調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 地熱発電所

「地熱発電所」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年(1月~12月)九州の工場立地動向調査(速報)

平成25年(1月〜12月)九州の工場立地動向調査(速報)を公表します〜九州の立地件数・立地面積 ともに増加〜 平成25年の九州の工場立地件数は333件、前年の167件に比べて約2倍の増加、立地面積は 1,802.0ha、前年の 657.8haに比べて約2.7倍の増加となりました。 <主な要因>太陽光発電を目的とした電気業の立地件数の急激な増加件数:前年77件 → 今期261件(全国に占める割合 25.0%)面積:前年 562.4ha → 今期 1,668.0ha( 同上 25.8% )なお、電気

2013年11月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年上期(1月~6月期)工場立地動向調査結果(速報) 九州版

平成25年上期(1月〜6月)九州の工場立地動向調査(速報)を公表します〜九州の立地件数・立地面積 ともに増加〜 平成25年上期(1月〜6月)の九州の工場立地件数は132件、前年同期に比べ78件の増加(144.4%増)、立地面積は571ha、前年同期に比べ496haの増加(660.3%増)となりました。<主な要因>・電気業の立地件数の急激な増加件数:前年同期4件 → 今期 101件(全国に占める割合 23.5%)面積:前年同期 15ha → 今期 489ha( 同上 21.9%)なお、電気業を除い

地熱発電の現状と拡大に向けた課題

〈レポート〉農林水産業地熱発電の現状と拡大に向けた課題基礎研究部長 清水徹朗1  地熱発電の仕組み用した水蒸気は空気中で冷やされて水になる地球の内部には高温のマントルがあり、場が、この水は大部分が地下に再び戻される。所によってはその熱がマグマとして地表近くなお、温度・圧力が低く十分な水蒸気が得まで達し、時には火山として噴出することもられない場合でも、熱水によって沸点が低いある。この地中に存在する熱が「地熱」であ熱媒体(アンモニア等)を沸騰させてタービンり、地球内部における核分裂によってその熱を回

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ