調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 国内販売台数

「国内販売台数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年4月9日GfKフィードバック数:0大型消費/投資

2016年のドライブレコーダーの販売動向

「2016年のドライブレコーダーの販売動向」 - 販売台数は3年間で3倍に  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネット通販等の販売実績に基づくドライブレコーダーの国内販売動向を発表した。 【概要】・2016年におけるドライブレコーダーの国内販売台数は79万台に拡大。・運転支援機能搭載モデルの数量構成比が2割へ。 【2016年の販売動向】2016年のドライブレコーダーの国内販売台数は前年比29%増の79 万台となった(図1)。大型バスの転落事故や高

2013年7月22日日本総研★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス海外

現代についての分析です。

【グローバル化の進展と日中韓自動車産業4】「円安・ウォン高」と現代自動車-世界市場の影響は軽微、韓国で崩れる「圧倒的優位」

Research Focushttp://www.jri.co.jp《グローバル化の進展と日中韓自動車産業④》2013 年7月 19 日No.2013-14「円安・ウォン高」と現代自動車― 世界市場の影響は軽微、韓国で崩れる「圧倒的優位」 ―調査部 上席主任研究員 向山英彦《要 点》 「円安・ウォン高」が急ピッチで進んだ時期、現代自動車の業績が悪化するという見方が広がった。その理由は、①現代自動車が世界市場でシェアを上げてきたのはウォン安によるところが大きい、②「円安・ウォン高」に伴い輸出が鈍

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ