「在庫増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月4日浜銀総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内新車販売統計(2015年1月)

調 査 速 報浜銀総合研究所調査部産業調査室2015.2.3国内新車販売統計(2015年1月)内需と輸出の減少、在庫増加と悪材料が揃い踏みで、減産の必要性が高まる○軽乗用車販売の反動減が大きく響き、新車販売は前月比で大幅に減少・2月2日発表の 2015 年1月の国内新車販売台数(登録車+軽自動車、貨物車含む)は前年同月比 19.1%減と大幅に減少した。季調済年率換算値(X-12-ARIMA にて当社試算、以下 SAAR)でみた1月の販売台数も前月比 17.6%減の 514 万台と急減した(図表1

2014年11月6日浜銀総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内新車販売統計(2014年10月)

調 査 速 報浜銀総合研究所調査部産業調査室2014.11.5国内新車販売統計(2014年10月)登録乗用車の需要回復に一服感:在庫調整圧力が依然として強い状況が続く○国内新車販売は緩慢な動き・11 月4日発表の 10 月の国内新車販売台数(登録車+軽自動車、貨物車含む)は前年同月比 6.0%減と4か月連続で前年割れとなった。前年 10 月の販売台数が駆け込み需要によって大幅に押し上げられていたため、今月 10 月の前年同月比はその裏が出た格好。ただ、季調済年率換算値(X-12-ARIMA にて

原油市場他:米国での原油在庫増加と対OPEC産油国原油需要減少見通し、そして欧州での利下げで下方圧力を受ける原油価格

原油市場他:米国での原油在庫増加と対OPEC産油国原油需要減少見通し、そして欧州での利下げで下方圧力を受ける原油価格

2013年3月14日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治海外

[みずほアジア・オセアニア経済情報]2013年4月

みずほアジア・オセアニア経済情報2013年4月号(季刊)[アジア経済の概況]◆2012年10~12月期は、公共投資の拡大や在庫調整の進展等を背景に、中国の景気が加速した。対中輸出の増加を背景に、他のアジア諸国の景気も回復基調となった。◆2013年の景気は、中国が主導する形で、当面底堅く推移する見込み。2014年に入ると、先進国経済の持ち直しやインドの金融緩和を背景に、景気は加速する見通し。半面、金融引き締めで中国の景気は小幅減速へ。[目次]アジア経済概況・・・・・・・・・・中国・・・・・・・・・

2012年10月10日日本銀行フィードバック数:10社会/政治

金融経済月報(10月)

公表時間10 月 9 日(火)14 時 00 分2012年10月9日日金 融 経 済 月 報(2012年10月)本稿は、10 月4、5日に開催された政策委員会・金融政策決定会合の時点で利用可能であった情報をもとに記述されている。本銀行本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合(引用は含まれません)は、予め日本銀行政策委員会室までご相談ください。引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。【概要】わが国の景気は、横ばい圏内の動きとなっている。輸出や鉱工業生産は、海外経済の減速した

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ