調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 国際金融市場

「国際金融市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月18日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【特集 金融と税財政の将来を考える】国際金融市場における国家債務再編をめぐる課題

【特集 金融と税財政の将来を考える】国際金融市場における国家債務再編をめぐる課題

2015年1月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

原油安による国際金融市場のリスクとは ~デフォルト発生のみならず、資金巻き戻しによる副作用にも留意~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポート原油安による国際金融市場のリスクとは~デフォルト発生のみならず、資金巻き戻しによる副作用にも留意~発表日:2015年1月19日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 国際金融市場では依然『カネ余り』の状況が続くなか、原油の需給に対する緩みが意識されたことで市況に調整圧力が掛かっている。一部産油国でのデフォルトが意識されており、それに伴う信用収縮は他の資源国や新興国に連鎖することも

2015年1月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪ドル、米ドルに対して「こう着状態」の様相 ~原油安等で利下げ期待が出る一方、過去の豪ドル安で実体経済に底入れ感~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪ドル、米ドルに対して「こう着状態」の様相~原油安等で利下げ期待が出る一方、過去の豪ドル安で実体経済に底入れ感~発表日:2015年1月15日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 世界的な資源価格の低下を背景に資源国経済の悪化が懸念されるなか、豪州を取り巻く環境は大きく変化している。国際金融市場の動揺や中国経済の減速も重なり、これまで流入した海外資金に巻き戻しの動きが出ている。さら

2014年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル ルセフ大統領再選も難しい船出に ~金融市場の評価は厳しいものになることは避けられない~

1/3World Trendsブラジル ルセフ大統領再選も難しい船出に~金融市場の評価は厳しいものになることは避けられない~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2014年10月27日(月) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) ブラジル大統領選は今月5日の1回目の投票を経て、26日に決戦投票が行われ、現職のルセフ大統領が勝 利した。選挙戦では財界を中心にネベス候補を推す声が強まったが、前ルラ政権下からの低所得者給付政 策などを背景に低

2014年7月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

韓国 景気浮揚の芽が出ない内外環境 ~内需低迷が続くなか、ウォン高は外需に打撃~

1/4Asia Trendsマクロ経済分析レポート韓国 景気浮揚の芽が出ない内外環境~内需低迷が続くなか、ウォン高は外需に打撃~発表日:2014年7月3日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 韓国経済が厳しい状況に直面している。景気は政府の対策に左右される状況が続くなか、旅客船沈没事故後の「自粛」が内需の足かせとなっている。家計部門では不動産市況の低迷に加え、過剰債務も重石となり、雇用改善が中高年に集中することも消費を下押しして

2014年3月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪景気に底打ちの兆候も、準備銀は緩やかな豪ドル安を志向 ~家計の堅調と外需の底入れ期待はあるが、企業部門の足かせは残る見通し~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪景気に底打ちの兆候も、準備銀は緩やかな豪ドル安を志向~家計の堅調と外需の底入れ期待はあるが、企業部門の足かせは残る見通し~発表日:2014年3月5日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済の不透明感が景気の重石になってきた豪州だが、底を脱する兆候が出てきた。10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+3.23%に加速し、鉱業部門などの設備投資鈍化が景気の足かせになったが

2013年12月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州景気は予想以上に力強さを欠く展開 ~公的部門や家計の内需に底堅さも、外需や設備投資の動向が重石に~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪州景気は予想以上に力強さを欠く展開~公的部門や家計の内需に底堅さも、外需や設備投資の動向が重石に~発表日:2013年12月4日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 1年以上に亘り潜在成長率を下回る景気が続く豪州だが、7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.26%に減速し、底を抜け出していないことが確認された。7月から始まった今年度予算の歳出拡大により公的部門の消費や投資が

2013年12月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド景気の「底」確認も、けん引役に変化 ~ルピー安で外需は改善したが、外部環境に依存した回復には不透明さも~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートインド景気の「底」確認も、けん引役に変化~ルピー安で外需は改善したが、外部環境に依存した回復には不透明さも~発表日:2013年12月2日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 長期のインフレや金融市場の混乱による景気への悪影響が懸念されたインドだが、7-9月期の実質GDP成長率は前年比+4.8%と前期(同+4.4%)から加速した。前期比年率でも加速するなど景気の「底」が確認され、幅

2013年11月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア、投資・外需鈍化が景気の足かせ(Asia Weekly (11/4~11/8)) ~中国の輸入を巡り、内需の底堅さもうかがえる様相に~

1/5ASIA Indicators~中国の輸入を巡り、内需の底堅さもうかがえる様相に~定例経済指標レポートインドネシア、投資・外需鈍化が景気の足かせ(Asia Weekly (11/4~11/8))発表日 : 2013 年 11 月 8 日(金) 第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) ○経済指標の振り返り 発表日 指標、イベントなど 結果 +0.8% +0.64% +2.9% 2.50% 6.2% +5.62% 5.7% ▲1.5% ▲2.8%

2013年10月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル中銀、「時間的猶予」にも余裕なし ~米国のQE継続で時間に余裕が出来るも、当面は物価抑制が最重要課題~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル中銀、「時間的猶予」にも余裕なし~米国のQE継続で時間に余裕が出来るも、当面は物価抑制が最重要課題~発表日:2013年10月11日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 米国によるQE3継続決定で国際金融市場の動揺は一服しており、ファンダメンタルズの脆弱さを理由に動揺の余波を受けたブラジルにも「時間的猶予」が与えられている。市場の混乱直後は海外資金の流出圧力が強まり「トリ

2013年9月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

メキシコ、足下の景気は予想外の下振れ ~4年ぶりのマイナス成長も、先行きは緩やかな回復が見込まれる~

1/2World Trendsメキシコ、足下の景気は予想外の下振れ~4年ぶりのマイナス成長も、先行きは緩やかな回復が見込まれる~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2013年9月25日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 徹(03-5221-4522)担当 主任エコノミスト 西濵 米国景気の回復を隣国として最も享受可能と期待されたメキシコだが、国際金融市場の混乱の影響は避け られなかった。4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲2.91%と4年ぶりにマイナスとなり、外需 の底堅さにも拘

2013年8月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ経済の先行きに「黄信号」か!? ~V字回復の反動が色濃いなか、ファンダメンタルズの悪化に新たな懸念~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートタイ経済の先行きに「黄信号」か!?~V字回復の反動が色濃いなか、ファンダメンタルズの悪化に新たな懸念~発表日:2013年8月21日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 一昨年の大洪水で壊滅的な打撃を受けたタイ経済だが、政府主導の復興計画や景気刺激策などにより昨年は文字通りのV字回復を遂げた。しかし、年明け以降はその反動が出ており、4-6月期も2四半期連続のマイナス成長となった。足

2013年8月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア中銀は利上げ見送りも、未だ安息は出来ず ~先行きも国際金融市場の動向に左右される展開が予想される~

インドネシア中銀は利上げ見送りも、未だ安息は出来ず ~先行きも国際金融市場の動向に左右される展開が予想される~

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア経済マンスリー(2013年6月) ~国際金融市場の混乱とアジアの実体経済と金融市場~

アジア経済マンスリー(2013年6月) ~国際金融市場の混乱とアジアの実体経済と金融市場~

2013年6月25日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

中国景気は内外需の低迷で一段と不透明に(Asia Weekly (6/17~6/21)) ~金融市場の混乱が続く中、貿易赤字拡大もインドルピーの悪材料に~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポート中国景気は内外需の低迷で一段と不透明に(Asia Weekly (6/17~6/21))~金融市場の混乱が続く中、貿易赤字拡大もインドルピーの悪材料に~発表日:2013 年 6 月 21 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回6/17(月) (シンガポール)5 月非石油輸出(前年比)▲4.6%▲0.2%▲1.0%(インド)5

2013年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の構造転換は半歩ずつ前進 ~政府は資金流入による不動産市況の高騰リスクを警戒~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国の構造転換は半歩ずつ前進~政府は資金流入による不動産市況の高騰リスクを警戒~発表日:2013年5月14日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国政府による経済成長モデルの転換は、足下の景気足踏みの一因になっている。個人消費は購買力向上や補助金政策の効果などで底堅く推移する一方、設備過剰などを反映して固定資産投資の伸びは鈍化している。他方、資金流入により不動産投資は底離れしつ

2013年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ中銀、資金流入抑制と景気下支えへ利下げ実施 ~経常赤字やインフレへの懸念より、資金流入による悪影響を重視~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ中銀、資金流入抑制と景気下支えへ利下げ実施~経常赤字やインフレへの懸念より、資金流入による悪影響を重視~発表日:2013年4月19日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 16日、トルコ中銀は政策金利を4ヶ月ぶりに引き下げるとともに、短期金利のコリドーを4回連続で引き下げる金融緩和を実施した。中銀は資金流入がインフレ圧力に繋がることへの警戒に加えて、国内景気を下支えするべく利

2013年4月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀は利下げに含みを残すも、その時期は後ろ倒し ~景気の不透明要因は多いが、豪ドル相場は強含みしやすい展開~

1/3Asia Trends豪準備銀は利下げに含みを残すも、その時期は後ろ倒し~景気の不透明要因は多いが、豪ドル相場は強含みしやすい展開~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2013年4月2日(火) 第一生命経済研究所 経済調査部 徹(03-5221-4522)担当 主任エコノミスト 西濵 2日、豪州準備銀は定例の金融政策委員会において3回連続で政策金利を3.00%に据え置いた。世界経済 に回復の兆候が出ている上、同国経済にも過去の利下げ効果が窺える中、現行の緩和スタンス維持による 様子見

2013年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル中銀は早くも「出口」を意識し始める ~構造問題が足かせとなり、景気は依然として力強さを欠く~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル中銀は早くも「出口」を意識し始める~構造問題が足かせとなり、景気は依然として力強さを欠く~発表日:2013年3月7日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 世界金融危機後は中国経済の回復を追い風に高成長を達成し、注目を集めたブラジル経済だが、その後は減速基調が続いている。足下では世界経済の底入れなどが景気の追い風になると期待されたが、度重なる政策変更の影響で投資家の信認は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ