「地震災害」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

防災の備えに関する意識調査

防災グッズの備蓄保有率48.8%、エリア別では北海道が53.8%で最多。 ~3.11から丸8年。「防災の備えに関する意識調査」~報道関係各位 プレスリリースソフトブレーン・フィールド株式会社2019年2月22日~3.11から丸8年。「防災の備えに関する意識調査」~[調査結果のポイント] ・現在不安に思っている災害は、「地震・津波」が%で最多。それに次ぐ「豪雨・洪水などの水害」%「暴風・竜巻」%を大きく引き離す。 ・ご自宅周辺の指定避難場所を「知っている」方が%、お住まいの地域の地震ハザードマップ

訪日外国人の調査です。

外国人の行動に関するアンケート"日本で感じた『感動』『残念』"

自主調査レポート当社では1981(昭和56)年から静岡事務所を中心に、東海地震に関する調査に携わってきました。1995(平成7)年の阪神・淡路大震災が発生した際、当社も調査を通じて社会貢献するために、いち早く被災地での自主調査を実施し、その結果は各行政や研究機関、マスコミに高い評価と多くの反響を受けました。 それ以降、数多くの地震災害などに関する調査を実施してきましたが、そのすべてを自主調査として行っています。 災害調査を実施するにあたっての当社の信条は「現地の状況を理解し、被災者の負担を可能な

2014年1月26日日通総合研究所フィードバック数:0ビジネス

企業物流短期動向調査(2013年12月)

研究レポート日通総合研究所が独自に行ってきた調査・分析の研究レポートを公開しています。経済・貨物輸送の見通し本調査は、1974年度の第1回調査以来、40年以上にわたり継続している調査です。文字通り「経済(世界、日本)」と「貨物輸送量(国内貨物、国際貨物)」の動向を調査・分析するとともに、半年から1年程度先の短期的な動向について予測することを目的としております。調査レポートは3月、6月、9月、12月の年4回発表しています。経済予測については多くの調査・研究機関が実施している一方で、本格的に貨物輸送

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ