「地震発生」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年6月2日クックパッドフィードバック数:0ライフスタイル

レシピ検索動向から熊本地震における生活の変化を調査

クックパッド株式会社クックパッド、レシピ検索動向から熊本地震における生活の変化を調査長引く余震の影響から火を使わずに料理できる調理家電に需要「ホットケーキミックス」など、日頃使い慣れた食材が非常時も活躍この度の熊本地震により被災された皆様ならびに、そのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。クックパッド株式会社は、2016年4月14日(木)以降のレシピ検索動向から、被災地域における生活の変化や現地で求められていた情報について分析しました。■地震は避難所だけでなく、熊本県内の自宅で過ごす人々の生

空港の確率論的リスク評価における財務影響分析に関する研究

空港の確率論的リスク評価における財務影響分析に関する研究  「民間の能力を活用した国管理空港等の運営等に関する法律(平成25 年法律第67 号,同年7 月施行)」に基づく「民間の能力を活用した国管理空港等の運営等に関する基本方針」が同年11 月に告示された.同基本方針において,大規模災害からの復旧については,地震,津波等の災害事象及びその損害程度を想定し,国管理空港運営権者が,保険に加入し,実施することとされた.また,想定を超える損害については,必要に応じて,国が実施することとされた.このよ

2014年5月30日沖縄県★フィードバック数:0社会/政治

沖縄県の調査です。

平成25年度沖縄県地震被害想定調査

ここから本文です。更新日:2016年6月8日平成25年度沖縄県地震被害想定調査について 沖縄県では、平成23 年3 月11 日に発生した東日本大震災を踏まえ、最新の科学的知見や情報に基づき、県内における大規模な地震・津波発生に伴う被害想定調査の見直しを実施し、地域の危険性を総合的、科学的に把握するとともに、事前の予防対策や地震発生後の応急活動体制の強化を図るための基礎資料を作成しました。1.調査結果(概要版)2.調査結果3.被害想定(県全体、市町村別)の一覧 PDF形式のファイルをご覧いただく場

2014年5月12日ビッグローブ★フィードバック数:0マーケティング

月例調査です。

BIGLOBEが4月のTwitter利用動向を発表~5月5日早朝、震度5弱の地震でピーク時並みにツイート急増~

プレスルームビッグローブ株式会社ビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:古関 義幸、以下BIGLOBE)は、Twitter利用者向けの情報サイト「ついっぷるトレンド」(注1)において、Twitter上に投稿されたツイートの分析を行い、毎月の話題度ランキングを発表しています。4月の日本の総ツイート数は23億7,784万件となり、3月の25億7,215万件と比べ、92.4%となりました。4月で最もツイート数が多かったのは4月6日で、テレビ番組に関するツイートを中心に、9,269万件

地震予測情報の検証結果

予測対象期間: 2014年6月8日〜2015年4月30日ハザードラボの『SensorNeT ver.1.0』による地震予測情報は、以下の基準に従い予測検証を行っております。 ・当サイトの「地震予測情報」で発表した情報と日本付近で実際に発生したM4.0以上の地震についての対比を行う。・日本付近で発生した地震については気象庁発表の震央データベースを参照。・予測エリアは、予測中心点から半径250キロの円内の範囲とする。・予測情報が実際の地震発生に適合した、すなわち『的中』については、以下の4項目を同時

震災後のメディア利用についての調査結果です。

「東日本大震災 情報行動調査」(速報版)

プレスリリース iSPP 「東日本大震災 情報行動調査」(速報版) 2011年7月26日情報支援プロボノ・プラットフォーム東日本大震災における迅速な復興に寄与することを目指す非営利団体「情報支援プロボノ・プラットフォーム(iSPP)」は、被災地域の住民を対象に、震災発生直後から3 カ月後までの情報行動について調査した「情報行動調査」を実施しました。本調査は、岩手・宮城・福島の東北3 県の被災地域に居住する10 代~60 代の男女を対象に、インターネット経由で7 月初旬~中旬に実施したもので、有

2011年3月25日アイシェアフィードバック数:2社会/政治

備えに関する意識調査

地震後も家族と「万一の時の連絡方法」決めず 備えに関する意識調査地震後も家族と「万一の時の連絡方法」決めず~防災グッズなど「万一の備え」地震前では1割未満東北地方太平洋沖地震の発生から2週間が経った。いまだ余震が続いている状態だが、これらの非常事態について各家庭でどのくらい対策がなされていたのだろうか。現在の対策についても合わせて調査を実施(被災地域を除く)。有効回答者数は男女合計1,733名、調査期間は3月23日から24日。3月10日以前(地震発生以前)に、防災グッズや非常食などの“万一の備え

2011年3月18日マクロミル★フィードバック数:254社会/政治

マクロミルによる「チャリティーアンケート」です。

東北地方太平洋沖地震にともなう生活支援に関するチャリティー・アンケート

東北地方太平洋沖地震にともなう生活支援に関するチャリティー・アンケート 2011年03月17日地震発生以降、特に不足しているものは「ガソリン」「灯油」災害に関するニュースや生活情報の入手は「テレビ」「ラジオ」「パソコン」。「ツイッターなどのSNS」は17%被災地に対して協力していること・協力したいことは「義援金・災害募金」「節電」「買い占め・買いだめを控える」インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国のマクロミルモニタを対象に、「東北地方太平洋沖地震に

2011年3月18日ウェザーニューズ★フィードバック数:5社会/政治

ウェザーニューズによる調査結果です。

速報版:全国3万7千人と記録した「東日本大震災」の実態調査結果

発行日 : 2011年03月18日速報版:全国3万7千人と記録した「東日本大震災」の実態調査結果・津波の警報を知ったのは地震発生後、平均17分・海岸の近くにいた46%の人は津波からの退避行動に移れず・離れた家族や友人と最初に連絡が取れたのは地震発生後、平均3時間3分twitterやmixi等のソーシャルメディアを活用した人の平均は2時間3分・7割以上の人が避難時に近所の人と“連携”※本ニュースリリースは速報版です。詳細調査結果は、4月28日のニュースリリース()をご覧ください。3月11日、日本は

2009年9月1日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

地震の備えに関する調査

2009年08月28日地震発生時に持って逃げるもの、1位「携帯電話」 2位「財布」 3位「通帳・印鑑」8割が、地震直後に「テレビ速報を見る」。 10代は「携帯電話で情報収集」が3割弱。約半数は地震に対して‘備え’あり。「懐中電灯・非常灯」「非常持ち出し袋」を準備。株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国の15才以上の男女を対象に、「地震の備えに関する調査」を実施いたしました。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間2009年8月24日(月)~8月25日(火)。有効回答は5

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ