県内及び国内経済の成長率予測

後退局面入りも囁かれ始めた低調な国内景気~消費税再増税の最終判断等への注目度が高まる~

情勢判断国内経済金融後 退 局 面 入 りも囁 かれ始 めた低 調 な国 内 景 気∼消 費 税 再 増 税 の最 終 判 断 等 への注 目 度 が高 まる∼南 武志要旨8 月の景気動向指数からは、国内景気がすでに後退局面入りしている可能性が示されるなど、消費税増税後の景気動向に対する懸念が高まっている。加えて、海外経済の先行き懸念も浮上し、輸出が伸び悩む状態が長期化するリスクもあり、政府・日本銀行の政策運営の前提となる経済・物価見通し、さらには企業の設備投資計画も修正を余儀なくされる可能性が

けいざい早わかり 2014年度第10号:円安の行方と国内経済への影響

Q1.円安・ドル高が進んでいますね? Q2.今後も円安は続きますか? Q3.円安になると輸出が増えますか? Q4.円安は国内景気にとって本当にプラスですか? Q5.対ユーロでも円安が進むでしょうか?

2014年度の埼玉県内及び国内経済の成長率予測の修正

2014年度の埼玉県内及び国内経済の成長率予測の修正

2014年5月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

政治混乱の続くタイの先行き

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 政治の混乱が続くタイで、5月20日に全土で戒厳令が発令され、22日には国軍によるクーデターが宣言された。国軍が行政権限を握ったことになる。このような状況が長引けば、観光業等に影響を及ぼし、政治の混乱で停滞する経済に更なる打撃を与えかねない。もっとも、経済の先行きを映す鏡である株式市場は大きく崩れてはいない。戒厳令が発令された20日の株価指数(SET指数)は、前日比▲1.1%の低下にとどまった。クーデタ

国内景気は消費税増税後の反動減で減速~影響は一時的なのか、それとも長引くのか~

情勢判断国内経済金融国 内 景 気 は消 費 税 増 税 後 の反 動 減 で減 速~影 響 は一 時 的 なのか、それとも長 引 くのか~南 武志要旨14 年 4 月に消費税が 17 年ぶりに増税された。それを控え、3 月まで民間需要は大いに盛り上がったが、4 月に入って反動減が出ている。政府・日本銀行ではそうした需要の落ち込みは想定の範囲内との認識を示しているが、春季賃上げ交渉が不十分な結果に終わったこと、経済対策に盛り込まれた公共事業の執行後ずれ、輸出の緩慢さなどもあり、需要が元の水準に回

2013~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~13年度2.2%、14年度0.9%、15年度1.4%(すべて据置き)~

情勢判断国内経済金融2013~15 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~13 年 度 2.2%、14 年 度 0.9%、15 年 度 1.4%(すべて据 置 き)~調査第二部3 月 10 日に発表された 2013 年 10~120.9%へ下方修正)へと急ブレーキがかか月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まった。さらに、2 月 17 日に発表された 10え、当総研では 2 月 20 日に公表した「2013~12 月期の GDP 第 1 次速報(1 次

2013~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

情勢判断国内経済金融2013~15 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~13 年 度 2.2%、14 年 度 0.9%、15 年 度 1.4%(すべて据 置 き)~調査第二部3 月 10 日に発表された 2013 年 10~120.9%へ下方修正)へと急ブレーキがかか月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まった。さらに、2 月 17 日に発表された 10え、当総研では 2 月 20 日に公表した「2013~12 月期の GDP 第 1 次速報(1 次

2014年の国内経済・金融展望

2014年の国内経済・金融展望

2013年9月9日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013~14年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

情勢判断国内経済金融2013~14 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~13 年 度 2.8%(上 方 修 正 )、14 年 度 1.2%(変 更 なし)~調査第二部9 月 9 日に発表された 2013 年 4~6 月成長率は前期比年率 2.6%と 3 四半期連期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まえ、続でのプラス成長となった。企業設備投当総研では 8 月 15 日に公表した経済見通資の減少が続いたほか、民間在庫投資もしに関する見直し作業を行った。大き

2013~14年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

情勢判断国内経済金融2013~14 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~成 長 率 :13 年 度 2.8%、14 年 度 1.3%(ともに変 更 なし)~調査第二部6 月 10 日に発表された 2013 年 1~3 月ば、消費や輸出等の牽引によって、実質期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まえ、成長率は前期比年率 3.5%と 2 四半期連当総研では 5 月 20 日に公表した経済見通続でのプラス成長となるなど、堅調な成しに関する見直し作業を行った。長

2013~14年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断国内経済金融2013~14 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~成 長 率 :13 年 度 2.4%、14 年 度 1.3%(ともに変 更 なし)~調査第二部3 月 8 日に発表された 2012 年 10~12向を強めるなど、金融資本市場ではデフ月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まレ脱却と成長促進を訴える自民党の経済え、当総研では 2 月 18 日に公表した経済政策への期待が高まった。12

2013年の国内経済・金融展望

2013年の国内経済・金融展望

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ