「国際産業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月20日国立環境研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

言葉の認識の違いを見ています。

拡大生産者責任の概念についての国際認識調査

研究概要拡大生産者責任(以下、EPRという。)は、過去20年ほどの廃棄物・リサイクル政策において世界的に重要な概念として用いられてきた。しかしながら、EPRは異なるステークホルダーに様々な形で理解され、政策の議論において最も議論が難航する事項であった。本研究では、様々なステークホルダーがEPRの概念をどのように異なって認識しているかを明らかにすることを目的とし、国際アンケート調査を2013年に実施し、全世界426名の有識者からの回答を得たものである。調査項目は、EPRの目的、EPRの適用と論拠、

2014年12月29日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

付加価値貿易

国際貿易と貿易政策研究メモ第26回「付加価値貿易」田中 鮎夢 リサーチアソシエイト / 摂南大学経済学部講師1. はじめに前回、サービス部門の国際化について概説した。近年、経済協力開発機構(OECD)や世界貿易機関(WTO)を中心に国際的に幅広く関心を集めている「付加価値貿易」(付加価値輸出)に関する研究によれば、サービス部門が国際貿易において果たしている役割は、これまで考えられていた以上に大きい。この他にも付加価値貿易に関する研究によって明らかになったことは多い。そこで、今回は、付加価値貿易に

2013年5月22日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

2005年日米国際産業連関表

国際産業連関表2005年日米国際産業連関表 (平成25年5月20日公表)経済産業省調査統計G はじめに 経済産業省(調査統計グループ)では、日本と米国の経済の相互依存関係を把握するために両国の産業連関表を共通分類で連結した「日米国際産業連関表」を1985年以来、日本の産業連関表(10府省庁共同作業)の公表にあわせて5年ごとに作成・公表してきた。この度、米国の基本表である2002年米国表を2005年米国表に加工し、2005年の日本の産業連関表と連結した「2005年日米国際産業連関表」を作成したので

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ