調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 地方自治体

「地方自治体」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月20日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

自治体向けソリューション市場に関する調査を実施(2017年)

2017年02月14日 自治体向けソリューション市場に関する調査を実施(2017年) ~マイナンバーに加えて新たな需要を背景に、自治体向けソリューション市場は成長~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の自治体向けソリューション市場の調査を実施した。1. 調査期間:2016年11月~2017年1月2. 調査対象:自治体向けソリューション提供事業者、全国の地方自治体等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・eメールによる取材・調査、ならびに文献調査を併用<自治体向けソリュ

2016年4月8日矢野経済研究所★フィードバック数:0社会/政治

自治体向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場に関する調査結果2016

2016年03月30日 自治体向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場に関する調査結果2016 ~マイナンバーと地方創生に関わるBPO需要が新たに拡大~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の地方自治体向けBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場の調査を実施した。1. 調査期間:2015年12月~2016年3月2. 調査対象:SIer、コールセンター事業者、人材派遣系BPO事業者、PR会社、ふるさと納税事業者、指定管理者、地方自治体など3. 調査方法:当社専門研究員

2016年3月8日矢野経済研究所★フィードバック数:0企業情報システム

自治体向けソリューション市場に関する調査結果 2016

2016年03月03日 自治体向けソリューション市場に関する調査結果 2016 ~マイナンバーを背景とした需要が拡大・自治体クラウドの普及も加速~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の自治体向けソリューション市場の調査を実施した。1. 調査期間:2015年11月~2016年2月2. 調査対象:自治体向けソリューション提供事業者、全国の地方自治体等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・電子メールによるヒアリング、ならびに文献調査を併用<自治体向けソリューションとは>自治

2016年2月2日IIJ★★フィードバック数:0社会/政治

ビッグデータを活用した人口動態レポート

ページの先頭ですページ内移動用のリンクですIIJ-II、ビッグデータを活用した人口動態レポートを発行2016年1月28日 株式会社IIJイノベーションインスティテュート株式会社IIJイノベーションインスティテュート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石田 潔、以下IIJ-II)は、ビッグデータ解析技術を活用し、住民基本台帳人口データを分析した「人口動態レポート」を発行し、本日公開したことを発表いたします。住民基本台帳人口データによる人口動態分析IIJ-IIでは、2008年に「Project

2015年6月25日内閣府フィードバック数:0社会/政治

オリンピック・パラリンピックを契機とした地域活性化研究会 報告書

現在のページ: »»» 研究会報告書等 No.71 オリンピック・パラリンピックを契機とした地域活性化研究会 報告書 オリンピック・パラリンピックを契機とした地域活性化研究会 報告書概要内閣府経済社会総合研究所では、平成26年度に「オリンピック・パラリンピックを契機とした地域活性化研究会」を立ち上げた。研究会では、文化・芸術、伝統工芸、福祉、教育等の各分野の視点から2020年オリンピック・パラリンピック東京大会(以下、東京2020大会)を契機とした地域活性化の施策について議論を行った。本報告書

2015年6月18日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

内閣府の調査です。

高齢者の交通安全確保に関する地方自治体等の施策の実態調査

高齢者の交通安全確保に関する地方自治体等の施策の実態調査(平成27年3月) New! 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)Copyright©2014 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

2015年5月31日国土交通省★フィードバック数:0企業情報システム

国交省のレポートです。

平成26年度「情報通信技術を活用した公共交通活性化に関する調査」報告書

平成26年度「情報通信技術を活用した公共交通活性化に関する調査」報告書について 平成27年5月29日 活力ある地域社会の実現に向け、地域公共交通の活性化を図っていくためには、利用者の利用実態や、地域生活者又はインバウンド観光客の潜在的な移動ニーズをきめ細かに把握・分析し、公共交通サービスへ反映させることを通じて、新たな公共交通サービスの創出や公共交通の利便性向上を図っていくことが重要です。このため、本調査は、地方自治体や公共交通事業者が、公共交通の利用実態や潜在的な移動ニーズをきめ細かに把握・

2015年5月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地方創生を加速する地方歳入の再設計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方創生を加速する地方歳入の再設計地方法人二税と地方交付税の改革を ◆現状の様々な政策は、補助金や優遇税制を通じた財政赤字に依存したシステムとなっており、そうしたインセンティブを無視して地方創生と財政健全化の両立を進めることは難しい。地方創生と財政健全化を両立させるためには、地方自治体のこうした誘因を絶つ制度改革が必要であり、具体的には、地方法人二税と地方交付税を縮小・廃止し、地方消費税をはじめとする

2015年4月5日農林中金総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

農協についての調査です。

地方自治体からみた農協の役割――「地域における農協の役割に関する自治体調査」から――

地方自治体からみた農協の役割――「地域における農協の役割に関する自治体調査」から――

2014年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地方創生関連法が地方再生につながるためのポイントは"ひと"

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方創生関連法が地方再生につながるためのポイントは"ひと" 衆議院の「地方創生に関する特別委員会」において、10月9日から地方創生に関連する2法案「まち・ひと・しごと創生法案(内閣提出第1号)」、「地域再生法の一部を改正する法律案(内閣提出第2号)」が審議されている。11月の初旬(一部報道では本日6日)にも国会を通過する予定と報道されている。上記の1番目の法案によれば、地方創生とは「まち・ひと・しごと

2014年10月16日IBJフィードバック数:0大型消費/投資

お見合い成立率調査

[IBJ] ,ライフスタイル 恋愛 少子化 自治体 お見合い 婚活 地方自治体 結婚相談所 出会い 未婚化

2014年7月31日日本生産性本部フィードバック数:0社会/政治

第7回地方自治体の新公会計制度の導入に関するアンケート調査

日本生産性本部(理事長:松川昌義)の自治体マネジメントセンターは、この度「第7回地方自治体の新公会計制度の導入に関するアンケート調査」結果を発表した。地方自治体は企業会計的な決算手法の導入に取り組んでいる。本調査は、その全国的な取り組み状況を明らかにするため、全国の都道府県及び市区町を対象に平成25 年10 月〜12 月に実施したものであり、国が整備を要請してから継続的に実施されている唯一の調査である。『第7回 地方自治体の新公会計制度の導入に関するアンケート調査』結果 1.固定資産台帳の整備が

地方自治体でのクラウドファンディングの利用:意義と効果-総論

地方自治体でのクラウドファンディングの利用:意義と効果-総論 2014/07/07公共経営・地域政策部 副主任研究員 中田 雄介マーケット調査室 コンサルタント 渡邉 睦経済・社会政策部 研究員 北 洋祐公共経営・地域政策部 主任研究員 大塚 敬環境・エネルギー部 副主任研究員 水谷 衣里 今日、クラウドファンディングは、起業を目指す人々や社会活動の担い手による活動資金の獲得を目的とした利用だけでなく、地方自治体などの公的機関にも利用の拡大がみられる。本稿では、新たな潮流としてのクラウドファン

PPP/PFIの推進に向けたアンケート調査

トップPolicy(提言・報告書)都市住宅、地域活性化、観光PPP/PFIの推進に向けたアンケート調査報告 Policy(提言・報告書) 都市住宅、地域活性化、観光PPP/PFIの推進に向けたアンケート調査報告 2014年6月17日一般社団法人 日本経済団体連合会都市・地域政策委員会 PPP推進部会 わが国経済が民間主導の成長軌道を描いていくためには、担い手である民間企業の力を最大限引き出すことが不可欠であり、これを喚起する施策のひとつとしてPPP/PFIのさらなる活用が求められている。また

2014年6月11日パイプドビッツフィードバック数:0社会/政治

第4回自治体アンケート

政治山では消費増税に対する地方自治体の取り組みを調査するため、インターネット上でメールアドレスが取得できた全国884自治体を対象に、4月10日から30日に「消費税増税に伴う自治体の取り組み」に関するアンケート調査を行った(回答数76)。<調査方法> 調査対象:全国1,788の地方自治体のうち、メールアドレスが取得できた884自治体 送信方法:スパイラル(R)を用いたWebアンケートフォームによる回答(調査表はコチラ) 調査期間:2014年4月10日~4月30日 回収状況:送信数884件/有効回答

関西の高生産性企業のイノベーションの源泉 -組織・人事への取組-

2013年度の報告書 関西の高生産性企業のイノベーションの源泉 -組織・人事への取組- が完成しました。 2014-05-21 本プロジェクトでは、高い生産性の伸びを維持している関西企業を抽出して、ヒアリング調査を通じて高生産性の秘訣を探りました。この調査の大きな特徴は2つあります。第1に、生産性の指標として全要素生産性(TFP; Total factor productivity 付加価値に対する労働や資本といった生産要素の貢献以外の部分)を取り上げ、個別企業の財務データを使用して定量的な分

2014年3月23日IPA★フィードバック数:0企業情報システム

地方自治体のITです。

地方自治体における情報システム基盤に関する調査

地方自治体における情報システム基盤に関する調査 地方自治体における情報システム調達の現状について調査を実施し結果を公開しています。

2014年3月16日日本立地センター★フィードバック数:0ビジネス

自治体の企業誘致です。

地方自治体の企業誘致活動に関する取組の現状〔概要〕 ~企業誘致活動に関するアンケート調査結果~

地方自治体の企業誘致活動に関する取組の現状〔概要〕 ~企業誘致活動に関するアンケート調査結果~

2014年2月13日総務省フィードバック数:0社会/政治

平成25年度地域おこし協力隊の定住状況等に係るアンケート

報道資料「平成25年度地域おこし協力隊の定住状況等に係るアンケート結果」の公表このたび、地域おこし協力隊の定住状況等に係るアンケート結果について、概要を取りまとめましたので公表します。1 経緯 総務省では、都市住民が、人口減少や高齢化等が進行している地方自治体から地域おこし協力隊員として委嘱を受け、一定期間以上、農林漁業の応援、住民の生活支援などの各種の地域協力活動に従事しながら、当該地域への定住・定着を図る取組について、地方自治体が意欲的・積極的に取り組むことができるよう、必要な支援を行ってお

2013年12月27日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

地域福祉計画策定状況等調査結果(平成25年3月31日時点調査)について

地域福祉計画地域福祉計画は、平成12年6月の社会福祉事業法等の改正により、社会福祉法に新たに規定された事項であり、市町村地域福祉計画及び都道府県地域福祉支援計画からなります。地域福祉計画の策定は、各地方自治体が主体的に取り組むこととなっております。地域福祉計画は、地域住民の皆様の意見を十分に反映させながら策定する計画であり、今後の地域福祉を総合的に推進する上で大きな柱になるものと考えております。厚生労働省としては、「市町村地域福祉計画及び都道府県地域福祉支援計画策定の在り方について」(平成14年

2013年10月10日JETROフィードバック数:0ビジネス

企業立地促進に向けた自治体の取り組み(2013年10月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 企業立地促進に向け

2013年7月1日IPA★フィードバック数:0企業情報システム

IPAによるレポートです。

第6回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査

「第6回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査」を公開しました 最終更新日:2013年6月27日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 国際標準推進センター

2013年6月21日オウチーノフィードバック数:0大型消費/投資

イマドキの若者の「地元愛」調査

2013.06.20 イマドキの若者の「地元愛」調査株式会社 オウチーノご当地ゆるキャラやB級グルメ、ご当地アイドルなど、ご当地モノが話題に挙がることが多い昨今。その一方で、若者の流出に頭を悩ませる地方自治体が多いのも事実だ。毎年多くの若者が進学や就職を期に上京しているが、果たして地元(=生まれ育った地)を離れて暮らす若者たちは、どれくらい郷里に愛着をもっているのだろうか。住まいの相談窓口住まいのことならなんでも対面・無料で相談できる、住まい探しとリフォーム・リノベーションの相談窓口です。Cop

2013年4月2日日本総研★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

自治体対象のアンケートです。

地方自治体の電力関連事業への関心と関与の可能性に関するアンケート調査

2013年3月29日各位株式会社日本総合研究所地方自治体の電力関連事業への関心と関与の可能性に関する アンケート調査結果・現状では自家消費や売電目的の太陽光発電が中心、供給・需要調整関連への取り組みは遅れている ・自家発電を目的とする再エネ活用が主流だが、地域エネルギーマネジメントに関心を示す先進自治体もあり ・事業の具体化にあたっては、特に基礎自治体で官民連携型事業に意欲  株式会社日本総合研究所(本社: 東京都品川区、代表取締役社長: 藤井順輔、以下「日本総研」)は、地方自治体の電力関連事業

2013年1月24日文部科学省フィードバック数:22キャリアとスキル

高等学校卒業程度認定試験合格者の企業等における扱いに関する調査

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成24年度の報道発表 > 高等学校卒業程度認定試験合格者の企業等における扱いに関する調査の結果について 高等学校卒業程度認定試験合格者の企業等における扱いに関する調査の結果について平成25年1月16日  高等学校卒業程度認定試験(高卒認定)は、大検と同様に大学入学資格を付与するばかりでなく、高等学校卒業者と同等以上の学力を有することを認定し、就職等において活用されることも目的としています。この度、文部科学省では、地方自治体や企業にお

2012年9月7日IPA★★フィードバック数:25企業情報システム

地方自治体の情報システムについてのレポートです。

地方自治体における情報システム基盤に関する調査

地方自治体における情報システム基盤に関する調査 地方自治体における情報システム調達の現状について調査を実施し結果を公開しています。

2012年7月21日日本生産性本部フィードバック数:9ビジネス

第5回 地方自治体の新公会計制度の導入に関するアンケート調査

日本生産性本部(理事長:松川昌義)・自治体マネジメントセンターは、この度「第5回地方自治体の新公会計制度の導入に関するアンケート調査」結果を発表した。本調査は、地方自治体における企業会計的な決算手法の導入(新公会計制度)について、全国的な取り組み状況を明らかにするために、全国の都道府県、市区町を対象に平成23 年11 月〜12 月に実施したものである。調査結果のポイントは以下のとおり。<主なポイント>1.更新すべき社会資本が特定できる団体は僅か15%、大量更新時代に対応できない恐れ固定資産台帳の

2012年4月13日総務省フィードバック数:12社会/政治

平成23年度地域おこし協力隊の任期終了に係るアンケート結果

報道資料地域力創造グループ 人材力活性化・連携交流室「平成23年度地域おこし協力隊の任期終了に係るアンケート結果」の公表このたび、地域おこし協力隊の任期終了に係るアンケート結果について、取組団体からの回答を受け、その概要を取りまとめましたので公表します。1 経緯総務省では、地方自治体が都市住民を受け入れ、地域おこし協力隊員として委嘱し、一定期間以上、農林漁業の応援、水源保全・監視活動、住民の生活支援などの各種の地域協力活動に従事してもらいながら、当該地域への定住・定着を図る取り組みについて、地方

2011年3月31日IPA★フィードバック数:3社会/政治

IPAによる公共機関の情報システムに関する調査結果です。

地方自治体における情報システム基盤に関する調査

プレス発表 地方自治体における情報システム基盤に関する調査の報告書を公開2011年3月31日独立行政法人情報処理推進機構  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)オープンソフトウェア・センターは、「第4回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性に関する調査」を実施し、今般、その結果を報告書にまとめ、オープンソース情報データベース「OSS iPedia(*1)(オーエスエス アイペディア)」から公開しました。URL: 地方自治体の業務のIT化が進む中、IT新改革戦略など

2010年4月6日IPAフィードバック数:11社会/政治

第3回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査

オープンソース情報データベースシステム(OSS iPedia) は、2013年5月17日(金) をもちまして運用を終了いたしました。第3回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査第3回地方自治体における情報システム基盤の現状と方向性の調査 本報告書には、自治体のIT戦略担当者やIT調達担当者などに有用な統計データや分析情報およびITサービスを提供する企業がどのように地方自治体のIT化推進に協力出来るかについてのヒントが多く掲載されています。■監修IPAオープンソフトウェア・センタ

2009年2月9日野村総合研究所フィードバック数:0社会/政治

自治体財政と公会計改革に関するアンケート

金融危機による税収減の中、医療・福祉関連歳出の増加を懸念 ~ 「自治体財政と公会計改革に関するアンケート」を実施 ~株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、2008年10~11月に、都道府県及び人口20万人以上の市区町村を対象に、「自治体財政と公会計改革に関するアンケート調査」を実施しました。その結果、回答自治体の約8割が金融危機は地域経済に悪影響を与え、税収減の可能性があると考えています。またそのような環境下で、医療・福祉関連の歳出が拡大すること

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ