「地方移住」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年移住希望地域ランキング

営業時間 : 10:00〜18:00 火〜日曜(定休: 月・祝) 2016年移住希望地域ランキング公開報道各位「地方暮らし」という新しい動き 2016年ランキング:1位山梨県、2位長野県、3位静岡県ふるさと暮らしを希望する都市住民と全国の地方自治体のマッチングを行う認定NPO法人ふるさと回帰支援センター(本社:東京都千代田区、理事長:見城美枝子)は、同センターが運営する「ふるさと暮らし情報センター」の来場者を対象に、2009年より移住希望先も含めた地方移住に関するアンケートを実施しています。

「Uターン・Iターン」に関する意識調査

大都市圏の社会人 約半数が将来地方での生活を希望 20歳~4...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 大都市圏の社会人 約半数が将来地方での生活を希望20歳~49歳対象「Uターン・Iターン」に関する意識調査~地方移住希望者のうち63%が地元企業への転職を希望~ 岡山県・広島県・香川県・愛媛県の瀬戸内4県に地域密着型の転職支援サービスを提供する株式会社キャリアプランニング(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:友光 弘)は、20歳~49歳の東京・大阪を中心とした大都市圏に

2015年7月1日オウチーノフィードバック数:0社会/政治

日本創生会議公表の「移住候補地」、人気No.1は沖縄県宮古島市、No.2は石川県金沢市。

「高齢者の地方移住」意識調査

「現代のうば捨て山」に当事者はNO!「高齢者の地方移住」意識調査「現代のうば捨て山か」という声も聞こえてくる提言が公表された。民間有識者で構成する、日本創生会議(座長:増田寛也 元総務大臣)が2015年6月5日に公表した「東京圏高齢化危機回避戦略」に含まれる「高齢者の地方移住」のことだ。すでに医療、介護のサービスで、他の地域から高齢者の移住を受け入れる余力があるとする41の移住候補地も公表され具体性を帯びてきているが、今回、オウチーノ編集部では、「高齢者の地方移住」について、当事者である、65歳

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ