「地政学」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年7月10日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

地政学的な不確実性はあるが日本企業のM&A取引への意欲は高い水準を維持

地政学的な不確実性はあるが日本企業のM&A取引への意欲は高い水準を維持EYトランザクション・アドバイザリー・サービス 株式会社日本企業の73%の経営層が今後12カ月間に買収を検討中グローバル市場におけるM&Aが増加すると予測している日本企業の経営層は昨年の39%から今年は87%に増加米国の税制改革はグローバル市場におけるM&A取引への意欲には短期的には影響を及ぼさない見込みEYが日本を含む43の国と地域における2,500人以上の経営層を中心とした対象に年に2回実施している「第18回EYグローバル

2017年6月8日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

日本経済への堅調な見通しと成長意欲が地政学上のリスクに関係なくM&A増加に拍車をかける

日本経済への堅調な見通しと成長意欲が地政学上のリスクに関係なくM&A増加に拍車をかけるEYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社記録的な割合(56%)のグローバル企業(日本企業を含む)が今後12か月間に買収を検討好調な景況感と成長への意欲が、増加傾向にある地政学上の懸念を払拭日本はグローバルにおける魅力的な投資国としてトップ10入りを維持 2017年5月にEYが発表した「第16回EYグローバル・キャピタル・コンフィデンス調査」によると、2017年第1四半期(2017年1月~3月)にお

2014年12月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

原油相場の新たな展開~地政学・金融相場から需給相場への転換~

原油相場の新たな展開~地政学・金融相場から需給相場への転換~

2014年11月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

みずほ総研Highlights 2014年11月 vol.15

2014.11-12 vol.15みずほ総研http://www.mizuho-ri.co.jpT imely & T opical急拡散「地政学リスク」の日常化に備えよ長谷川克之 みずほ総合研究所調査本部本部長代理 市場調査部長 アラブの春といわれた民主化運動後の混乱が続く中東・プ」のイアン・ブレマー社長の言葉を借りれば、私たち北アフリカ地域や海洋進出を進める中国と周辺国との摩は「G ゼロ」の世界に生きているといえます。世界的にリー擦など、いま世界のあらゆる地域で「地政学リスク」へダーシップを

米国経済(週次)予測(2014年9月12日)<高まる地政学的リスクにより懸念される個人消費支出の低迷>

米国経済(週次)予測(2014年9月12日)<高まる地政学的リスクにより懸念される個人消費支出の低迷>2014-09-17 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

原油市場他:地政学的リスク要因に対する石油供給途絶懸念後退と夏場のガソリン需要期終了で下方圧力が加わる原油価格

原油市場他:地政学的リスク要因に対する石油供給途絶懸念後退と夏場のガソリン需要期終了で下方圧力が加わる原油価格

コモディティ・レポート (2014年7・8月)

I.コモディティ市況全般: 7~8月は下落傾向で推移ドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・ジェフリーズCRB指数は、6月下旬にかけて上昇していたが、その後は下落傾向となった。マクロ経済環境に強弱の材料が入り混じる中で、原油や銅や穀物は、それぞれ個別に需要減要因や供給増要因が意識され、相場の押し下げ材料に反応しやすくなっている。世界景気は緩やかな拡大を続けるものの、目先のコモディティ市況は横ばい圏の推移が見込まれる。II.エネルギー市況: 下落傾向で推移ブレント原油は、6月にイラク情勢の緊

力強さを見せるアジア・ハイイールド社債

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月8日アジア・ハイイールド社債は7月以降、ウクライナ情勢の緊迫化やアルゼンチンの一部債務の不履行問題などにより、世界的にリスク回避の動きが強まる環境下でも、堅調に推移しています。一方、ここ数年上昇傾向で推移していた米国ハイイールド社債は、7月に入り、利食いなどの売り圧力が強まり下落に転じました。ハイイールド社債でも地域により異なる値動きとなった主な背景として、各社債を保有する投資家層の違いが挙げられます。海外(域外)投資家による

コモディティ・レポート (2014年5・6月)

I.コモディティ市況全般: 5月にやや下落後、6月は再び上昇ドル建て国際商品市況全般の動向を示すロイター・ジェフリーズCRB指数は、再び上昇してきている。マクロ経済的な要因に加えて、イラクやウクライナなど地政学要因や、インドネシアの禁輸措置や中国の青島港での不正取引の捜査といった個別要因も相場変動の材料となっている。強弱様々な要因が混在しているが、世界景気が回復する中で、地政学要因も意識され、商品市況はやや上昇しやすい状況が続きそうだ。II.エネルギー市況: イラク情勢の緊迫化を受けて上昇ブレン

2ヵ月連続で利下げを行なったトルコ中央銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年6月25日2ヵ月連続で利下げを行なったトルコ中央銀行 トルコ中央銀行は24日の金融政策委員会で、政策金利の引き下げ(9.5%→8.75%)を決定しました。これは、5月の前回利下げ時と同じ0.5ポイント幅の引き下げを見込んでいた市場予想を上回る決定でしたが、トルコ・リラは同日、米ドルでやや強含みとなりました。なお、市中金利の事実上の上限となる翌日物貸出金利や、下限となる翌日物借入金利は今回も据え置かれました。追加利下げの主な背景に

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 地政学的リスクが浮上

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 地政学的リスクが浮上 ここから本文です欧州経済見通し 地政学的リスクが浮上ECBの宿題は銀行貸出増を促すための対策サマリー◆3月6日の金融政策理事会でECB(欧州中央銀行)は政策金利を据え置き、他の金融緩和措置も見送った。注目されたECBスタッフの景気予想では2014年のインフレ率予想は+1.0%に下方修正されたが、緩やかな景気回復を背景に2016年10‐12月期には前年比+1.7%まで上昇し、ECBが目指す「+2.0%をやや下回るインフレ率」が

コモディティ・レポート (2013年11・12月)

I.コモディティ市況全般: 11月中旬にかけて下落後、上昇に転じるロイター・ジェフリーズCRB指数は、11月中旬にかけて下落していたが、その後は上昇してきている。供給増、ドル高、米国の量的緩和縮小観測などに伴う下落圧力が一巡した後は、世界景気の拡大観測などを背景に、ベースメタルや原油の市況が上昇に転じた。当面、金は下落しやすく、原油は上値を抑制されやすい一方で、世界景気の持ち直し基調を受けて銅などベースメタルは上昇しやすくなるだろう。II.エネルギー市況: ブレント原油は110ドル前後に持ち直し

コモディティ・レポート (2013年9・10月)

I.コモディティ市況全般: 国際商品市況は一進一退ながら下値を切り上げコモディティ市況は、一進一退ながら下値を切り上げる動きになっている。シリア内戦への軍事介入の回 避やイランと米国との対話など地政学的な緊張が緩和する動きがあり、原油や金の価格を抑制したとみら れるが、欧州や中国の景気持ち直しの動きが市況の持ち直しにつながった。当面、原油は地政学的な緊張 緩和の流れから下落しやすく、銅などベースメタルは世界景気の持ち直しの動きから上昇しやすいだろう。II.エネルギー市況: ブレント原油は高値から

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ