「執筆者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月11日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第752号

第1部 対外・対内直接投資 2.対外・対内直接投資(フロー・地域別かつ業種別)第2部 対外・対内証券投資第3部 発行市場の概要統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入による。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2015年5月28日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第751号

第1部 国庫収支第2部 国庫資金繰り第3部 資金需給第4部 その他統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字※計数について,単位未満は四捨五入してあり,計においては一致しない場合がある。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2015年5月28日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第750号

累年比較平成25年度統計表 2.業種別,規模別資産・負債・純資産及び損益表(参考)統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入による。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2015年4月12日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第748号<関税特集>

第1部 関税統計6. もどし税額/MS-Excel(1) 総括(2) 輸出貨物製造用原料品もどし税額第2部 貿易統計 8. 主要地域(国)別及び主要商品別輸出入額第3部 その他事務統計統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は, 特に説明のない限り, 原則として四捨五入による。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2015年3月29日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第747号

第1部総括第2部 原資第3部 運用第4部 金利・その他 24.財政融資(資金運用部)資金預託及び貸付金利の推移統計表中に使用した符号:0=単位未満 ―=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入によっているので,端数において合計とは合致しないものがある。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2015年3月4日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 362号(平成27年3月2日)

立法と調査 362号(平成27年3月2日)特集:予算・税制※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 予算・税制自由論文等環境関連の国際協力に係る政府支出の現状 -環境問題をめぐる国際的動向と支援実績- (PDF file 829KB)<おことわり> 論文等において、意見にわたる部分はであり、執筆者の所属する室・組織の公式的な見解を示すものではありません。なお、執筆者の肩書は、執筆当時のものです。PDFファイルには一部機種依存文字が含まれております。

2015年2月3日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 361号(平成27年2月2日)

立法と調査 361号(平成27年2月2日)特集:決算※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 決算自由論文等原子力損害補完的補償条約(CSC)締結について -法制的課題に対する国会論議からの回答- (PDF file 479KB)「武器輸出三原則等」の見直しと新たな「防衛装備移転三原則」 (PDF file 1,029KB)原子力損害賠償法の見直しに向けた課題 -これからの原子力損害賠償制度を考える- (PDF file 1,170KB)開発協力大綱の意義と課題 -ODA6

2015年1月15日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 360号(平成27年1月14日)

立法と調査 360号(平成27年1月14日)特集:政策課題※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点政策課題パーソナルデータの利活用と個人情報保護法改正 (PDF file 406KB)株式上場に向けた郵政事業の課題 -ユニバーサルサービスの確保、経営基盤の強化等の調和- (PDF file 1,849KB)民法(債権関係)の改正 -要綱仮案が決定、通常国会にも法案提出の可能性- (PDF file 415KB)2015年の国際情勢と我が国の外交・防衛政策 -安全保障法制の整備と

2014年12月10日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 359号(平成26年12月9日)

立法と調査 359号(平成26年12月9日)特集:第187回国会の論議の焦点※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 第187回国会の論議の焦点女性の活躍推進による経済の成長 -女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案- (PDF file 555KB)広島市の土砂災害を受けた土砂災害防止法の改正 -今後の土砂災害対策の推進に当たっての留意点- (PDF file 995KB)中間貯蔵施設の供用開始に向けた政府方針の法制化 -日本環境安全事業株式会社法改正案- (PD

2014年10月2日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 357号(平成26年10月1日)

立法と調査 357号(平成26年10月1日)特集:第186回国会の論議の焦点(3)※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 第186回国会の論議の焦点(3)独立行政法人制度改革 -独立行政法人通則法改正法、同整備法の成立- (PDF file 520KB)少年審判手続及び科刑の適正化を目指して -少年法の一部を改正する法律- (PDF file 447KB)真に児童の権利の保護に必要な規制を目指して -児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部

2014年7月3日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 354号(平成26年7月1日)

立法と調査 354号(平成26年7月1日)自由論文等※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点自由論文等法律のラウンジ<おことわり> 論文等において、意見にわたる部分はであり、執筆者の所属する室・組織の公式的な見解を示すものではありません。なお、執筆者の肩書は、執筆当時のものです。PDFファイルには一部機種依存文字が含まれております。

2014年7月1日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

性別職域分離と女性の賃金・昇進

ノンテクニカルサマリー 性別職域分離と女性の賃金・昇進 橋本 由紀 (九州大学) 佐藤 香織 (東京大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度) 「

2014年6月3日参議院★フィードバック数:0社会/政治

震災復興特集です。

立法と調査 353号(平成26年6月2日)

立法と調査 353号(平成26年6月2日)特集:震災復興の加速化に向けて 現状と今後の課題※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 震災復興の加速化に向けて 現状と今後の課題自由論文等国会キーワード<おことわり> 論文等において、意見にわたる部分はであり、執筆者の所属する室・組織の公式的な見解を示すものではありません。なお、執筆者の肩書は、執筆当時のものです。PDFファイルには一部機種依存文字が含まれております。

2014年4月17日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第739号

第1部 国際収支統計第2部 地域別国際収支統計第3部 対外の貸借第4部 その他第5部 主要国の国際収支統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入による。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2014年3月17日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAのまとめです。

2014年版 情報セキュリティ10大脅威

2014年版 情報セキュリティ10大脅威複雑化する情報セキュリティ あなたが直面しているのは? 本資料は、情報セキュリティ分野の研究者、企業などの実務担当者など117名から構成される「10大脅威執筆者会」メンバーの審議・投票によってトップ10を選出し、各脅威についてメンバーの知見や意見を集めて解説したものです。資料は、下記の3章構成となっています。 第1章 セキュリティ脅威の分類と傾向攻撃者の意図・被害者の特性等で脅威を分類し、脅威が高まる社会的背景等を解説しています。第2章 2014年版10大

2013年4月22日日本銀行フィードバック数:4大型消費/投資

家計の危険資産保有の決定要因について:逐次クロスセクション・データを用いた分析

家計の危険資産保有の決定要因について:逐次クロスセクション・データを用いた分析塩路 悦朗、平形 尚久、藤木 裕 本稿の目的はわが国家計の危険資産保有の決定要因を分析することである。Fujiki, Hirakata, and Shioji [2012]は、2007~10年の家計のサーベイ・データを用いて、金融資産残高は株式保有の有無に対して有意に正の影響を与える、年齢は株式保有の金額比率に対して有意に正の影響を与えるとの推計結果を得た。本稿は1991年以後のデータを用いて分析を行うことにより、同論

2013年3月12日IPA★フィードバック数:73セキュリティ/ネットワーク

IPAによる資料です。

2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威

「2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威」を公開 独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 本資料は、情報セキュリティ分野の研究者、企業などの実務担当者など117名から構成される「10大脅威執筆者会」メンバーの知見や意見を集めながら、近年の情報システムを取り巻く脅威について解説しています。資料は、下記の3章構成となっています。 第1章 情報セキュリティの変遷1章では、情報セキュリティの変遷として、情報セキュリティが定着してきた2001年から2012年までのセキュリティ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ