調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 地域間格差

「地域間格差」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月31日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

高失業率に対する人口移動の反応:日本の市区町村データを用いた空間計量経済分析

ノンテクニカルサマリー 高失業率に対する人口移動の反応:日本の市区町村データを用いた空間計量経済分析このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 その他特別な研究成果(所属プロジェクトなし)地域労働市場の異質性や相互関係

2015年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

高失業率に対する人口移動の反応:日本の市区町村データを用いた空間計量経済分析

高失業率に対する人口移動の反応:日本の市区町村データを用いた空間計量経済分析概要先行研究において日本の失業率の地域間格差は徐々に減少していることが指摘されている。そこで、本論文では、人口移動が地域労働市場間の調整としてどのように機能しているのかを1980年から2010年までの市区町村データを用いて実証的に明らかにする。本研究の特徴は、空間計量経済モデルを用いることで、人口移動の地域間の相互従属性を同時に考慮している点である。分析結果より、高失業率が人口移動のプッシュ要因として機能していたこと、ま

地方財政の健全化は進んだのか?-その3:景気変動下の地方税収と税制改正

地方財政の健全化は進んだのか?-その3:景気変動下の地方税収と税制改正 | ニッセイ基礎研究所 地方財政の健全化は進んだのか?-その3:景気変動下の地方税収と税制改正 経済研究部 主任研究員 石川 達哉基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 最新の2012年度決算までのデータを用いた分析を通じて明らかになった点は、以下のとおりである。第1に、名目GDPがピーク時の水準

2013年8月30日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

地域間の人的資本格差と生産性

地域間の人的資本格差と生産性概要本論文は、Caves, Christensen, Diewert (1982)が提案した指数作成方法を使って、学歴だけでなくその他の労働投入属性も同時に考慮しながら地域間の人的資本の量と質を相対比較する方法を提案し、「国勢調査」のデータを使って地域間の人的資本の質格差指標を作成し、その要因を中心に幾つかの分析を行った。主な結果は次のとおりである。1)1970年から2008年までの約40年間で人的資本の質の地域間格差は縮小してきているものの、なお3割程度の格差が残存

2013年6月27日総務省★フィードバック数:9セキュリティ/ネットワーク

東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの比較です。

電気通信サービスに係る内外価格差調査

報道資料電気通信サービスに係る内外価格差調査 総務省は、電気通信サービスの料金に関する状況を適切に把握する目的で、毎年度、電気通信サービスに係る内外価格差について調査を行っています。この度、平成24年度の調査結果を取りまとめましたので、公表します。1 調査対象東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの7都市における、ブロードバンド、固定電話、携帯電話等の各サービスについて調査を行いました。 2 調査時期基本的に、平成24年12月末時点の料金を比較しています。

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:27社会/政治

一票の重みの二つの格差 ―地域間格差が助長する世代間格差―

一票の重みの二つの格差 ―地域間格差が助長する世代間格差― | ニッセイ基礎研究所 一票の重みの二つの格差 ―地域間格差が助長する世代間格差― 保険研究部 専務取締役 部長 中村 昭基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年12月16日に投票が行われました第46回衆議院議員総選挙は、事前調査による予測どおり、与野党の獲得議席数が逆転し政権が交代するという劇的な結果と

2012年8月28日総務省★フィードバック数:28セキュリティ/ネットワーク

ブロードバンドや電話サービスの価格についての国際比較です。

電気通信サービスに係る内外価格差調査

報道資料電気通信サービスに係る内外価格差調査 総務省は、電気通信サービスの料金に関する状況を適切に把握する目的で、毎年度、電気通信サービスに係る内外価格差について調査を行っています。この度、平成23年度の調査結果を取りまとめましたので、公表します。 1 調査対象東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの7都市における、ブロードバンド、固定電話、携帯電話等の各サービスについて調査を行いました(平成23年12月末時点の為替レート及び購買力平価により比較)。 2 

2008年8月11日総務省★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

総務省による国内の通信サービスの価格の評価です。

電気通信サービスに係る内外価格差調査

ご覧いただいているのは国立国会図書館が保存した時点のページです。このページに掲載されている情報は過去のものであり、最新のものとは異なる場合がありますのでご注意下さい。収集時のURLは (外部サイト) ですが、このURLは既に存在しない場合や異なるサイトになっている場合があります。 電気通信サービスに係る内外価格差調査 平成19年度調査結果 総務省は、電気通信サービスの料金に関する状況を適切に把握する目的で、毎年度、電気通信サービスに係る内外価格差について調査を行っています。この度、平成

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ