調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 国際金融市場

「国際金融市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月18日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【特集 金融と税財政の将来を考える】国際金融市場における国家債務再編をめぐる課題

国際金融市場における国家債務再編をめぐる課題調査部 上席主任研究員 河村 小百合目   次1.問題の所在(1)はじめに(2)問題の所在─国家債務再編のための調整はなぜ困難なのか2.2000年代初めにおける検討の経緯(1)IMFによる「国家債務再編メカニズム(SDRM)」検討の経緯(2)SDRMの内容(3)その結末と後年の展開への含意3.国家債務再編問題再検討の機運が高まった背景─近年の事例(1)2000年代入り後の事例の概観(2)アルゼンチンのケース(3)ギリシャのケース(4)欧州債務危機を受け

2015年4月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ中銀の努力は報われるか ~リラ相場の行方を大きく左右する状況は変わらず~

1/3Asia Trendsトルコ中銀の努力は報われるか~リラ相場の行方を大きく左右する状況は変わらず~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2015年4月23日(木) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 主席エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) 足下の国際金融市場では米国の利上げ時期の後ろ倒しなどを背景に米ドル高圧力は一服しているが、トル コリラ相場は最安値圏で推移するなど弱い動きが続いている。インフレの高止まりにも拘らず中銀は昨年 以降利下げを実施しており、大統領周辺の圧

2015年1月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アジアで広がる金融緩和の動きに『死角』はないか ~膨張マネーは反動リスクを高める可能性も~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートアジアで広がる金融緩和の動きに『死角』はないか~膨張マネーは反動リスクを高める可能性も~発表日:2015年1月29日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 原油安による世界的なディスインフレはアジア新興国の環境を激変させている。近年の新興国の高成長による原油高は、一方でこれを輸入するアジア新興国の重石になってきた。しかし、原油安の進展でインフレ圧力は後退したほか、ファンダメンタルズ

2015年1月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

原油安による国際金融市場のリスクとは ~デフォルト発生のみならず、資金巻き戻しによる副作用にも留意~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポート原油安による国際金融市場のリスクとは~デフォルト発生のみならず、資金巻き戻しによる副作用にも留意~発表日:2015年1月19日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 国際金融市場では依然『カネ余り』の状況が続くなか、原油の需給に対する緩みが意識されたことで市況に調整圧力が掛かっている。一部産油国でのデフォルトが意識されており、それに伴う信用収縮は他の資源国や新興国に連鎖することも

2014年11月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年11月) ~世界経済の緩やかな回復に伴い、過去には及ばずも堅調な景気拡大が続く~

1/12Asia Trendsマクロ経済分析レポートアジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年11月)~世界経済の緩やかな回復に伴い、過去には及ばずも堅調な景気拡大が続く~発表日:2014年11月20日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨)アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)実質国内総生産(GDP)成長率2014 年(暦年)予測中2015 年(暦年)予測2016(暦年)予測国+7.4%(前回+7.

2014年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル ルセフ大統領再選も難しい船出に ~金融市場の評価は厳しいものになることは避けられない~

1/3World Trendsブラジル ルセフ大統領再選も難しい船出に~金融市場の評価は厳しいものになることは避けられない~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2014年10月27日(月) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) ブラジル大統領選は今月5日の1回目の投票を経て、26日に決戦投票が行われ、現職のルセフ大統領が勝 利した。選挙戦では財界を中心にネベス候補を推す声が強まったが、前ルラ政権下からの低所得者給付政 策などを背景に低

2014年9月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ中銀は「最後の砦」となれるか ~5会合ぶりの政策金利維持。中銀の独立性は経済・通貨を左右しよう~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ中銀は「最後の砦」となれるか~5会合ぶりの政策金利維持。中銀の独立性は経済・通貨を左右しよう~発表日:2014年9月26日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) トルコは、年明け以降の国際金融市場の混乱による資金流出に対し、急激な利上げで通貨防衛を図ったが、その後は市場の安定に伴い利下げに転じる動きをみせた。これは政府内から利下げを強硬に求める動きが影響した一方、足下ではイン

2014年8月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

メキシコ 米国の景気拡大に素直に反応 ~外需主導の回復に加え、資金流入は資金需給緩和を通じて景気押し上げ~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポートメキシコ 米国の景気拡大に素直に反応~外需主導の回復に加え、資金流入は資金需給緩和を通じて景気押し上げ~発表日:2014年8月22日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 米国の堅調な景気回復がようやくメキシコにプラスの効果を与えている。4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率+4.23%と3四半期ぶりに4%を超え、外需の回復に加えて内需にも底入れの動きが出ている。6月の利下げ実

2014年8月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年8月) ~先進国主導の景気拡大は追い風だが、リスクを抱えたまま離陸の模様~

1/11Asia Trendsアジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年8月)~先進国主導の景気拡大は追い風だが、リスクを抱えたまま離陸の模様~ (要旨)マクロ経済分析レポート発表日:2014年8月14日(木) 第一生命経済研究所 経済調査部 徹(03-5221-4522)担当 主任エコノミスト 西濵アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)実質国内総生産(GDP)成長率 2014 年(暦年)予測 中 イ ン 国 ド +7.4%(前回+7.3%) +5.1%(前回+

2014年7月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

韓国 景気浮揚の芽が出ない内外環境 ~内需低迷が続くなか、ウォン高は外需に打撃~

1/4Asia Trendsマクロ経済分析レポート韓国 景気浮揚の芽が出ない内外環境~内需低迷が続くなか、ウォン高は外需に打撃~発表日:2014年7月3日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 韓国経済が厳しい状況に直面している。景気は政府の対策に左右される状況が続くなか、旅客船沈没事故後の「自粛」が内需の足かせとなっている。家計部門では不動産市況の低迷に加え、過剰債務も重石となり、雇用改善が中高年に集中することも消費を下押しして

2014年5月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ 喉元過ぎれば…で利下げ実施 ~構造問題を抱えるなかでの利下げ実施は信認低下に繋がるリスクも~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ 喉元過ぎれば…で利下げ実施~構造問題を抱えるなかでの利下げ実施は信認低下に繋がるリスクも~発表日:2014年5月26日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 国際金融市場の動揺に伴う資金流出により実体経済への悪影響が懸念されたトルコだが、中銀による金融引き締めや混乱一服で資金回帰の動きが出ている。こうしたなか、22日に中銀は「不確実性の低下」を理由に利下げを決定した。中銀は

2014年3月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪景気に底打ちの兆候も、準備銀は緩やかな豪ドル安を志向 ~家計の堅調と外需の底入れ期待はあるが、企業部門の足かせは残る見通し~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪景気に底打ちの兆候も、準備銀は緩やかな豪ドル安を志向~家計の堅調と外需の底入れ期待はあるが、企業部門の足かせは残る見通し~発表日:2014年3月5日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済の不透明感が景気の重石になってきた豪州だが、底を脱する兆候が出てきた。10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+3.23%に加速し、鉱業部門などの設備投資鈍化が景気の足かせになったが

2014年1月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア、未加工鉱石禁輸のインパクト ~景気の大幅下振れのみならず、国際的な信認低下に繋がる恐れ~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートインドネシア、未加工鉱石禁輸のインパクト~景気の大幅下振れのみならず、国際的な信認低下に繋がる恐れ~発表日:2013年1月9日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) インドネシアでは今月12日に未加工鉱石の禁輸措置が発動する。これは2009年に施行された新鉱業法による鉱物の高付加価値義務化に基づくもので、一昨年以降徐々に鉱物輸出の規制強化が進められてきた。ただし、昨年は国際金融市場

2013年11月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「底」は脱したものの、勢いを欠くタイ経済 ~外需主導の回復の一方、内需は力強さを欠き、政治的不安定もリスクに~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート「底」は脱したものの、勢いを欠くタイ経済~外需主導の回復の一方、内需は力強さを欠き、政治的不安定もリスクに~発表日:2013年11月19日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 一昨年の大洪水の復興需要などに伴い昨年はV字回復を果たしたタイ経済は、年明け以降その反動などが重石になり景気低迷が続いてきたが、ようやく底を脱した。7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率+5.2%に加速し

2013年11月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア、投資・外需鈍化が景気の足かせ(Asia Weekly (11/4~11/8)) ~中国の輸入を巡り、内需の底堅さもうかがえる様相に~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポートインドネシア、投資・外需鈍化が景気の足かせ(Asia Weekly (11/4~11/8))~中国の輸入を巡り、内需の底堅さもうかがえる様相に~発表日:2013 年 11 月 8 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回11/4(月) (豪州)9 月小売売上高(前月比/季調済)+0.8%+0.4%+0.5%11/5(火) (台

2013年10月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア経済は再び輝きを取り戻せるか ~内需の足かせも残る中、今後は中長期を見据えた問題克服に課題~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートインドネシア経済は再び輝きを取り戻せるか~内需の足かせも残る中、今後は中長期を見据えた問題克服に課題~発表日:2013年10月22日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 人口の多さを背景とする旺盛な内需をけん引役に高成長を実現したインドネシアだが、雲行きは怪しくなっている。旺盛な内需に伴う輸入増の一方、世界経済の減速などによる輸出鈍化が経常赤字を招く中、過大な補助金支出が財政悪化

2013年10月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル中銀、「時間的猶予」にも余裕なし ~米国のQE継続で時間に余裕が出来るも、当面は物価抑制が最重要課題~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル中銀、「時間的猶予」にも余裕なし~米国のQE継続で時間に余裕が出来るも、当面は物価抑制が最重要課題~発表日:2013年10月11日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 米国によるQE3継続決定で国際金融市場の動揺は一服しており、ファンダメンタルズの脆弱さを理由に動揺の余波を受けたブラジルにも「時間的猶予」が与えられている。市場の混乱直後は海外資金の流出圧力が強まり「トリ

2013年10月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ベトナム景気は底打ちするも、山積する課題は未だ手付かず ~脆弱なファンダメンタルズを抱えるなか、中長期を見据えた環境整備が不可欠~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートベトナム景気は底打ちするも、山積する課題は未だ手付かず~脆弱なファンダメンタルズを抱えるなか、中長期を見据えた環境整備が不可欠~発表日:2013年10月8日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) インフレや不良債権などが経済活動の足かせとなるなか、世界経済の減速なども重石となり景気減速が続いてきたベトナムだが、ようやく薄日が見えてきた。7-9月期の実質GDP成長率は前年比+5.14

2013年9月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド、物価高・為替安を警戒して利上げ(Asia Weekly (9/16~9/20)) ~米国QE3継続で「非常事態」は後退するも、印準備銀は物価抑制姿勢を明確に~

1/4ASIA Indicators定例経済指標レポートインド、物価高・為替安を警戒して利上げ(Asia Weekly (9/16~9/20))~米国QE3継続で「非常事態」は後退するも、印準備銀は物価抑制姿勢を明確に~発表日:2013 年 9 月 20 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+6.10%+5.70%+5.79%+6.6%+5.7%+5.8%▲6.2%+2.4%▲

2013年8月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア中銀は利上げ見送りも、未だ安息は出来ず ~先行きも国際金融市場の動向に左右される展開が予想される~

インドネシア中銀は利上げ見送りも、未だ安息は出来ず ~先行きも国際金融市場の動向に左右される展開が予想される~

2013年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ中銀、資金流入抑制と景気下支えへ利下げ実施 ~経常赤字やインフレへの懸念より、資金流入による悪影響を重視~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ中銀、資金流入抑制と景気下支えへ利下げ実施~経常赤字やインフレへの懸念より、資金流入による悪影響を重視~発表日:2013年4月19日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 16日、トルコ中銀は政策金利を4ヶ月ぶりに引き下げるとともに、短期金利のコリドーを4回連続で引き下げる金融緩和を実施した。中銀は資金流入がインフレ圧力に繋がることへの警戒に加えて、国内景気を下支えするべく利

2013年4月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀は利下げに含みを残すも、その時期は後ろ倒し ~景気の不透明要因は多いが、豪ドル相場は強含みしやすい展開~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪準備銀は利下げに含みを残すも、その時期は後ろ倒し~景気の不透明要因は多いが、豪ドル相場は強含みしやすい展開~発表日:2013年4月2日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 2日、豪州準備銀は定例の金融政策委員会において3回連続で政策金利を3.00%に据え置いた。世界経済に回復の兆候が出ている上、同国経済にも過去の利下げ効果が窺える中、現行の緩和スタンス維持による様子見姿勢を続け

2013年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル中銀は早くも「出口」を意識し始める ~構造問題が足かせとなり、景気は依然として力強さを欠く~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル中銀は早くも「出口」を意識し始める~構造問題が足かせとなり、景気は依然として力強さを欠く~発表日:2013年3月7日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 世界金融危機後は中国経済の回復を追い風に高成長を達成し、注目を集めたブラジル経済だが、その後は減速基調が続いている。足下では世界経済の底入れなどが景気の追い風になると期待されたが、度重なる政策変更の影響で投資家の信認は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ