「地金消費」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

銅需給、2015年の供給過剰は下方修正、2016年も供給過剰

銅需給、2015年の供給過剰は下方修正、2016年も供給過剰―2015年春季国際銅研究会(ICSG)需給予測―  2015年4月23日と24 日の2日間にわたって、リスボンにて国際銅研究会(ICSG)※の春季定期会合が開催された。参加者は、ICSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約70名。23日に開催された統計委員会では、2015年と2016年の銅需給バランスに関して、加盟国から提出された数値をもとに、専門家及び各国参加者らで検証が行われた。本稿では、統計委員会において議論された銅需給見通し

市場データです。

鉛・亜鉛の需給動向

平成26年度第11回金属資源関連成果発表会鉛・亜鉛の需給動向調査部 金属資源調査課畝井 杏菜unei-anna@jogmec.go.jp2015/2/25鉛価格と亜鉛価格は僅差で推移過去10年分の鉛・亜鉛 LME価格(spot)価格(US$/t)鉛・亜鉛価格の差が縮まったLME: London Metal Exchange(ロンドン金属取引所)2015/2/252鉛の需給動向1.2.3.4.5.LME価格・在庫のトレンド生産国分布(鉱石、地金)鉱山生産量需給バランス2014年鉛市場動向自動車用バ

市場データです。

ILZSG鉛亜鉛需給予測、供給不足継続も2015年不足幅縮小

ILZSG鉛亜鉛需給予測、供給不足継続も2015年不足幅縮小 -2014年秋季国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)報告(1)-  2014年10月16〜17日、リスボンにて、国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)の秋季定期会合が開催された。ILZSGは、1959年に国際連合により発足された国際機関で、現在はリスボンに事務局を置いている。鉛・亜鉛市場における透明性確立を目的とし、需給調査や経済動向など鉛・亜鉛市場に影響を与える分野の情報収集、分析、統計を行っており、春季、秋季の年2回定期会合を開催している。今

市場データです。

銅需給、2015年は5年ぶりの供給過剰に転じる-2014年秋季国際銅研究会(ICSG)需給予測-

銅需給、2015年は5年ぶりの供給過剰に転じる -2014年秋季国際銅研究会(ICSG)需給予測-  2014 年10月13日と14 日の2日間にわたって、リスボンにて国際銅研究会(ICSG)*の秋季定期会合が開催された。参加者は、ICSG加盟国や産業団体、企業、専門家等の約50名。14日に開催された統計委員会では、2013年から2016年までの銅需給バランスに関して、加盟国から提出された数値や中国の保税在庫の変動調整をベースに、専門家及び各国参加者により検証が行われた。本稿では主に2014年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ