「地方都市」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「地域における雇用機会と就業行動」調査

平成 27 年6月 23 日(火)独立行政法人労働政策研究・研修機構(理事長 菅野和夫)経済社会と労働部門 研究員高見 具広直通電話 03-5903-6198 URL:http://www.jil.go.jp「雇用創出の課題・取組みー地方都市と農村地域で相違」(JILPT 資料シリーズ No.151「地域における雇用機会と就業行動」より)労働政策研究・研修機構(JILPT)では、地方創生が政府全体の重点課題となる中、地域の雇用機会や若年者の定着、雇用創出や就労支援の取組みについて、その実態を把握

オフィスビル空室率の動向  都心の空室率低下は続き、賃料もさらに上昇へ

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー オフィスビル空室率の動向都心の空室率低下は続き、賃料もさらに上昇へ【デイリー】 オフィスビル空室率の動向都心の空室率低下は続き、賃料もさらに上昇へ【デイリー】2015年06月12日【ポイント1】都心の空室率は2カ月ぶりに低下 平均賃料は直近底値から約7%上昇 ■オフィス仲介大手の三鬼商事が12日にホームページで公表した、5月の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィスビル空室率は、前月比▲0.17ポイントの5.17%と

自然空室率とゾンビオフィスの関係 ~近年の自然空室率の低下は、ゾンビオフィスの復活を示唆している~

自然空室率とゾンビオフィスの関係~近年の自然空室率の低下は、ゾンビオフィスの復活を示唆している~ <要約・概要> 本稿では、オフィス賃料が反転する目安となる空室率の水準である“自然空室率”を定量的に説明する一つのロジックとして、 “ゾンビオフィス”の影響に着目した。 ゾンビオフィスとは、「賃料に関わらずテナントが移転先候補として検討せず、オフィス市場全体の需給バランスに影響しない、競争力を失った賃貸オフィス」として定義できる。ゾンビオフィスの割合が多い市場ほど、自然空室率が高い(実際の空室率が高

2015年4月20日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【特集 地方と東京の創生に向けて-これからの「まち・ひと・しごと」を考える】イノベーションによる地方都市の持続性向上

【特集 地方と東京の創生に向けて-これからの「まち・ひと・しごと」を考える】イノベーションによる地方都市の持続性向上

2015年2月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【アベノミクスを考えるNo.7】地方都市再生(1);若者はどこにいるのか?-“東京一極集中”説に潜む地方創生策の落とし穴

Research Focushttp://www.jri.co.jp≪アベノミクスを考える No.8≫2015 年 2 月 3 日No.2014-49地方都市再生①;若者はどこにいるのか?―“東京一極集中”説に潜む地方創生策の落とし穴―調査部 主任研究員 藤波 匠《要 点》 わが国全体で若い世代が減少傾向にあるなかで、東京への人口の一極集中が、地方都市住民の世代バランスを悪化させ、地方の衰退に拍車をかけているとの見方が浸透しつつある。政府は、そうした見方に基づき、地方創生に向け東京圏への転入超

2015年1月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を

安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を。 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を。安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を。 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそん

2014年11月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地方都市ガス事業天然ガス化促進対策調査(都市ガス安全情報広報事業(都市ガス事故事例の原因等の分析等))に係る調査報告書

平成25年度地方都市ガス事業天然ガス化促進対策調査(都市ガス安全情報広報事業(都市ガス事故事例の原因等の分析等))に係る調査報告書

2014年11月6日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

地方都市における地域公共交通の維持・活性化に関する調査研究

地方都市における地域公共交通の維持・活性化に関する調査研究◆要旨 日本の地方都市においては、公共交通の利用者が減少し、路線廃止が相次いでいる。一方、欧米諸国においては、近年、公共交通の分担率や輸送人員が横ばい若しくは若干増加傾向にあり、特にトラムの路線が拡大している。このような状況を踏まえて、日本の地方都市の公共交通が抱える問題を整理し、そのような問題に関して欧米諸国がどのように対応しているのか、参考となる制度や事例を調査し、取りまとめた。 <在庫有>(重量900g 厚さ29mm) 報告書を郵

2014年9月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ビジネス

東京と地方都市におけるオフィス投資リスクの比較~期待利回りと相反する募集賃料~

東京と地方都市におけるオフィス投資リスクの比較~期待利回りと相反する募集賃料~ | ニッセイ基礎研究所 東京と地方都市におけるオフィス投資リスクの比較~期待利回りと相反する募集賃料~ 金融研究部 主任研究員 増宮 守基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 国内のオフィス投資市場では、東京都心の物件が最も高額で、地方都市との差が大きい。その理由としては、東京の高い賃料水

地方都市における分譲マンションの供給動向 ~首都圏・近畿圏以外の地域における供給動向の分析~

地方都市における分譲マンションの供給動向 ~首都圏・近畿圏以外の地域における供給動向の分析~

2014年2月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度 地方都市ガス事業天然ガス化促進対策調査(都市ガス安全情報広報事業(都市ガス事故事例の原因等の分析等))に係る調査報告書

平成24年度 地方都市ガス事業天然ガス化促進対策調査(都市ガス安全情報広報事業(都市ガス事故事例の原因等の分析等))に係る調査報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度地方都市ガス事業天然ガス化促進対策調査委託費,都市ガス安全情報広報事業,防災支援情報の整備,事業報告書

平成23年度地方都市ガス事業天然ガス化促進対策調査委託費,都市ガス安全情報広報事業,防災支援情報の整備,事業報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度地方都市ガス事業天然ガス化促進対策調査委託費,都市ガス安全情報広報事業,需要家等に対する広報、平成23年度都市ガス安全情報広報事業に関する事業報告書

平成23年度地方都市ガス事業天然ガス化促進対策調査委託費,都市ガス安全情報広報事業,需要家等に対する広報、平成23年度都市ガス安全情報広報事業に関する事業報告書

2012年1月12日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2011年11月インターネット業界採用動向

[] <要旨> 年末を前に、業界内における人材獲得競争はさらに激化しています。年内の採用目標人数を掲げて積極的に活動を展開する企業のほか、選考ハードルの引き下げやポテンシャル枠の新設といった方法で採用枠を拡大する企業も見られました。採用のスピードアップを図ることで他社との競争を制しようとする動きも活発化し、面接回数を減らすだけでなく選考結果を即日伝えるなど様々な施策が登場しています。また、地方勤務の求人増加も顕著でした。WEB事業の急速な拡大や他者との採用競争によって人員の確保が難しいと感じた企

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ