調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 国土交通省

「国土交通省」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年7月6日東京カレンダーフィードバック数:0ビジネス

上位はあの街が独占!日本で地価公示価格が高いランキングトップ10

国土交通省が毎年実施している地価調査を元にした地価公示が一つの地価水準となっており、土地取引や資産評価をするに当たって目安として活用されています。となれば気になるのは、地価が高いところってどこなの!?ということで、平成28年度のデータを元に、23区の地価が高い地を調べてみました。......2016.08.04Vol.62016.06.07Vol.42016.05.14Vol.32016.05.06Vol.22016.05.03Vol.12016.06.222016.06.192016.06.0

2016年6月11日林野庁★フィードバック数:0社会/政治

平成26年度の公共建築物の木造率について

ホーム > 平成26年度の公共建築物の木造率について平成26年度の公共建築物の木造率について 平成26年度に着工された公共建築物の木造率(床面積ベース)は、前年度から1.5ポイント増加し10.4%となり、初めて10%を超える結果となりました。 概要平成26年度に着工された公共建築物の木造率(床面積ベース)は、前年度から1.5ポイント増加し10.4%となり、「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」(平成22年法律第36号)の施行から5年目にして、初めて10%を超える結果となりまし

国土交通省国土技術政策総合研究所 緑化生態研究室報告書 第29集

国土交通省国土技術政策総合研究所緑化生態研究室報告書 第29集 平成25 年度に緑化生態研究室が実施した、以下のテーマに基づく研究の成果報告である。・地球温暖化対策に関する研究・樹木の管理と更新に関する研究・生物多様性の確保に関する研究・良好な景観の形成に関する研究・公共空間の分析と計画に関する研究

2015年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2015年2月) ~10ヶ月ぶりの90万戸超えだが

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2015年2月)発表日2015年3月31日(火)~10ヶ月ぶりの90万戸超えだが~担当新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2014年 1月99.212.334.52月93.51.032.23月91.1▲ 2.929.94月90.9▲ 3.329.85月86.3▲ 15.027.56月88.8▲ 9.528.47月85.1▲ 14.126.58月85.5▲ 12.527.19月87.7▲ 14.327.41

2015年2月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2015年1月) ~底ばいの動きが続く~

Economic Indicators指標名:住宅着工戸数(2015年1月)定例経済指標レポート発表日2015年2月27日(金)第一生命経済研究所 経済調査部 副主任エコノミスト 高橋 大輝 TEL:03-5221-4524 (単位:万戸) 分譲 前年比 (季年率) 前年比 % % 21.5 26.3 8.6 24.7 21.3 ▲ 20.9 11.3 23.3 ▲ 8.5 12.0 22.6 ▲ 7.8 3.1 22.2 ▲ 27.1 1.8 24.4 ▲ 11.9 ▲ 7.7 24.1 ▲

2015年1月7日住友不動産販売フィードバック数:0大型消費/投資

【Vol.125】 地価動向(地価LOOKレポート)

地価動向(地価LOOKレポート)(Vol.125)- 不動産コラム 国土交通省が11月28日に発表した平成26年第3四半期(7/1~10/1)の地価動向報告(地価LOOKレポート)によると、全国150地区のうち、3ヵ月前と比べて上昇したのは124地区(前回120)、横ばいが26地区(同28)、下落が0地区(同2)となり、上昇地区が4地区増え、全体の8割を超えました。上昇地区の割合が高水準を維持しているのは、金融緩和を背景とした高い不動産投資意欲や、生活利便性の高い地区におけるマンション需要等によ

2014年12月28日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

次世代自動車ガイドブック2014

「次世代自動車ガイドブック2014」の公表について(お知らせ)環境省、経済産業省及び国土交通省では、今後のさらなる次世代自動車の普及のために、次世代自動車に関連したより多くの情報を広く周知し、共有することが重要と考えています。このため、これらの関連情報をとりまとめた「次世代自動車ガイドブック2014」を作成しましたので公表します。 1.策定経緯・位置づけ政府においては、「日本再興戦略(平成25年6月閣議決定)」等の決定文書において、次世代自動車の普及目標を掲げており、当該目標の実現に向けて、車両

燃料価格高騰分の転嫁に関する実態調査

燃料価格高騰分の転嫁に関する実態調査結果(概要) 燃料価格高騰分の転嫁状況について、現状の実態を適切に把握し、運賃等への転嫁に取り組むため、国土交通省からの依頼により、燃料価格高騰分の転嫁の定着を図る上で、荷主、協力会社(下請事業者)との取引の両面が重要な役割を果たす存在である元請事業者、物流子会社等を対象とした実態調査を、都道府県トラック協会の協力のもと全国で実施致しました。この調査結果をもとに、国土交通省では「適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)強化月間」を11月に設定し、荷主等とトラ

2014年12月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2014年10月) ~6ヶ月ぶりの90万戸超えだが、油断は禁物~

Economic Indicators指標名:住宅着工戸数(2014年10月)定例経済指標レポート発表日2014年11月28日(金)第一生命経済研究所 経済調査部 副主任エコノミスト 高橋 大輝 TEL:03-5221-4524 (単位:万戸) 分譲 前年比 (季年率) 前年比 % % 21.5 26.7 8.6 24.7 21.1 ▲ 20.9 11.3 23.0 ▲ 8.5 12.0 21.7 ▲ 7.8 3.1 21.7 ▲ 27.1 1.8 24.9 ▲ 11.9 ▲ 7.7 24.6

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2014年9月) ~前月比で2ヶ月連続の増加に~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2014年9月)発表日2014年10月31日(金)~前月比で2ヶ月連続の増加に~担当新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2013年 9月102.819.436.110月103.07.138.111月103.714.139.312月105.518.038.62014年 1月98.712.334.62月91.91.031.93月89.5▲ 2.929.24月90.6▲ 3.330.45月87.2▲ 15.02

2014年7月31日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

居住用・非居住用建築物の市場予測 2014

2014年07月30日 居住用・非居住用建築物の市場予測 2014 調査要綱株式会社矢野経済研究所では、次の研究要綱にて居住用建築物及び非居住用建築物の市場予測を分析し、公表する。1.研究期間:2014年5月~6月2.研究対象:居住用建築物及び非居住用建築物3.研究内容:居住用建築物及び非居住用建築物における市場規模予測4.研究方法:統計法に基づき、独立行政法人統計センターからの「建築着工統計調査」(国土交通省)に関するオーダーメード集計を基に矢野経済研究所推計<本研究における居住用建築物及び非

2014年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2014年4月) ~前月比は4ヶ月ぶりの増加だが~

Economic Indicators指標名:住宅着工戸数(2014年4月)定例経済指標レポート発表日2014年5月30日(金)第一生命経済研究所 経済調査部 副主任エコノミスト 高橋 大輝 TEL:03-5221-4524 (単位:万戸) 分譲 前年比 (季年率) 前年比 % % 1.6 24.6 5.0 ▲ 2.4 26.7 9.1 10.7 25.0 ▲ 0.3 7.8 23.5 ▲ 6.9 11.6 29.8 21.7 13.1 28.2 24.3 19.4 26.7 6.0 7.0 2

平成24年度下水道関係調査研究年次報告書集

平成24年度下水道関係調査研究年次報告書集  本報告書集は,平成24年度に国土交通省国土技術政策総合研究所において実施された下水道に関係する調査研究の成果を集約して資料としてとりまとめたものである.

2014年3月14日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

低公害車ガイドブック2013

「低公害車ガイドブック2013」の公表について(お知らせ) 環境省、経済産業省及び国土交通省では、今後のさらなる環境性能に優れた自動車の普及のために、低公害車に関連したより多くの情報を広く周知し、共有することが重要と考えています。このため、これらの関連情報をとりまとめた「低公害車ガイドブック2013」を作成しましたので公表します。1.策定経緯・位置づけ 政府においては、「日本再興戦略(平成25年6月閣議決定)」等の決定文書において、環境性能に優れた自動車の普及目標を掲げており、当該目標の実現に向

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2014年1月) ~駆け込み需要の反動減が顕在化~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2014年1月)発表日2014年2月28日(金)~駆け込み需要の反動減が顕在化~新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2013年 1月87.95.032.72月91.33.032.13月91.97.333.54月93.85.836.25月102.614.534.66月97.515.334.57月97.712.434.58月96.68.834.49月102.819.436.110月103.07.138.111

2014年2月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2013年12月) ~5年ぶりの高水準~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2013年12月)発表日2014年1月31日(金)~5年ぶりの高水準~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:万戸)新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2012年 7月86.9▲ 9.631.18月88.7▲ 5.530.99月86.415.531.710月96.325.232.411月90.910.332.112月89.010.032.3201

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2013年11月) ~駆け込み需要の反動減はまだみえない~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2013年11月)発表日2013年12月26日(木)~駆け込み需要の反動減はまだみえない~新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2012年 1月82.3▲ 1.130.22月91.67.531.13月84.45.030.04月88.710.330.55月89.59.330.96月84.4▲ 0.229.97月87.0▲ 9.631.08月88.2▲ 5.530.79月87.515.531.910月96.82

2013年11月27日日本不動産研究所フィードバック数:0大型消費/投資

地価LOOKレポートの注目ポイント

地価LOOKレポートの注目ポイント 本日、国土交通省が「主要都市の高度利用地地価動向報告 ~地価LOOKレポート~」の平成25年第3四半期(平成25年7月1日~平成25年10月1日)をとりまとめて公表しました。 その結果を受けまして、弊所では【マクロ経済の視点から見通す今後の地価動向】と【東京オリンピック効果】についてのコメントを以下のとおりに公表いたします。

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2013年9月) ~4ヶ月ぶりの100万戸越え。駆け込み需要が本格化~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2013年9月)発表日2013年10月31日(木)~4ヶ月ぶりの100万戸越え。駆け込み需要が本格化~新設住宅着工戸数持家(季年率) 前年比 (季年率)%2012年 1月82.3▲ 1.130.22月91.67.531.13月84.45.030.04月88.710.330.55月89.59.330.96月84.4▲ 0.229.97月87.0▲ 9.631.08月88.2▲ 5.530.79月87.515.531.9

2013年9月20日日本不動産研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年都道府県地価調査の注目ポイント

平成25年都道府県地価調査の注目ポイント本日、国土交通省は平成25年都道府県地価調査の結果をとりまとめて公表しました。地価動向の特徴的な動きにつきまして、弊所の専門家のコメントを公表いたします。

2013年8月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の動向(2013年7月) ~請負金額、出来高ともに前年比大幅増加が続く。出来高は7-9月期も好調が維持されよう~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:公共投資の動向(2013年7月)発表日2013年8月16日(金)~請負金額、出来高ともに前年比大幅増加が続く。出来高は7-9月期も好調が維持されよう~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524○公共工事請負金額は引き続き高水準で推移。日本全国に 15 ヶ月予算の効果が広がっている公共事業の発注段階の動向を示す統計である公共工事前払金保証統計(8月 15 日公表)によると、7月の公共

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

住宅着工戸数(2013年1月) ~80万戸台後半の底堅い推移

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2013年1月)発表日2013年2月28日(木)~80万戸台後半の底堅い推移~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2011年1-3月期83.13.230.84-6月期82.14.129.37-9月期88.57.932.510-12月期79.9-4.529.42012年1-3月期86.13.730.44-6月期87.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ