「土地市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月8日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

土地取引動向調査(平成28年8月調査)

土地取引動向調査(平成28年8月調査)の結果について 平成28年11月1日このたび、標記調査の結果を取りまとめて公表しましたので、お知らせいたします。 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理して、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期ごとに調査を行っている。 「現在の土地取引状況の判断」、「1年後の土地取引状況の予想」に

2016年4月14日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

土地取引動向調査(平成28年2月調査)

土地取引動向調査(平成28年2月調査)の結果について 平成28年4月8日このたび、標記調査の結果を取りまとめて公表しましたので、お知らせいたします。 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理して、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期ごとに調査を行っている。 「現在の土地取引状況の判断」についてのDI(「活発である」-「不

2015年11月4日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

土地取引動向調査(平成27年8月調査)

土地取引動向調査(平成27年8月調査)の結果について 平成27年10月29日このたび、標記調査の結果を取りまとめて公表しましたので、お知らせいたします。 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理して、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。 調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期ごとに調査を行っている。 「現在の土地取引状況の判断」についてのDI(「活発である」

2015年4月13日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

土地取引動向調査(平成27年2月調査)

土地取引状況に関する企業の判断・予想のDIは全ての地域で低下 ~土地取引動向調査(平成27年2月調査)の結果~ 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理して、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。 調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期ごとに調査を行っている。 「現在の土地取引状況の判断」、「1年後の土地取引状況の判断」についてのDI(「活発である」-「不活発

2013年10月18日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

土地取引動向調査(平成25年8月調査)

土地取引状況に関する企業の判断が全ての地域で改善、特に東京では現在のDI※が大幅に改善し5年ぶりのプラス値へ ~土地取引動向調査(平成25年8月調査)の結果~ 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理し、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。 調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期ごとに調査を行っている。 「現在の土地取引状況の判断」、「1年後の土地取引状況の

2013年3月27日国土交通省フィードバック数:13社会/政治

土地取引動向調査(平成25年2月調査)

土地取引状況に関する企業の判断が改善、特に東京では1年後のDI※が5年ぶりのプラス値へ ~土地取引動向調査(平成25年2月調査)の結果~ 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理し、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。 調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期ごとに調査を行っている。「現在の土地取引状況の判断」、「1年後の土地取引状況の判断」についてのDI(「

2012年10月19日国土交通省フィードバック数:8大型消費/投資

土地取引動向調査(平成24年8月調査)

企業による土地取引状況の判断についてのDI※は全国的に上昇~土地取引動向調査(平成24年8月調査)の結果について~ 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理し、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。 調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期ごとに調査を行っている。 「現在の土地取引状況の判断」、「1年後の土地取引状況の判断」についてのDI(「活発である」-「不活

2012年5月30日国土交通省フィードバック数:13社会/政治

平成23年度に新たに証券化された不動産の資産額は2兆3000億円~平成23年度 不動産証券化の実態調査~

平成23年度に新たに証券化された不動産の資産額は2兆3000億円~平成23年度 不動産証券化の実態調査~ 平成24年5月29日 平成23年度中に不動産証券化の対象として取得された不動産またはその信託受益権の資産額は、2兆3410億円(前年度比プラス6.7%)、2年連続の増加となりました。 スキーム別では、Jリートが調査開始以来初めてもっとも割合が高いスキームとなり、Jリートの不動産投資市場における存在感が増しています。 お問い合わせ先国土交通省土地・建設産業局 土地市場課課長補佐 松本 浩 T

2012年5月2日国土交通省フィードバック数:5社会/政治

土地取引動向調査(平成24年3月調査)の結果

土地取引動向調査(平成24年3月調査)の結果について 本調査は、土地市場の動向に大きな影響を及ぼすと考えられる主要な企業を対象として、土地取引などに関する短期的な意向を把握・整理し、簡潔で分かりやすい「先行指標」の作成・提供を目的としている。 調査対象は、上場企業及び資本金10億円以上の非上場企業であり、半期(各年3月、9月時点)ごとに調査を行っている。(1)「現在の土地取引状況の判断」についてのDI(「活発である」-「不活発である」)は、「東京」・「その他の地域」で上昇したが、「大阪」では

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ