「地域資源」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

第10回「地域ブランド調査2015」

「地域ブランド調査2015」は、1,047の地域(1,000市町村、及び47都道府県)を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を徹底評価する日本最大規模の消費者調査です。 2006年に調査を開始、毎年実施し今回で10回目の実施となります。 調査はそれぞれの地域に対して魅力度、認知度、情報接触度、各地域のイメージ(「歴史・文化のまち」など14項目)、情報接触コンテンツ(「旅番組」など16項目、「ご当地キャラクター」などコンテンツ9項目)、観光意欲度、居住意欲度、産品の購入意欲度、地域資源の評

2015年6月30日日本政策金融公庫フィードバック数:0ビジネス

2015年版中小企業白書のポイント

中小企業事業本部経 営 情 報2015.6.23NO.3992015年版中小企業白書のポイント中小企業の景況は、足下では緩やかな回復基調が続いているものの、その一方で、消費税率引上げ後の駆け込み需要の反動減や、原材料・エネルギーコストの上昇等の影響もあり、中小企業の収益環境は引き続き厳しい状況にあります。今回の中小企業白書では、第1部では、最近の中小企業・小規模事業者の動向についての分析に加え、より中長期的な観点から、中小企業の収益力、地域の競争力について分析し、第2部では、企業の収益力向上に関

2015年5月28日農林水産省★フィードバック数:0ライフスタイル

白書です。

平成26年度食料・農業・農村白書

「平成26年度食料・農業・農村白書」の公表について本日、「平成26年度食料・農業・農村の動向」及び「平成27年度食料・農業・農村施策」について、国会提出案件として閣議決定されました。 平成26年度 食料・農業・農村白書の概要人口減少社会における農村の活性化や本年3月末に閣議決定された新たな食料・農業・農村基本計画の概要のほか、食料の安定供給の確保、強い農業の創造、農村の振興を図る取組等について、全国の様々な事例も紹介しつつ記述しています。 東日本大震災からの復旧・復興状況等について記述して

2015年2月3日日本政策投資銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

スポーツツーリズムについてのレポートです。

スポーツツーリズムの展開~地域資源を活用した観光地域づくりの一例~

スポーツツーリズムの展開~地域資源を活用した観光地域づくりの一例~

地域ブランド調査2014

「地域ブランド調査2014」は、1,047の地域(1,000市町村、及び47都道府県)を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を徹底評価する日本最大規模の消費者調査です。 2006年に調査を開始し、毎年実施しているもので今回で9回目の実施となります。 調査はそれぞれの地域に対して魅力度、認知度、情報接触度、各地域のイメージ(「歴史・文化のまち」など14項目)、情報接触コンテンツ(「旅番組」など16項目、「ご当地キャラクター」などコンテンツ6項目)、観光意欲度、居住意欲度、産品の購入意欲度、

2014年9月2日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

東京一極集中と地域活性化

Special Report 東京一極集中と地域活性化衰退する地方圏日本創成会議は最近発表された報告書(日本創成会議・人口減少問題検討分科会「ストップ少子化・地方元気戦略」平成26年5月8日)のなかで、2040年までの人口予測にもとづいてこのままでは地方で多くの地域が消滅するだろうという厳しいメッセージを投げかけた。出生率が高い地方から低い大都市への人口移動を考慮すると少子化が加速しながら進むことは国として強い危機感を持つべき問題だ。とはいえ、地方で希望に見合う仕事がないから都市への移住を選択す

2014年3月26日地域環境計画フィードバック数:0ライフスタイル

野生獣害とジビエについての関心度

〜野生獣を食べることへの関心度は全体の9割以上〜新たな地域資源として活用が期待される「ジビエ」(全国3,403人の)アンケート調査結果から『鳥獣被害対策.com』を運営する株式会社地域環境計画では「2014年ちいかんオリジナルカレンダープレゼント」に際し、「野生獣害とジビエ※1についての関心度」をテーマにアンケート調査を行いました。近年、全国各地域で「野生鳥獣害」が進行しています。「野生鳥獣害」とは、シカやイノシシ等の野生鳥獣による農作物や自然環境、建造物への被害等を指しますが、最近は人里への出

6次化における農協の役割―「舞台作り」に一層の関与が期待される―

〈レポート〉農林水産業6次化における農協の役割─「舞台作り」に一層の関与が期待される─主席研究員 室屋有宏1  農協の 6 次化に対する対応2011年の「六次産業化・地産地消法」の施行からほぼ3年が経過した。同法に基づく「総合化事業計画」の認定数は1,690件(13年11月末)に達し、当初年間200件程度とも予想されていたレベルを大きく上回り、6次化に対する高い関心がうかがわれる。ところが、このなかで農協・漁協の割合は4%に過ぎない。全体の件数では68件、このうち農協(連合会・専門農協を含む)が

2013年12月1日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

AFCフォーラム2013年11月号

PDF版をダウンロードして読む(4.1MB) 特集地域食品企業の成長戦略地域資源を生かす売れる商品仕組みづくり木戸 啓仁地元に根差す食品企業の成長には、地域色と顧客価値の一致をにらんだマーケティング戦略とともに、地場産業との連携が肝要だ国際展開にチャレンジするフード特区佐藤 靖史国内唯一の「食」の特区、北海道フード特区がスタートして2年。これまで取り組んできたチャレンジや今後の課題などを現場からレポートする地域から全国、世界を目指した菓子づくり鎌田 真悟栗の里、岐阜県・恵那地域。地元和菓子店が原

ランキングが見られます。

地域ブランド調査2013

「地域ブランド調査2013」は、1,047の地域(1,000市町村、及び47都道府県)を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を徹底評価する日本最大規模の消費者調査です。2006年に調査を開始し、毎年実施しているもので今回で8回目の実施となります。 調査はそれぞれの地域に対して魅力度、認知度、情報接触度、各地域のイメージ(「歴史・文化のまち」など16項目)、情報接触経路(「旅番組」など16項目)、観光意欲度、居住意欲度、産品の購入意欲度、地域資源の評価(「街並みや魅力的な建造物がある」など

2013年6月14日経済産業省フィードバック数:1エンタテインメント

平成24年度コンテンツ産業強化対策支援事業報告書コンテンツを核とした地域資源の海外発信及び販路開拓に向けたプラットフォーム構築事業

平成24年度コンテンツ産業強化対策支援事業報告書コンテンツを核とした地域資源の海外発信及び販路開拓に向けたプラットフォーム構築事業

2013年6月14日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(地域資源の発掘と国際発信に係る支援施策検討調査)報告書

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(地域資源の発掘と国際発信に係る支援施策検討調査)報告書

地域資源を活かした食料品の販路拡大に関する調査研究

地域中小企業における国際展開の取組み事例および課題に関する調査研究平成25年3月本文・事例を分割してダウンロードされたい場合は以下から可能です。地域リーダーに見る「戦略性」と「信頼性」(地域振興とリーダーの役割に関する調査研究)平成25年3月章ごとのファイルは以下からダウンロードしてください。中小製造企業における先端技術開発とイノベーションに関する調査研究(サポイン関連調査)平成25年3月※47ページの図表4−7が抜けていたため、追記しました。(平成25年4月10日)章ごとのファイルは以下からダ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ