調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 国際収支統計

「国際収支統計」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月1日内閣府★フィードバック数:0大型消費/投資

観光についての国際収支です。

観光関連サービス収支の動向

今週の指標 No.1108 観光関連サービス収支の動向 ポイント2014年12月1日国際収支統計のサービス収支において「旅行」と「輸送(旅客)」を合計した「観光関連サービス」の収支をみると、2005年以降、赤字幅が縮小している。これは、主に「旅行」の収支の赤字幅が縮小していることによる(図1)。「旅行」の収支を受取と支払に分けてみると、受取は2006年以降ほぼ横ばいで推移してきたが、2013年以降は増加している(図2)。一方、支払は2005年をピークに減少傾向にある。受取と支払に影響を与えた要因

米国際収支統計からみた対外金融資産投資

I.今月のトピックス~米国際収支統計からみた対外金融資産投資II.国際金融市場、国際マネーフローの動向1.主要先進国の金利と為替相場○政策金利○長期金利○金利差と為替相場○実質実効為替相場○株価、実質GDP 成長率、インフレ率2.世界の流動性○世界の外貨準備○世界の通貨当局の米国債・政府機関債投資残高○主要先進国合計のマネーサプライ3.中国とロシアの貿易収支○中国の貿易収支○ロシアの貿易収支4.オフバランス取引での円ポジション○シカゴ通貨先物市場での投機筋による円のネットポジション5.日本をとり

2014年5月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

外国旅行と国際収支

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 前々回、前回に続いて国際収支についての話題を追ってみよう。ゴールデンウィークで外国に旅行に出かけた方も多いだろう。今年は景気が上向いたせいか、ヨーロッパなど遠方に旅行する方が増えたと聞く。ところで、外国に旅行する、あるいは外国から旅行者が来ると、国際収支にはどのように反映されるのだろうか?外国に旅行する費用というと、航空機を使う場合がほとんどだと思うが、航空運賃があり、旅行先での宿泊費、食費や交通費が

2014年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支統計の改訂がGDPを大きく撹乱 ~1-3月期のGDP輸出入は実態から乖離の公算大。実質GDPも過大推計になる可能性あり~

国際収支統計の改訂がGDPを大きく撹乱 ~1-3月期のGDP輸出入は実態から乖離の公算大。実質GDPも過大推計になる可能性あり~

2014年4月17日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第739号

I 国際収支統計 II 地域別国際収支統計 III 対外の貸借 IV そ の 他 V 主要国の国際収支統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字 本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入による。 本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2014年2月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国際収支統計の見直しで貿易赤字が1兆円以上縮小? ~2014年1月分より国際収支統計は新基準に~

国際収支統計の見直しで貿易赤字が1兆円以上縮小? ~2014年1月分より国際収支統計は新基準に~

2014年1月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界との繋がりを示す国際収支統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 世界との繋がりを示す国際収支統計アメリカ経済を知る! 第9回 2014年1月16日ニューヨークリサーチセンター エコノミスト 笠原 滝平上野 まな美国際収支統計とは、一定期間における国の国際取引を記録した統計です。言わば複式簿記のようなものであり、国際収支統計によって、個人や企業、政府機関を含めた、一国と他国との投資や財・サービスの取引が分かります。国際収支統計は、国際通貨基金(IMF:Interna

2013年5月28日内閣府フィードバック数:2社会/政治

投資信託を経由した市場への資金フローについて

今週の指標 No.1068 投資信託を経由した市場への資金フローについてポイント2013年5月27日2012年秋からの株価上昇・円安進行を背景に、公募投資信託の残高が大幅に増加し(2013年4月末時点で77.7兆円)、リーマンショック前の水準を回復した。本稿では、最近の投資信託市場の動向と、投資信託を経由した市場への資金フローを概観する。公募投資信託の残高は、2012年11月から2013年4月の間に18.1兆円増加しているが、株価上昇や円安による運用資産の評価益が13.5兆円と大部分を占めている

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ