調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 国立社会保障

「国立社会保障」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月2日NTTデータ経営研究所フィードバック数:0社会/政治

急低下する生産年齢人口比率をどうみるか~~3~4年後には戦後すぐと同じ水準に

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

夫婦関係や育児についての調査です。

第5回全国家庭動向調査

『第5回全国家庭動向調査』 2013年7月に実施された第5回全国家庭動向調査の結果の概要を報告します。調査にご協力いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。 全国家庭動向調査は、家庭機能の変化の動向や要因を正確に把握するため、家庭の出産、子育ての現状、家族関係の実態を明らかにすることを目的としています。 国立社会保障・人口問題研究所では、過去4回にわたって全国家庭動向調査を実施し、その結果を公表してきました。前回の調査結果につきましては、『第4回全国家庭動向調査』をご覧下さい。この調査の

2014年6月17日群馬経済研究所フィードバック数:0社会/政治

ぐんまのデータ/『小型化』が進む世帯

『小型化』が進む世帯ぐんまのデータ〜 「夫婦と子供のいる世帯」 が減少し、 「単独世帯」 「夫婦のみの世帯」 が増加する〜○群馬県の人口は、国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、2020年には192万人に なり、10年に比べ5万2000人減少する。世帯数は20年に76万世帯となり、10年の75万 4000世帯と比較してわずかに増加するが、世帯の規模を示す1世帯当たりの人員は10年の 2.61人から減少し20年には2.47人となる(図表1) 。 ○1世帯当たり人員の予測値(2020年)を都道

2035年までの推計です。

『日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)』(2014年4月推計)

『日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)』(2014年4月推計) 国立社会保障・人口問題研究所は『日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)』(2014年4月推計)をまとめました。 国立社会保障・人口問題研究所では,過去6回にわたって都道府県別世帯数の将来推計を公表してきました。今回は2009(平成21)年12月に実施した推計に続く7回目の公表であり,前回に引き続いて家族類型別に推計を実施しました。この推計による都道府県の合計世帯数は,2013(平成25)年1月に公表した『日本の世帯数の将来推計

2013年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

よく分かる!経済のツボ 超高齢社会への対策は急務

よく分かる!経済のツボ超高齢社会への対策は急務経済調査部日本は超高齢社会資料1藤下 直人高齢化率の国際比較日本は高齢社会と呼ばれて久しいですが、近年は超高齢社会というのが正当です。国連の報告書において「高齢化社会」は総人口に占める65 歳以上の人口割合(高齢化率)が7%超、「高齢社会」は 14%超と定義され、最近では 21%超を「超高齢社会」と呼んでいます。日本は、1970年に高齢化社会、1994 年に高齢社会、そして 2007年に超高齢社会となりました。先般3月 27 日に国立社会保障・人口問

第14回出生動向基本調査

第14回出生動向基本調査結婚と出産に関する全国調査 独身者調査の結果概要 国立社会保障・人口問題研究所<第14回出生動向基本調査に関する資料>(項目名をクリックするとその項目の内容が表示されます)※PDF形式のファイルを見るためにはアクロバットリーダー(AcrobatReader)というソフト(無償配布)が必要です。 本報告(第14回出生動向基本調査)の内容に関するお問い合わせは下記まで国立社会保障・人口問題研究所担当:人口動向研究部電話 03-3595-2984※お問い合わせの際は「調査名

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ