「地下水」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月13日沖縄県フィードバック数:0社会/政治

平成28年度有機フッ素化合物環境中実態調査の冬季結果報告

ここから本文です。更新日:2017年4月12日平成28年度有機フッ素化合物環境中実態調査の冬季結果報告について概要 平成28年1月に県企業局が公表したとおり、比謝川及び周辺地下水で比較的高濃度の有機フッ素化合物が検出されていることを受けて、環境部では県内全域の河川・地下水のうち、県企業局による調査が行われていない河川や空港・飛行場を中心に調査を行っているところですが、H28年度の冬季調査結果について、委託事業者より測定結果の送付がありましたので報告いたします。 PDF形式のファイルをご覧いただく

2015年1月8日国立国会図書館フィードバック数:0社会/政治

福島第一原発の汚染水問題(2015年1月8日発行 839号)

国立国会図書館福島第一原発の汚染水問題調査と情報―ISSUE BRIEF―はじめにNUMBER 839(2015. 1. 8.)ⅢⅠ 汚染水対策の経緯今後の課題11 事故直後の汚染水対策汚染水問題の解決に向けた課題2 中長期ロードマップの策定3 汚染水問題に関する基本方針2汚染水問題への国の関与おわりにの策定Ⅱ 汚染水対策の現状1 汚染源を「取り除く」2 汚染源に水を「近づけない」3 汚染水を「漏らさない」●福島第一原発では、放射性物質に汚染された水(汚染水)への対処が重要な課題となっている。建

2014年12月28日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省の調査です。

平成25年度 全国の地盤沈下地域の概況

平成25年度 全国の地盤沈下地域の概況について (お知らせ)環境省では、毎年、各都道府県及び政令指定都市からの情報提供を受け、地盤沈下の状況や地下水の利用状況等を集計しています。本集計は、全国の地盤沈下の現状を把握することを目的として昭和53年度から実施しており、今般、平成25年度の集計結果をとりまとめましたので、以下の通り公表します。平成25年度に地盤沈下の測定が実施された地域(20都道県29地域)のうち、地域内の最大沈下量が年間2cm以上の地域は4地域(平成24年度は34地域中7地域)、その

2014年10月20日熊本県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度水質調査報告書(公共用水域及び地下水)

 熊本県庁 〒862-8570 熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号 Tel:096-383-1111(代表)

2014年9月18日千葉県フィードバック数:0社会/政治

平成25年地盤沈下の状況

ここから本文です。平成25年地盤沈下の状況について発表日:平成26年9月17日環境生活部水質保全課 043-223-3818 県では、地下水及び天然ガスかん水の採取等による地盤沈下の状況を把握し、その防止対策を図るため、県内47市町村において、3,204.7㎢を対象に地盤変動調査を毎年実施しています。 今回、平成25年1月1日の標高と平成26年1月1日の標高との差から、1年間の地盤変動量を取りまとめましたのでお知らせします。 調査対象地域のうち地盤沈下が認められた地域の面積は2,039.

2014年9月1日三重県フィードバック数:0社会/政治

平成25年における三重県北勢地域の地盤沈下の状況

平成25年における三重県北勢地域の地盤沈下の状況平成25年における三重県北勢地域の地盤沈下の状況について以下のとおりお知らせします。1.発表内容濃尾平野における地盤沈下の状況を把握するため、東海三県地盤沈下調査会(三重県ほか二県一市、国の機関及び学識者で構成)の構成機関が協力して、水準測量を継続的に実施しています。三重県北勢地域(桑名市、四日市市、木曽岬町、川越町及び朝日町)の107地点(延長=231km)において水準測量を行ったところ、年間1cm以上の沈下を示した地点は1地点のみであり、近年の

2014年8月29日愛知県フィードバック数:0社会/政治

平成25年愛知県地盤沈下調査

概要 尾張・名古屋市地域及び西三河地域において水準測量を実施しました。 県内の地盤沈下は、全般的に見て、地下水揚水量の減少に伴う地下水位の上昇により概ね沈静化の傾向です。前回(平成24年)の測量結果と比較し、1年間で1センチメートル以上沈下した水準点はありませんでした。前回(平成23年)の測量結果と比較し、1年当たりで1センチメートル以上沈下した水準点はありませんでした。(今後の対応)  県内の地盤沈下は概ね沈静化の傾向にあります。しかし、渇水時には雨水等の地下への涵養量の減少や揚水量の増加によ

2014年8月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度発電用原子炉等廃炉・安全技術基盤整備事業(汚染水対策の検討のための技術調査) 事業報告書

事業報告書平成25年度発電用原子炉等廃炉・安全技術基盤整備事業(汚染水対策の検討のための技術調査)平成25年12月20日技術研究組合国際廃炉研究開発機構1目次1. 序論--------------------------------------------------------------------- 31.1 事業目的 -----------------------------------------------------------------31.2 事業内容 -----------

2013年12月17日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地盤沈下についてのまとめです。

平成24年度 全国の地盤沈下地域の概況

平成24年度 全国の地盤沈下地域の概況について (お知らせ) 全国の地盤沈下の現状を監視するため、平成24年度に地方公共団体が実施した水準測量等の結果を集約し、全国の地盤沈下地域の概況を取りまとめました。平成24年度において、全国で年間2cm以上沈下した地域は7地域(平成23年度は14地域)で、年間2cm以上沈下した1.0km2以上の地域の面積は2.0km2(平成23年度は5,919.5km2)でした。 地盤沈下の監視は水準測量等の結果をもとに行いますが、地域によっては、平成23年3月11日に発

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ