「国有企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月2日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中国:工業企業収益の動向

今週の指標 No.1117 中国: 工業企業収益の動向 ポイント2015年3月2日中国の工業企業(一定規模以上(注1))収益の伸びは、14年において前年比3.3%増となり、2000年以降では最も低い伸び率となった(図1)。本稿ではその低い伸びとなった要因について分析する。まず、企業収益を業種別にみると、過剰投資による生産過剰問題が懸念されてきた資源、素材系の業種が低迷している。石炭採掘、石油・天然ガス開発業といった資源系業種の企業収益の伸びのマイナス幅が拡大しているほか、鉄金属加工、非金属鉱物

2015年2月23日日本総研★フィードバック数:0キャリアとスキル海外

中国の雇用についてのレポートです。

中国における新規雇用は誰がどこで生み出しているか-経済政策を左右する新たな指標の読み方

中国における新規雇用は誰がどこで生み出しているか―経済政策を左右する新たな指標の読み方―調査部主任研究員 三浦 有史    要 旨1.中国共産党と政府は、新規雇用の増加がみられる限り、成長率の鈍化を容認する 姿勢をみせている。雇用を支えるのは第三次産業である。第三次産業は、就業人 口に占める割合で1994年に、GDPでは2013年に第二次産業を上回り、中国経済を 支える屋台骨となっている。中国の第三次産業は成長余地が非常に大きく、民間 投資を呼び込むことにより安定的な経済発展を支える基盤になると

2014年6月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:習近平・李克強政権下で経済政策は変わるのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:習近平・李克強政権下で経済政策は変わるのか?『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載 習近平・李克強政権が前政権から引き継いだのは、①投資に過度に依存した経済発展パターンの限界、②膨張する地方政府債務とシャドーバンキング、③深刻化する環境汚染、④「国進民退」(国有企業が優遇され、民間企業が蚊帳の外に置かれる)に象徴される経済改革の停滞――といった負の遺産である。残念ながら、20

2014年5月23日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成25年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業東アジア地域の国有企業に関る調査・分析 最終報告書

平成25年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業東アジア地域の国有企業に関る調査・分析 最終報告書

2014年5月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

低下するベトナムの成長力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年5月8日アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 服部 亮三先日発表された中国の2014年1~3月期の実質GDP成長率は、前年同期比7.4%の低い伸びにとどまった。もっとも低い伸びといっても、日本の成長率に比べればはるかに高い。一国の景況を見る場合、何をもって好不況を議論すべきであろうか。こういう場合、潜在GDPが基準となる。潜在GDP(potential output)とは中期的に持続

2013年11月8日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国「三中全会」で何が決まるのか-習近平政権による包括的な改革方針と環境整備

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013年11月7日No.2013-030中国「三中全会」で何が決まるのか― 習近平政権による包括的な改革方針と環境整備 ―調査部 主任研究員 佐野淳也《要 点》◆本稿では、11月9日∼12日に開催される「三中全会」(中国共産党第18期中央委員会第3回全体会議)が、今後の中国経済の安定成長や健全な発展を考えるうえで注目すべき会議であることを確認する。そして、習近平政権発足以降、許認可権限の見直しや監督・管理機能の強化を通じ構造改

2013年10月24日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済レビュー:世界第3位に浮上した中国の対外投資

平成 25 年(2013 年)10 月 22 日NO.2013-16世界第 3 位に浮上した中国の対外投資【要旨】— 中国が国家的な海外進出戦略の下で対外直接投資を本格化させたのは 2000年代後半以降のことであるが、2012 年には早くも世界第 3 位の投資国に浮上した。リーマンショック後のグローバル経済・金融危機以前から、大規模な援助を含む活発な資源外交と国有大企業の豊富な資金力を強みとする資源確保のための投資は多かった。加えて、危機後は、中国企業が危機に伴い業績を悪化させた欧米企業の買収を

2013年3月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国新指導層は「国進民退」を改革できるか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国新指導層は「国進民退」を改革できるか ◆中国では、「国進民退」が指摘される中、2012年来、民間資本に公平かつ透明性のある市場環境を提供すること、特に、鉄道、エネルギー、金融等を民間資本参入の重点分野とすることが改めて指示されるなどの動きが見られている。その背後には、マクロ的循環要因による経済成長率の鈍化に加え、中長期的に中国経済が成長パターンの転換点にさしかかっているとの問題意識がある。◆統計上

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ