調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 地球温暖化

「地球温暖化」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月22日農林水産省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年地球温暖化影響調査レポート

平成27年地球温暖化影響調査レポート

2016年4月7日みずほ情報総研★フィードバック数:0ライフスタイル

節電に対する生活者の行動・意識に関する調査

年代が下がるにつれ節電行動、情報収集も低下、20-30代の46%は情報を読まない節電に対する生活者の行動・意識に関する調査を発表2016年3月29日 みずほ情報総研株式会社 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤順一)は、2015年10月10日~10月12日の期間、東京電力管内の20歳以上の男女(953名)を対象に「節電に対する生活者の行動・意識に関する調査」を実施し、東日本大震災以降の節電に関する生活者の考え方について、調査結果をレポートとしてまとめましたのでご案内

2015年6月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化問題等対策調査事業(バーゼル法関連事前相談等業務)相談実績等年次報告書

平成26年度地球温暖化問題等対策調査事業(バーゼル法関連事前相談等業務)相談実績等年次報告書

2015年6月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化問題等対策調査委託費(アジアにおけるリサイクル法制度及びリサイクルビジネスの現状等に関する調査)報告書

平成26年度地球温暖化問題等対策調査委託費(アジアにおけるリサイクル法制度及びリサイクルビジネスの現状等に関する調査)報告書

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化問題等対策調査(低炭素社会実行計画の策定業種拡大に向けた分析等事業)

平成26年度地球温暖化問題等対策調査(低炭素社会実行計画の策定業種拡大に向けた分析等事業)

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化問題等対策調査(資源循環高度化・効率化事業)報告書

平成26年度地球温暖化問題等対策調査(資源循環高度化・効率化事業)報告書

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化問題等対策調査報告書(地球温暖化問題を巡る国際動向調査(気候変動枠組条約(UNFCCC)))調査報告書

平成26年度地球温暖化問題等対策調査報告書(地球温暖化問題を巡る国際動向調査(気候変動枠組条約(UNFCCC)))調査報告書

2015年4月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化問題等対策調査報告書(将来枠組みにおける各国取組の評価指標に関する調査)報告書

平成26年度地球温暖化問題等対策調査報告書(将来枠組みにおける各国取組の評価指標に関する調査)報告書

2015年4月14日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

CO2削減のための政策手段

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 CO2削減のための政策手段大幅な削減ポテンシャルを持つCCSの導入を促す政策 ◆地球温暖化を防止するためには、CO2排出量の削減ポテンシャルが大きい安価な削減技術の選択と削減技術を促進するための地球温暖化防止政策に戦略的に取り組んでいくことが重要と考えられる。本稿では、二酸化炭素回収貯留技術(CCS)について、実用化に向けた動向を概観した上で、CCSの導入を促す政策について考える。◆EOR(石油増進回

2015年3月22日気象庁★フィードバック数:0社会/政治

気象庁のレポートです。

異常気象レポート2014

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 「異常気象レポート2014」の公表について報道発表日概要「異常気象レポート2014」を気象庁ホームページにて公表します。本文気象庁では、国内外の関係機関と協力しながら、異常気象や地球温暖化などの気候変動の観測・監視を行い、そのデータを分析するとともに将来変化の予測を行っています。また、地球温暖化問題などに対する関係機関の施策への活用や、国民一人ひとりの地球環境問題に関する理解に役立てることを目的として、これらを取りまとめた「異常気象レポート 近年

2015年3月6日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地球温暖化対策の経済効率的なシナリオ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地球温暖化対策の経済効率的なシナリオCO2削減の鍵を握るCCSと森林吸収 ◆地球温暖化の進行が自然災害などの大きな経済損失に結び付いていると考えられている。現政策のままで地球温暖化が進んだ場合、世界平均地上気温が約2℃上昇することが予測される2050年頃の経済損失(割引前)は272~4,516十億ドルと推計される。将来損失額には大きな幅があるが、この範囲よりも大きくなる可能性が高い上、この規模の経済損

2015年1月30日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温暖化、温室効果ガスについてのレポートです。

国際環境協力で進める地球温暖化対策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 国際環境協力で進める地球温暖化対策環境エネルギー技術で地球全体のGHG排出量削減に貢献 ◆ベースラインシナリオでは、世界全体の温室効果ガス(GHG)の排出量は燃料燃焼等起源の二酸化炭素の増加によって今後も大きく増加していくことが予測されている。地球温暖化をこのまま放置すれば、我々の日常生活や経済活動の広い範囲が不可逆的で非常に厳しい状況に陥る可能性があると指摘されている。日本も世界で5番目にGHG排出

コスト観点での分析です。

電源別発電コストの最新推計と電源代替の費用便益分析

2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析2016年09月30日1.5℃目標に関する分析・評価2016年03月02日日本のエネルギーミックスと約束草案、長期目標の評価2015年11月16日約束草案の排出削減努力の評価と世界排出量の見通し2015年04月22日気候感度の最新知見からの2℃目標と排出経路との関係、その約束草案への含…

世界主要国のエネルギー効率ランキング報告の検証-ACEEE報告の解釈について-

2017年05月18日地球温暖化対策技術の分析・評価に関する国際連携事業(通称:ALPSⅡ)2017年02月09日日本鉄鋼部門のCO2原単位推移に関する要因分析2016年09月30日1.5℃目標に関する分析・評価2016年03月02日日本のエネルギーミックスと約束草案、長期目標の評価2015年11月16日約束草案の排出削減努力の評価と世界排出量の見通し2015年04月22日気候感度の最新知見からの2℃目標と排出経路との関係、その約束草案への含…

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(地球温暖化問題を巡る国際動向調査(気候変動枠組条約(UNFCCC)))調査報告書

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(地球温暖化問題を巡る国際動向調査(気候変動枠組条約(UNFCCC)))調査報告書

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(プレッジ&レビュー型の将来枠組みの効果及び実現可能性の評価)報告書

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(プレッジ&レビュー型の将来枠組みの効果及び実現可能性の評価)報告書

2014年8月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度環境問題対策調査等委託費地球温暖化問題を巡る国際動向調査(温暖化抑制に係わる取り組み指針の科学的根拠について)

平成25年度環境問題対策調査等委託費地球温暖化問題を巡る国際動向調査(温暖化抑制に係わる取り組み指針の科学的根拠について)

2014年7月25日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球温暖化問題等対策調査事業(バーゼル法関連事前相談等業務)報告書

平成25年度地球温暖化問題等対策調査事業(バーゼル法関連事前相談等業務)報告書

2014年7月25日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(環境報告書の効果的な情報発信に関する調査事業)報告書

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(環境報告書の効果的な情報発信に関する調査事業)報告書

2014年7月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 地球温暖化問題等対策調査(地域循環圏形成促進等基礎調査事業)報告書

平成25年度 地球温暖化問題等対策調査(地域循環圏形成促進等基礎調査事業)報告書

2014年6月15日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(資源有効利用促進法施行状況調査)報告書

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(資源有効利用促進法施行状況調査)報告書

2014年5月23日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(産業界の自主行動計画に基づく取組の総括的な評価・分析等事業)報告書

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(産業界の自主行動計画に基づく取組の総括的な評価・分析等事業)報告書

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(環境情報を始めとする非財務情報に係る国際的な企業評価基準に関する調査事業)報告書

平成25年度地球温暖化問題等対策調査(環境情報を始めとする非財務情報に係る国際的な企業評価基準に関する調査事業)報告書

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度地球温暖化問題等対策調査(レアメタルリサイクル推進事業)報告書

平成24年度地球温暖化問題等対策調査(レアメタルリサイクル推進事業)報告書

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度地球温暖化問題等対策調査 (新クレジット制度の構築に係る調査業務) 報告書

平成24年度地球温暖化問題等対策調査 (新クレジット制度の構築に係る調査業務) 報告書

2014年3月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度環境問題対策調査等委託費(地球温暖化問題を巡る国際動向調査)調査報告書

平成24年度環境問題対策調査等委託費(地球温暖化問題を巡る国際動向調査)調査報告書

2014年3月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度地球温暖化問題等対策調査事業(バーゼル条約に基づく有害廃棄物の適正な輸入のための制度調査事業)報告書

平成24年度地球温暖化問題等対策調査事業(バーゼル条約に基づく有害廃棄物の適正な輸入のための制度調査事業)報告書

2014年3月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度地球温暖化問題等対策調査事業(バーゼル法関連事前相談等業務) 報告書

平成24年度地球温暖化問題等対策調査事業(バーゼル法関連事前相談等業務) 報告書

2013年12月23日気象庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「海洋の健康診断表」 総合診断表 第2版

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 「海洋の健康診断表」 総合診断表 第2版の公表について 報道発表日概要地球温暖化など地球環境に密接に関連した海洋の諸現象を詳細に分析した「海洋の健康診断表」の総合診断表について、海洋の二酸化炭素に関する最新の知見などをより一層充実させ、第2版として公表します。 本文地球温暖化や数か月~数年スケールの気候には、海洋が密接に関係しています。気象庁では、このような地球環境と海洋の関係について総合的、体系的に理解を深めていただくため、海洋の状態が長期的

2013年11月10日気象庁フィードバック数:0社会/政治

全球の海洋による二酸化炭素吸収量に関する情報提供の開始について

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 全球の海洋による二酸化炭素吸収量に関する情報提供の開始について 報道発表日概要海洋による二酸化炭素の吸収量の変化は、大気中の二酸化炭素の増加量に影響を与えることから、地球温暖化や海洋酸性化などの地球環境の監視・予測に重要です。このため、気象庁は、全球の海洋による二酸化炭素の吸収量について、国内で初めて定期的な情報提供を開始しました。今回の解析により、海洋による二酸化炭素の吸収量は、1年あたり19億トン炭素(1990~2011年の平均)で、近年増

2013年10月24日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度地球温暖化問題等対策調査(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度効率化検討事業)報告書

平成24年度地球温暖化問題等対策調査(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度効率化検討事業)報告書

2013年10月1日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

IPCCが6年ぶりに報告書を公表

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月27日、スウェーデンのストックホルムにおいて、IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)から、地球温暖化に関する「第5次評価報告書 第1作業部会報告書(自然科学的根拠)」が公表された。報告書によれば、地球温暖化の原因は人間活動の可能性が極めて高く、今世紀末に気温は最高で4.8度高く、海面水位は最大で82センチ上昇するとしている(図表)。本報告書は、国際機関や各国の環境・エネルギー政策決定者が政策

2013年9月6日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温暖化についての意識調査です。

地球温暖化影響に関するアンケート調査

地球温暖化影響に関するアンケート調査調査の背景と目的気候変動に関する政府間パネル(IPCC)*1 では、2013年9月から2014年にかけて第5次評価報告書(AR5)を公表予定であり、地球温暖化影響についての最新情報が整理・提供される見込み。地球温暖化対策は社会の大きな変革を必要としており、その推進のためには地球温暖化の影響について国民各層の適切な理解を促し、国の温暖化政策への受容性を高めることが不可欠と考えられる。国民に対して地球温暖化の影響についての効果的な情報提供を行うには、国民の関心度や

2013年9月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度地球温暖化問題等対策調査(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度の電子化に係る制度面での課題の整理及び類似制度等との連携の可能性調査)報告書

平成24年度地球温暖化問題等対策調査(温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度の電子化に係る制度面での課題の整理及び類似制度等との連携の可能性調査)報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:8製造業/エレクトロニクス

平成23年度地球温暖化問題等対策調査事業(平成23年度海外の環境汚染・環境規制・環境産業の動向に関する調査報告書)

平成23年度地球温暖化問題等対策調査事業(平成23年度海外の環境汚染・環境規制・環境産業の動向に関する調査報告書)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度地球温暖化問題等対策調査(社会参加型のニューグリーンプロダクト創出に向けた調査事業)報告書

平成23年度地球温暖化問題等対策調査(社会参加型のニューグリーンプロダクト創出に向けた調査事業)報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度環境問題対策調査等委託費(環境報告書及び地球温暖化防止の環境配慮活動活性化に向けた情報発信に関する調査事業)報告書

平成23年度環境問題対策調査等委託費(環境報告書及び地球温暖化防止の環境配慮活動活性化に向けた情報発信に関する調査事業)報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度 地球温暖化問題対策調査(排出削減対策の削減効果評価事業)報告書

平成23年度 地球温暖化問題対策調査(排出削減対策の削減効果評価事業)報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度地球温暖化問題等対策調査(レアメタルリサイクル実態調査) 報告書

平成23年度地球温暖化問題等対策調査(レアメタルリサイクル実態調査) 報告書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度地球温暖化問題等対策調査事業(バーゼル法関連事前相談等業務)に関する委託契約書

平成23年度地球温暖化問題等対策調査事業(バーゼル法関連事前相談等業務)に関する委託契約書

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度地球温暖化問題等対策調査(リサイクルによる資源の国内循環の拡大に係る基礎調査事業) 報告書

平成23年度地球温暖化問題等対策調査(リサイクルによる資源の国内循環の拡大に係る基礎調査事業) 報告書

2013年7月18日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度地球温暖化問題等対策調査(環境報告書及び地球温暖化防止の環境配慮活動活性化に向けた情報発信に関する調査事業)報告書

Acrobat X または Adobe Reader X 以降でこの PDFポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード!

2013年2月25日環境省★フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

エネルギー関連に期待が集まっているようです。

平成24年12月環境経済観測調査

平成24年12月環境経済観測調査について(お知らせ)環境省では、平成22年12月から半年ごとに実施している「環境経済観測調査」について、平成24年12月調査の結果をとりまとめました。調査結果によれば、前回の平成24年6月調査と比べほぼ横ばいですが、(環境ビジネス:今回9・前回10、全ビジネス:今回-9)また、前回調査同様、先行きについては、半年先、10年先ともに引き続き改善するとの見通しを維持しており、環境ビジネスの4大項目の中では、「地球温暖化対策」分野の業況DIが、全体を牽引、特にエネルギー

2009年1月19日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省による企業の調査です。

「環境にやさしい企業行動調査」の結果について

「環境にやさしい企業行動調査」の結果について(お知らせ) 環境省では、平成3年度から継続して実施している「環境にやさしい企業行動調査」の、平成19年度の調査結果を取りまとめました。この結果によると、環境に関する経営方針の制定やグリーン購入の取組は70%以上の企業で行われているなど、引き続き高い割合となっており、企業等の自主的、積極的な環境への取組が定着してきている一方、環境報告書の作成は約35%、環境会計の導入は約30%の企業で実施しているものの前年度調査より若干減少しており、こうした取組の拡大

2008年7月22日マイボイスコムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ地球温暖化に対して危機感を感じている人は88.4% 期待する地球温暖化防止策のトップは「太陽光発電などの自然エネルギーの一般家庭普及」で70.7% 【調査対象】 「MyVoice」のアンケートモニター【調査方法】 インターネット調査(ネットリサーチ)【調査時期】 2008年6月1日〜6月5日【調査機関】 マイボイスコム株式会社【回答者数】 13,867名 地球温暖化に対する危機感〔あなたは地球温暖化にどのくらい危機感を感じてい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ