「地方圏」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月14日日本自動車工業会フィードバック数:0ビジネス

2015年度乗用車市場動向調査

ニュースリリース- 2016年04月08日2015年度乗用車市場動向調査について一般社団法人日本自動車工業会(会長:池 史彦)は、2015年度に実施した乗用車市場動向調査の結果を取りまとめました。本調査は、単身世帯を含む全国の一般世帯における乗用車の保有、今後の購入意向などを隔年毎に調査し、需要の質的変化の見通しに役立てようとするものであります。今年度は保有状況・使用実態・今後の購入意向等について時系列の動きに主眼を置きました。また、トピックとして次世代自動車・先進安全技術・次世代技術・若年層に

2015年6月26日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

インタラクティブな特設サイトです。

人口減少×デザイン

日本の人口はこれから急激に減少すると見込まれます。 なぜ人口減少はこれほどまでに急激に進むのでしょうか? 日本人は、地方自治体は、国はどう対処すべきなのでしょうか?2015年6月2日に発売された「」の特設サイトでは、47都道府県および全1682市区町村の2010年から2060年までの人口の推移をシミュレーション可能です。 また、合計特殊出生率、転出数、転入数、この3つの人口関連指標を動かすことで、今後の対策により人口減をどの程度抑えることができるか、そんな人口減少対策の効果も検証できます。 参考

2015年6月14日日本政策金融公庫フィードバック数:0ビジネス

地域の雇用と産業を支える中小企業の実像~地方圏の雇用創出に大きく貢献する中小企業の研究~

地域の雇用と産業を支える中小企業の実像~地方圏の雇用創出に大きく貢献する中小企業の研究~

2015年5月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地方創生の成否を左右する2020年までの5年間

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方創生の成否を左右する2020年までの5年間 昨年11月の地方創生関連2法の成立(同年12月2日施行)以降、「まち・ひと・しごと創生本部」が中心となって、政府による地方創生の政策が着実に実行に移されている。さらに、今年度に入って、国の長期ビジョン、総合戦略に基づき、政府の支援の下、各地方公共団体の地方人口ビジョンおよび地方版総合戦略の策定への取り組みが本格化している。さらに、政府の支援の目玉でもある

2015年4月30日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【全国自治体アンケートNo.2】地方創生―政府戦略に対する首長の判断(2)-地方創生戦略への期待、大都市圏は成長、地方圏は財政支援

【全国自治体アンケートNo.2】地方創生―政府戦略に対する首長の判断(2)-地方創生戦略への期待、大都市圏は成長、地方圏は財政支援

2015年4月21日日本政策金融公庫フィードバック数:0キャリアとスキル

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~第4回(最終回)「中小企業の賃金・雇用に関する調査」結果から(2)~

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~第4回(最終回)「中小企業の賃金・雇用に関する調査」結果から(2)~

2015年3月31日日本政策金融公庫フィードバック数:0キャリアとスキル

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~第3回「中小企業の賃金・雇用に関する調査」結果から(1)~

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~第3回「中小企業の賃金・雇用に関する調査」結果から(1)~

地価、地方圏波及の条件は観光客取り込みと再開発による魅力創造

わたしの意見 ― 水野 創地価、地方圏波及の条件は観光客取り込みと再開発による魅力創造(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」3月26日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 大都市圏の地価が上昇傾向にあり、千葉県内でも東京に近い地域の地価は緩やかながら下落から横ばい、横ばいから上昇に転じている(18日。公示地価)。一方、大都市圏以外の地価は全体として下落が続いている。大都市圏から地方圏への波及の条件は何だろう。国土交通省が四半期ごとに行っている地価LOOKレポートでは、

2015年3月12日りそな総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

2020年に向けた労働力人口の変化

平成 27 年 3 月 11 日2020 年に向けた労働力人口の変化~男性の急速な減少に、女性等の活用による代替が追いつかない地域も~(労働力人口の減少とその対策)今後の労働力人口(就業者と失業者の合計)の動向については、かねてから懸念されているとおり、男性を中心とした減少が避けられない。少子化などによる若年人口の減少に加え、特に地方圏では外部への人口流出も重なることで、その減少に拍車がかかる。すでに外食や建設業界では人手不足が深刻化しつつあるが、若年層への依存度が高い業界を中心に、今後も影響が

2014年9月4日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:0社会/政治

地方の人口減少についてのレポートです。

地方圏・東京圏における若年層の人口移動

地方圏・東京圏における若年層の人口移動 | ニッセイ基礎研究所 地方圏・東京圏における若年層の人口移動 金融研究部 不動産市場調査室長 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1― はじめに2― 東京圏と地方圏の人口移動の現状-地方圏からの若者の転出超過3― 東京圏と地方圏の長期的な人口移動の特徴-東京圏の転入超過は転出者数の減少による4― 東京圏と地方圏の

2014年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地方銀行が担う"貯蓄から投資へ"の現状

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方銀行が担う"貯蓄から投資へ"の現状~都道府県別の家計の有価証券保有状況と地方銀行の対応~ ◆“貯蓄から投資へ”の促進における銀行の重要性が高まっている。2014年7月末の株式投資信託の純資産総額は70兆円と、1998年に銀行窓販が解禁されてから、7倍程度に増加した。このうち銀行等を通じて販売された純資産総額は全体の4割超を占める。◆しかし、金融庁は「投資信託による運用は家計金融資産の4.8%にとど

2014年8月22日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

2025年の人口動態についてのレポートです。

人口動態から見た2025年問題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>経営ビジョン・経営計画 人口動態から見た2025年問題2025年の人口動態はどのようなものか? 2014年8月22日経営コンサルティング部 主任コンサルタント 岩田 豊一郎◆少子高齢化にともなう人口減少問題のメルクマールとして、団塊の世代が全て後期高齢者(75歳以上)になる2025年が注目されている。◆2025年は人口における次のボリューム層である団塊ジュ

2014年5月20日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

駆け込み消費です。

消費増税に伴う駆け込み需要と反動減にみられる濃淡-個人消費は3大都市圏で、住宅投資は地方圏で盛り上がり

消費増税に伴う駆け込み需要と反動減にみられる濃淡-個人消費は3大都市圏で、住宅投資は地方圏で盛り上がり

2014年3月28日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

労働需給タイト化の下での賃金減少はいつまで続くか-地域別失業率、賃金の動向から検証する

Research Focushttp://www.jri.co.jp≪日本経済○×シリーズ No.1≫2014 年 3 月 28 日No.2013-045労働需給タイト化の下での賃金減少はいつまで続くか― 地域別失業率、賃金の動向から検証する ―調査部 関西経済研究センター副主任研究員 西浦瑞穂《要 点》 失業率低下、有効求人倍率上昇など、わが国の労働需給は引き締まる方向にある。背景には、「需要の増加」に加えて「供給制約」の影響が大きくなっていることがあげられる。人口減少下で、就業者数が

2013年8月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要都市の高度利用地地価動向報告(平成25年第2四半期) ~上昇地区が3分の2に~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:主要都市の高度利用地地価動向報告(平成25年第2四半期)~上昇地区が3分の2に~発表日:2013年8月29日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)・ 国土交通省から平成 25 年第 2 四半期『主要都市の高度利用地地価動向報告』が公表された。これは先行しやすい主要な地価を対象にした四半期調査で、今回で 23 回目になる。・ 地価の総合評価における変動率をみると、全 150 地区

2013年5月31日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

主要都市の高度利用地地価動向報告(平成25年第1四半期) ~上昇地区が過半数に~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:主要都市の高度利用地地価動向報告(平成25年第1四半期)~上昇地区が過半数に~発表日:2013年5月29日(水)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)・ 5 月 29 日に国土交通省から平成 25 年第 1 四半期『主要都市の高度利用地地価動向報告』が公表された。これは先行しやすい主要な地価を対象にした四半期毎の調査で、今回で 22 回目となる。・ 地価の総合評価における変動率をみる

地方都市における分譲マンションの供給動向

CRI 6 月号特集 要約版2013 年 5 月 23 日PRESS RELEASE㈱長谷工総合研究所長谷工コーポレーションホームページへ地方都市における分譲マンションの供給動向~首都圏・近畿圏以外の地域における供給動向の分析~㈱長谷工総合研究所(東京都港区、社長:久田見 卓)では、表題のレポートをまとめました。レポートの全文は、5 月 27 日発行の「CRI」6 月号に掲載いたします。2012年における全国の分譲マンションの着工戸数、新規供給戸数はともに3年連続で前年を上回り、地方圏でも着工戸

2013年4月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【地域再生シリーズ No.4】人口動態からみた地域産業構造の問題点

Research Focushttp://www.jri.co.jp≪地域再生シリーズ No.4≫2013 年 3 月 29 日No.2012-023人口動態からみた地域産業構造の問題点調査部 副主任研究員 西浦瑞穂《要 点》 地方経済の疲弊が指摘されて久しい。これを打破するには公共工事依存、大企業生産拠点誘致といった従来型地域成長モデルから抜け出し、新しい経済成長を求めて構造改革に取り組まねばならない。 構造改革に取り組むうえでの課題抽出に向け、都道府県ごとの将来人口推計に基づき産業別就業

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ