「地域復興」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

岩手県における農業復興の取組みと農協の役割――復興過程で発揮される協同の力――

岩手県における農業復興の取組みと農協の役割─復興過程で発揮される協同の力─主事研究員 小針美和〔要   旨〕岩手県の津波被災地において,2014年は圃場整備を行った水田での営農再開や新たな産直の取組みの開始など,復旧・復興に向けた変化が目に見える形で現れることが多い年となった。現場では,農業復興に向けて,地域のオリジナルブランド米の育成,新たな園芸産地の育成,地域に根ざした産直事業等,農業の再構築に向けた取組みが地域一体となって進められている。狭隘な農地が多く,震災前から過疎化や担い手不足が進行

2015年3月1日農林中金総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

震災復興についてのレポートです。

福島県の農業復興へ向けた課題――求められる「つながり」の回復――

福島県の農業復興へ向けた課題─求められる「つながり」の回復─特任研究員 行友 弥〔要   旨〕原発事故が福島県の農業に残した傷は今も深い。避難指示区域内には 1 万haを超える農地があり,根強い風評被害も手伝って,生産量・価格とも事故前の水準には戻っていない。避難指示解除や営農再開の前提となる除染は,仮置き場や作業員の確保がネックとなり大幅に遅れている。また,農地除染には地力低下の懸念も伴う。避難指示が解除された地域でも住民の帰還は進んでおらず,帰還者の中心は高齢者という実態がある。地域農業再生

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

宮城県における圃場整備を巡る問題点――ヒト・モノ・カネが復興の隘路に――

宮城県における圃場整備を巡る問題点─ヒト・モノ・カネが復興の隘路に─特任研究員 行友 弥〔要   旨〕1  宮城県では,2014年度には被災農地の大半が作付け可能な状態になる。圃場を大区画化する整備事業が計画されているのは,その 6 割に当たる約8,000haであり,国直轄事業である仙台東地区(2,000ha)及び復興交付金を活用した県営事業である。ただし着工に至った地区はまだ一部にとどまっている。2  建設資材や労働力の不足による公共工事の入札不調が遅れの一因になっている。「アベノミクス」によ

2013年3月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

大震災からの農業復旧・復興へ向けた施策の動向と農協の取組み

大震災からの農業復旧・復興へ向けた施策の動向と農協の取組み主席研究員 内田多喜生のための取組みは膨大であり,本稿で取りはじめに上げている事例はごく一部であることに留意されたい。なお,放射能被害の大きい福大震災から2013年3月11日で丸2年が経過する。現地では,各種の公的施策やJA島県については,本3月号内の別稿で論考が加えられている。グループをはじめとする農業関連団体,民間のボランティア等の支援,そしてなによ1  大震災後の営農活動のりも被災された方々自身の努力により,一  復旧の状況    

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ