「土砂災害」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月17日日本気象協会フィードバック数:0社会/政治

日本気象協会が選ぶ2016年お天気10大ニュース・ランキング

ホーム / ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ / 2016年 / 「日本気象協会が選ぶ2016年お天気10大ニュース・ランキング」が決定 第1位は「地震・大雨・火山噴火 熊本を中心に相次ぐ災害」ニュースリリース・日本気象協会からのお知らせ ニュースリリース 「日本気象協会が選ぶ2016年お天気10大ニュース・ランキング」が決定 第1位は「地震・大雨・火山噴火 熊本を中心に相次ぐ災害」 一般財団法人 日本気象協会(本社:東京都豊島区、会長:石川裕己、以下「日本気象協会」)は、日本気

2016年5月30日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

梅雨の天気傾向

発行日 : 2016年05月26日ウェザーニューズ、梅雨の天気傾向発表梅雨の雨量、西日本は平年より多い傾向〜九州で大雨、熊本や大分など地震の被災地では土砂災害に厳重な警戒を~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は最新の梅雨の天気傾向を発表しました。梅雨時期の総雨量は、北〜東日本は平年並の予想で、暖かく湿った空気が流れ込む西日本は平年より多い見込みです。九州では例年より大雨になる恐れがあり、熊本や大分では地盤がゆるんでいるため地震の被災地では厳重な警戒が必要で

災害情報や防災についての調査です。

平成26年8月豪雨による広島市の土砂災害に関する調査

世論調査・市場調査・交通調査をはじめ、あらゆる分野の社会調査を全国規模で対応します。

2014年12月10日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 359号(平成26年12月9日)

立法と調査 359号(平成26年12月9日)特集:第187回国会の論議の焦点※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 第187回国会の論議の焦点女性の活躍推進による経済の成長 -女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案- (PDF file 555KB)広島市の土砂災害を受けた土砂災害防止法の改正 -今後の土砂災害対策の推進に当たっての留意点- (PDF file 995KB)中間貯蔵施設の供用開始に向けた政府方針の法制化 -日本環境安全事業株式会社法改正案- (PD

2014年10月13日気象庁フィードバック数:0社会/政治

台風第18号の今後の見通しについて

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 台風第18号の今後の見通しについて 報道発表日本文 ・大型で非常に強い台風第18号(4日15時現在、935hPa最大風速50メートル)は南大東島の近海を北上中。今後、向きを東よりに変えて、強い勢力を維持したまま、5日には九州や四国に、6日にかけ速度を早め本州の太平洋側にかなり接近するおそれ。・台風の北上に伴い、本州付近に非常に湿った空気が流入し、前線の活動が活発となる。5日から6日にかけ、台風や前線の影響で広い範囲で大雨となり、西日本・東日本の

2014年10月13日気象庁フィードバック数:0社会/政治

台風第18号の今後の見通しについて(第2報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 台風第18号の今後の見通しについて(第2報) 報道発表日本文 ・大型で強い台風第18号(5日09時現在、945hPa最大風速40メートル)は九州の南海上を北上中。今後、向きを東よりに変えて、強い勢力を維持したまま、5日夜には四国に、6日にかけ速度を早め、本州の太平洋側にかなり接近・上陸するおそれ ・台風の接近に伴い風が急激に強くなり、猛烈な風、猛烈なしけとなる。九州南部・奄美では5日夜にかけ、四国・近畿では5日午後から6日朝にかけ、東海・関東・

2014年8月10日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

台風第11号の今後の見通しについて

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 台風第11号の今後の見通しについて 報道発表日本文 ・強い台風第11号は、勢力を保ったまま九州の南海上をゆっくりとした速度で北上、9日には九州南部や四国にかなり接近し、上陸のおそれ。その後、勢力をやや弱めるが暴風域を伴ったまま北東に向きを変え、10日には中国、近畿に達するおそれ。 ・台風の北上により、広い範囲で大雨となるおそれ。特に西日本の太平洋側を中心に雨量が非常に多くなり、総雨量が1000ミリを超えるおそれ。 ・先週からの大雨で地盤が緩んで

2014年7月13日気象庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年台風第8号の今後の見通しについて(第2報)

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成26年台風第8号の今後の見通しについて(第2報) 報道発表日本文 ・大型で非常に強い台風第8号は、8日午後3時現在、久米島の西にあって、北に進んでいます。 ・沖縄地方には、暴風、波浪、高潮、大雨の特別警報を発表しています。引き続き厳重な警戒が必要です。 ・沖縄地方の特別警報は、明朝にかけて注意報などに切り替える見込みですが、その後も強い風等に注意してください。 ・台風第8号は、今後も強い勢力を保ったまま、明後日10日には九州に接近し、12日

2014年5月28日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

梅雨の降雨傾向

ニュース 2014年05月28日 ウェザーニューズ、梅雨の降雨傾向発表梅雨の降雨量、全国的に平年並かやや多め~6月は雨量が少ない見込みも、7月は災害レベルの大雨による土砂崩れや浸水に注意~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、5月28日(水)、今シーズンの梅雨の季節における降雨傾向を発表しました。本発表は、全国的に降雨量が増す梅雨の季節に、事前に降雨傾向を知ってもらう事で、土砂災害や浸水などの対策に役立てていただくことを目的としています。毎週金曜日、スマ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ