調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 国家統計局

「国家統計局」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

中国経済:2015年4月の住宅価格~住宅価格は底打ち、深セン市では最高値更新

中国経済:2015年4月の住宅価格~住宅価格は底打ち、深セン市では最高値更新 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2015年4月の住宅価格~住宅価格は底打ち、深セン市では最高値更新 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 5月18日、中国国家統計局は2015年4月の住宅販売価格変動状況を発表、中国国家統計局の解説では「初歩的測定で

2015年4月3日科学技術振興機構フィードバック数:0社会/政治海外

中国2014年国民経済および社会発展に関する統計公報

中国2014年国民経済および社会発展に関する統計公報2015年 3月31日 金 振(中国総合研究交流センター) 2015年2月26日、中国国家統計局は、「2014年国民経済および社会発展に関する統計公報」を発表した(以下、公報)。ここでは、産業、エネルギー、の2つの分野の統計数値について紹介する。第三次産業経済規模が史上最大に 公報によれば、2014年中国第三次産業(エネルギー生産、転換部門は含まない)の経済規模は、2013年比8.1%増の306739億元、GDPにおける割合は48.2%に達し、

2014年11月28日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国利下げの景気浮揚効果とねらい

No.2014-0282014年11月28日http://www.jri.co.jp中国利下げの景気浮揚効果とねらい(1)11月22日、中国人民銀行は2年4カ月ぶりに利下げを実施(図表1)。もっとも、当局は金融緩和に舵を切ったとの見方を否定、2015年の成長率目標を7%に引き下げる方向。(2)当局に断続的かつ大幅な利下げを行う考えがないなか、大きな景気浮揚効果は期待薄。投資プロジェクトに対する行政の関与が大きく、かつ、間接金融を主とする中国では、産業政策や窓口指導が投資の動向を大きく左右。201

2014年10月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:目線をさらに下に

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:目線をさらに下に2014年の見通しを7.5%⇒7.3%、2015年は7.2%⇒7.0%に引き下げ ◆国家統計局によると、2014年7月~9月の中国の実質GDP成長率は前年同期比7.3%と、1月~3月の同7.4%、4月~6月の同7.5%を下回った。盛来運・国家統計局スポークスマンは、「7月~9月の実質GDP成長率は確かに減速したが、1月~9月の都市新規雇用増加数は1,000万人を超え、年間目標(1

2014年9月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年9月号:見込まれる地方債務抑制の強化

中 国 経 済 展 望2014年9月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2014年8月26日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)見込まれる地方債務抑制の強化2014年入り後、経済発展パターンが投資主導から消費主導へ調整されるなか、経済成長ペースが鈍化。なかでも

2014年8月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年8月号:顕在化する政策効果

中 国 経 済 展 望2014年8月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2014年7月28日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)顕在化する政策効果2014年入り後、経済発展パターンが投資主導から消費主導へ調整される一方、経済成長スピードが抑制。なかでも、河北省

2014年7月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済フラッシュ:中国:2014年4-6月期GDP~実質成長率は前年比+7.5%へ小幅加速

海外経済フラッシュNo.2014-32014 年 7 月 16 日中国:2014 年 4-6 月期 GDP~実質成長率は前年比+7.5%へ小幅加速経済調査室<ポイント> 4-6 月期の実質 GDP 成長率は前年比+7.5%となり、1-3 月期の同+7.4%から小幅加速。 成長率が、2012 年 7-9 月期以来の低位となった 1-3 月期から一段の低下を回避し、小幅ながら持ち直した背景には、輸出の回復に加え、4 月以降の景気下支え策(財政支出の加速や各種金融政策手段の緩和方向への調整)が指摘

2014年3月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年3月号 デフォルトリスクに直面する理財商品

中 国 経 済 展 望2014年3月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2014年2月26日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)デフォルトリスクに直面する理財商品中国景気は弱含み。これまで、外需が一進一退で推移するなか、内需が堅調に拡大してきたものの、当局の抑

2014年2月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2014年2月号 過剰投資・過剰債務の抑制スタンスが鮮明化

中 国 経 済 展 望2014年2月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2014年1月28日時点で利用可能な情報をもとに作成 ◆本資料に関するご照会先 調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)過剰投資・過剰債務の抑制スタンスが鮮明化実質成長率はおおむね横ばいで推移。2013年通年で は昨年と同じ7.7%。ただし、201

2014年1月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済フラッシュ:中国:2013年10-12月期GDPは前年比+7.7%へ小幅減速

海外経済フラッシュNo.2014-12014 年 1 月 20 日中国:2013 年 10-12 月期 GDP は前年比+7.7%へ小幅減速経済調査室<ポイント>— 2013 年 10-12 月期の実質 GDP 成長率は前年比+7.7%となり、7-9 月期の同+7.8%から小幅減速。10-12 月期の月次指標は、輸出・消費の加速と、固定資産投資の減速を示す結果。— 10-12 月期の成長率は小幅減速に止まったが、直近 12 月の月次指標は工業生産をはじめ低調。— 2013 年を通してみると、依然

2013年7月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年7月号

中 国 経 済 展 望2013年7月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2013年6月27日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)2つの景気シナリオ 今後、政府が投資抑制策を続けるか否かにより、景気のパスに違い。 1つは、現状維持のケース。この場合、景気回復は腰

2013年4月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年4月号

中 国 経 済 展 望2013年4月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2013年3月27日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)政府による投資抑制策で回復ペースは緩やかに足許で景気は持ち直し。その背景として以下3点が指摘可能。第1は、景気対策。2012年入り後

2013年3月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済展望2013年3月号

中 国 経 済 展 望2013年3月調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/china/◆本資料は2013年2月25日時点で利用可能な情報をもとに作成◆本資料に関するご照会先調査部 関辰一 (Tel:03-6833-6157 Mail:seki.shinichi@jri.co.jp)政府による投資抑制策で回復ペースは緩やかに足許で景気の持ち直しが明確化。主因は景気対策。2012年入り後の景気減速が想定よりも急ピッ

2013年2月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ中国経済情報]2013年1・2月合併号

みずほ中国経済情報2013年1・2月合併号[中国経済の概況][トピック]◆ 2012年10~12月期の実質GDP成長率は前年同期比で+7.9%に。7~9月期を底に、経済は持ち直しをみせた。◆ 2012年通年では、成長率は前年比+7.8%。13年ぶりの+8%割れとなった。低成長だと懸念する声もあるが、中国国家統計局長は、生産年齢人口が減少に転じた今、+7~8%の成長が中国経済にとって「ニューノーマル」だという趣旨の発言を展開。◆ 政府が成長率に対する期待値を押し下げようとしている背景には、高成長期

2013年1月20日大和総研フィードバック数:1社会/政治

中国経済:2012年は13年ぶりの8%割れ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国経済:2012年は13年ぶりの8%割れ2012年のジニ係数は0.474と警戒ラインを上回る ◆国家統計局によると、2012年の中国の実質GDP成長率は7.8%だった。成長率の8%割れは1999年の7.6%以来13年ぶりである。四半期ベースの実質GDP成長率は、7月~9月まで7四半期連続の成長率鈍化となったが、10月~12月にようやく上向いた。景気は2012年7月~9月に底を打ち、今後は緩やかに回復

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ