「地価上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月1日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済指標と景気の実感

リサーチ・メモ経済指標と景気の実感2015 年 1 月 5 日最近の「月例経済報告」(11月)(内閣府)を見ると、「景気は個人消費などに弱さが見られるが、緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、消費者マインドの低下や海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要がある」という総括であり、景気判断はそれほど悪くはないという印象を抱かせる。と

商業地やプライム住宅地で地価上昇が踊り場を迎えた可能性 ~東京23区における土地取引の実勢価格(2014年上期)~

商業地やプライム住宅地で地価上昇が踊り場を迎えた可能性~東京23区における土地取引の実勢価格(2014年上期)~ <要約・概要> 東京23区の住宅地価格と商業地価格について、国土交通省「不動産取引価格情報」の土地取引事例をもとに取引実勢ベースの変動率を推計したところ、2014年上期は住宅地で前年比+5.6%と2013年下期から上昇幅を拡大させた一方、商業地では同-3.0%の下落を示した。 住宅地に関して東京23区を4つのエリアに区分すると、品川区や豊島区を中心に周辺の鑑定評価額を上回る単価での取

2014年5月9日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

沿岸市町村の地価動向等について

沿岸地域の地価動向等(平成23年度第3四半期短期地価動向調査結果)平成23年3月11日に発生した東日本大震災津波で被災した沿岸地域において、地価上昇や投機目的の買占め等が懸念されております。県では、短期地価動向等調査を実施して価格や土地取引動向を注視し、国土利用計画法の規定に基づく監視区域の指定について検討するとともに、調査結果等を公表してまいりますので、沿岸地域における土地取引の指標としてご活用ください。短期地価動向調査の概要調査主体:岩手県調査対象:沿岸12市町村25地点(住宅地21地点、商

2013年11月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要都市の高度利用地地価動向報告(平成25年第3四半期) ~上昇地区が全体の7割超に~

Economic Indicators~上昇地区が全体の7割超に~副主任エコノミスト 鈴木定例経済指標レポート指標名:主要都市の高度利用地地価動向報告(平成25年第3四半期)発表日:2013年11月27日(水)第一生命経済研究所 経済調査部 将之(03-5221-4547)・ 国土交通省から平成 25 年第 3 四半期『主要都市の高度利用地地価動向報告』が公表された。こ れは、先行する傾向をもつ主要地を対象にした四半期調査であり、今回で 24 回目になった。 ・ 総合評価 (変動率) をみると、

2013年10月22日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

土地取引動向調査(平成25年8月調査) ~1年後の地価水準の予想がプラス圏に~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:土地取引動向調査(平成25年8月調査)発表日:2013年10月21日(月)~1年後の地価水準の予想がプラス圏に~第一生命経済研究所副主任エコノミスト鈴木経済調査部将之(03-5221-4547)・ 国土交通省から『土地取引動向調査』(平成 25 年 8 月調査)が公表された。これは、上場企業及び資本金 10 億円以上の非上場企業(合計 3,500 社、有効回答率 38.3%)を対象とした土地取引や地価水準についてのアンケート調査で

2013年10月11日ピレクトフィードバック数:0大型消費/投資

2013年9月の地価調査より地価上昇が見込まれる山手線駅を予測

ニュースリリース・プレスリリース配信サービスならNews2uリリース 2013年9月の地価調査より地価上昇が見込まれる山手線駅を予測~渋谷、原宿、品川、浜松町、上野、秋葉原駅周辺のオフィス・店舗は賃料増額の可能性あり~2013年10月10日 17時00分賃料コスト削減のポータルサイト「賃料コスト削減ナビ」(株式会社ピレクト運営)では、2013年9月19日に国土交通省が発表した「地価調査」データを元に、東京都内JR山手線の駅ごとの地価状況を分析いたしました。分析内容は、2013年9月とリーマン

2013年9月3日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の経済動向と不動産経済を巡る概観(2013年7月末現在)

土地総合研究 2013 年夏号59研究ノート研究ノート最近の経済動向と不動産経済を巡る概観(2013 年 7 月末現在)最近の経済動向と不動産経済を巡る概観(2013 年 7 月末現在)荒井 俊⾏1.はじめに本稿は、2013 年 4 月 4 日に日銀金融政策決定会荒井 俊⾏円となり、これは年間新規国債発行額の 7 割に相当するという。合 で 合 意 さ れ た 量 的 ・ 質 的 金 融 緩 和 (QQE=1.はじめにQuantativeand 年QualitativeMonetary Easi

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ