調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 地域コミュニティ

「地域コミュニティ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年1月4日JFAフィードバック数:0エンタテインメント

JFAグラスルーツアンケート調査報告書

>> JFAグラスルーツアンケート調査報告書を発行 ~サッカーやスポーツを通じた楽しい地域コミュニティづくりのために~ JFAグラスルーツアンケート調査報告書を発行 ~サッカーやスポーツを通じた楽しい地域コミュニティづくりのために~2015年12月25日 日本サッカー協会(JFA)では、グラスルーツのサッカーチームの関係者や指導者を主な対象とし、インターネットを利用したアンケート調査を実施しました。7月に中間報告をしましたが、このたび、報告書が完成しましたのでお知らせいたします。記述式の回答

2014年8月24日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

住み替えの円滑化をテーマとした調査です。

若年層、子育て世代等を含む多世代居住による地域コミュニティの形成に向けた世代間住み替えの円滑化に関する調査研究

TOP > 報道・広報 > 報道発表資料 > 国土交通政策研究所の研究成果(若年層、子育て世代等を含む多世代居住による地域コミュニティの形成に向けた世代間住み替えの円滑化に関する調査研究)の公表について  国土交通政策研究所の研究成果(若年層、子育て世代等を含む多世代居住による地域コミュニティの形成に向けた世代間住み替えの円滑化に関する調査研究)の公表について(2014年8月22日) 国土交通政策研究 第117号「若年層、子育て世代等を含む多世代居住による地域コミュニティの形成に向けた世代間住み

2014年4月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

ボランティアは定着するか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ボランティアは定着するか「共助」が求められる中で 社会保障の財源不足が問題となっている。医療や介護においても、もはや国が主体の「公助」のみに頼らず、自身の健康について自ら維持・管理していく「自助」が求められるようになった。さらに震災後に大きく見直された親族・近隣との『絆』なども後押しとなり、地域コミュニティや住民同士の支えあいに基づく『地域包括ケア』などの「共助」が政策としても取り上げられるようになっ

集合住宅と孤立死についてのレポートです。

都内の大規模集合住宅における孤立死の取り組みに関する調査研究

平成24年度厚生労働省社会福祉推進事業 『都内の大規模集合住宅における孤立死の取り組みに関する調査研究事業』【本調査研究の社会的背景と事業の目的】 戦後の高度成長期に、金の卵と呼ばれた地方の若者の集団就職などによる都市部への大量の人口移動があった。その住宅需要に応じるため大規模集合住宅が建設され、団地という新しい地域社会が形成されていった。しかし2DK、3DKの間取りは、2世帯住宅とはならず、子ども世代は独立して団地を出て行き、残された親世代だけとなった団地は、高齢化が急速に進んでおり、限界集落

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ