「地元志向」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月13日秋田経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

平成27年度新入社員アンケートから―安定志向と地元志向が鮮明化―

機関誌「あきた経済」平成27年度新入社員アンケートから―安定志向と地元志向が鮮明化― 当研究所では、毎春、県内企業に就職した新入社員を対象に、就職活動や仕事に対する考え方などについて、アンケート調査を実施している。本年度は、県内の雇用情勢の改善を受け、県外就職を希望したことのある回答者割合が、平成11年度の設問以来、最も低くなり、地元志向が強まった。また、定年までも見据え長く働きたいとする割合も、昭和54年度の調査開始以来、最高となり、安定志向が鮮明化した。1 アンケート結果 Q1 効果的だった

2015年2月12日日本政策金融公庫★フィードバック数:0ライフスタイル

東京、大阪、鹿児島の比較です。

鹿児島は食の「健康」「経済性」志向強く(鹿児島支店農林水産事業調査)

ニュースリリース平 成 26 年 12 月 19 日株式会社日本政策金融公 庫鹿児島支店鹿児島は食の「健康」「経済性」志向強く~大都市圏との消費者意識の違いを初調査~日本政策金融公庫(略称:日本公庫)鹿児島支店農林水産事業が、鹿児島県、東京都、及び大阪府在住の消費者計 863 名を対象に、本年 9 月に実施した消費者動向調査の結果を取りまとめましたので、お知らせします。調査結果からは、消費者の志向は「健康志向」、「経済性志向」、「安全性志向」の順に高く、鹿児島県で特に「地元志向」が大都市圏に比べ

新成人調査です。

新成人400人に聞く「理想の働き方調査」

「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」は、その年最もチームワークを発揮し、顕著な実績を残したチームを表彰するアワードです。 新成人が理想とする働き方、2年連続「プライベート重視」で「地元」志向――理想の社会人は「父親」新成人400人に聞く「理想の働き方調査」 その年の「ベストチーム」を表彰し、日本のチームワークの向上と促進を提案するベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会(委員長:齋藤孝、以下:実行委員会)は、若者のチームワークに関する調査の第15回目として、今年の新成人400人に「将来の働き方」に

2014年7月3日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

高校生調査です。

高校生の社会観・世代観・グローバル化と地元志向「高校生価値意識調査2014」

将来の社会が明るいと思う高校生は49%、景気回復の期待などから2012年の1.6倍に増加、76%の高校生が「現在幸せ」ー高校生の社会観・世代観・グローバル化と地元志向「高校生価値意識調査2014」ー 将来の社会が明るいと思う高校生は49%、景気回復の期待などから2012年の1.6倍に増加、76%の高校生が「現在幸せ」ー高校生の社会観・世代観・グローバル化と地元志向「高校生価値意識調査2014」ー 2014年7月 3日 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ株式会社リクルートマーケティ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ