「執筆者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月15日ITR★★フィードバック数:0マーケティング

ITR注目トレンド2018

講演資料ITR注目トレンド2018執筆者: ITR | 発行号: 2017-10デジタライゼーションによって、あらゆる産業界においてビジネスの価値観が変わり、デジタル技術を前提としたビジネスモデルが浸透しつつある。将来のトレンドを見据えてビジネスに貢献するIT戦略を推進することは、多くの企業においてますます重要な課題となっている。こうした背景から、ITRでは12のIT戦略テーマならびにその将来予測をまとめた。ダウンロード

2015年6月23日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

COP21に向けた地球温暖化対策(その1)

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資COP21に向けた地球温暖化対策(その1) ここから本文ですCOP21に向けた地球温暖化対策(その1)排出削減目標に貢献する森林吸収源対策サマリー◆我が国の地球温暖化対策としては排出削減策が最も重要だが、京都メカニズムクレジットと同様に経済と両立する実効性のある排出削減策を実施することは容易ではない。一方、自国の森林等を整備する吸収源対策は排出削減策を補完するものだが、一般に費用対効果が高く、多額の資金拠出を避けることができる効率的な対策とされてい

2015年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 内需が主役の景気回復

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 内需が主役の景気回復 ここから本文です欧州経済見通し 内需が主役の景気回復デフレ懸念は後退したが、インフレ懸念にはまだ早いサマリー◆ユーロ圏の2015年1-3月期のGDP成長率は、前期比+0.4%の堅調な伸びとなった。個人消費(同+0.5%)のみならず、固定資本形成(同+0.8%)と政府消費(同+0.6%)も成長に貢献した。消費回復には原油安効果に加えて、就業者増と賃金上昇率の加速も追い風となっている。なお、4月以降の消費者信頼感は改善が頭打ちと

2015年6月11日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第752号

第1部 対外・対内直接投資 2.対外・対内直接投資(フロー・地域別かつ業種別)第2部 対外・対内証券投資第3部 発行市場の概要統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入による。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は? ここから本文です日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?調査本部 常務執行役員 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 久後 翔太郎 サマリー◆7年10ヶ月振りの円安が日本経済に与える影響は?:為替市場で円安が加速している。5月26日の外国為替市場において、円相場は対ドルで7年10ヶ月ぶりの安値をつけた。本稿では、最

2015年5月28日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第751号

第1部 国庫収支第2部 国庫資金繰り第3部 資金需給第4部 その他統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字※計数について,単位未満は四捨五入してあり,計においては一致しない場合がある。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2015年5月28日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第750号

累年比較平成25年度統計表 2.業種別,規模別資産・負債・純資産及び損益表(参考)統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入による。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

世界経済のリスク要因

トップレポート・コラム経済分析日本世界経済のリスク要因 ここから本文です世界経済のリスク要因サマリーIMFは4月の世界経済見通しで、世界経済の成長率は2015年に加速するとし、先進国では日本とユーロ圏の成長率を1月の見通しから上方修正した。一方、新興国の成長率については2015年も低下するとし、2011年から5年連続となる減速を予想している。日本とユーロ圏の成長加速要因は、主に原油価格下落と為替レートの減価によるものだが、それらは世界経済にとってのリスク要因としても位置付けられている。原油価格の

2015年4月12日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第748号<関税特集>

第1部 関税統計6. もどし税額/MS-Excel(1) 総括(2) 輸出貨物製造用原料品もどし税額第2部 貿易統計 8. 主要地域(国)別及び主要商品別輸出入額第3部 その他事務統計統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は, 特に説明のない限り, 原則として四捨五入による。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2015年3月31日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

EUの気候変動対策

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資EUの気候変動対策 ここから本文ですEUの気候変動対策COP21に向け、提出された約束草案と日本への示唆サマリー◆本年末のCOP21に向けて、各国は2020年以降の気候変動対策案(約束草案)の提出が求められている。EUは3月6日に約束草案を提出し、米国や中国も早期に提出するとしている。日本でも早期提出に向けての議論が進められている。◆約束草案の提出で先行したEUでは、温室効果ガス排出量が2012年に1990年比▲19%となり、2020年目標(▲20

2015年3月29日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第747号

第1部総括第2部 原資第3部 運用第4部 金利・その他 24.財政融資(資金運用部)資金預託及び貸付金利の推移統計表中に使用した符号:0=単位未満 ―=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入によっているので,端数において合計とは合致しないものがある。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2015年3月6日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地球温暖化対策の経済効率的なシナリオ

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資地球温暖化対策の経済効率的なシナリオ ここから本文です地球温暖化対策の経済効率的なシナリオCO2削減の鍵を握るCCSと森林吸収サマリー◆地球温暖化の進行が自然災害などの大きな経済損失に結び付いていると考えられている。現政策のままで地球温暖化が進んだ場合、世界平均地上気温が約2℃上昇することが予測される2050年頃の経済損失(割引前)は272~4,516十億ドルと推計される。将来損失額には大きな幅があるが、この範囲よりも大きくなる可能性が高い上、この

2015年3月4日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 362号(平成27年3月2日)

立法と調査 362号(平成27年3月2日)特集:予算・税制※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 予算・税制自由論文等環境関連の国際協力に係る政府支出の現状 -環境問題をめぐる国際的動向と支援実績- (PDF file 829KB)<おことわり> 論文等において、意見にわたる部分はであり、執筆者の所属する室・組織の公式的な見解を示すものではありません。なお、執筆者の肩書は、執筆当時のものです。PDFファイルには一部機種依存文字が含まれております。

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル

2015年度介護報酬改定と介護費用の中長期見通し

トップレポート・コラム政策分析社会保障2015年度介護報酬改定と介護費用の中長期見通し ここから本文です2015年度介護報酬改定と介護費用の中長期見通し社会保障・税一体改革からさらに踏み込んだ議論をサマリー◆政府は2015年度の介護報酬を2.27%引き下げることを決めた。介護報酬は、①中重度の要介護者や認知症高齢者への対応の更なる強化、②介護人材確保対策の推進、③サービス評価の適正化と効率的なサービス提供体制の構築、という3つの基本的な考え方に立って改定された。◆少子高齢化を背景に制度の支え手の

2015年2月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

整備新幹線の今後の展開と意義

トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済整備新幹線の今後の展開と意義 ここから本文です整備新幹線の今後の展開と意義北陸新幹線、北海道新幹線前倒し、リニア中央新幹線建設開始サマリー◆北陸新幹線が3月14日に金沢まで開業する。そして、来年(2016年)3月には北海道新幹線が新函館北斗まで開業予定である。さらに、北陸新幹線は敦賀までの延伸、北海道新幹線は札幌までの延伸、九州新幹線は長崎ルートの武雄温泉-長崎間の開業について前倒しが決定した。さらに超電導リニア中央新幹線は、2027年の東京-名古

2015年2月3日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 361号(平成27年2月2日)

立法と調査 361号(平成27年2月2日)特集:決算※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 決算自由論文等原子力損害補完的補償条約(CSC)締結について -法制的課題に対する国会論議からの回答- (PDF file 479KB)「武器輸出三原則等」の見直しと新たな「防衛装備移転三原則」 (PDF file 1,029KB)原子力損害賠償法の見直しに向けた課題 -これからの原子力損害賠償制度を考える- (PDF file 1,170KB)開発協力大綱の意義と課題 -ODA6

2015年1月29日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「ロボット新戦略」にみるプライバシーとセキュリティ

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資「ロボット新戦略」にみるプライバシーとセキュリティ ここから本文です「ロボット新戦略」にみるプライバシーとセキュリティサマリー◆2015年1月23日に公表された「ロボット新戦略」では、三つの柱「世界のロボットイノベーション拠点」、「世界一のロボット利活用社会」、「世界をリードするロボット新時代への戦略」と、五カ年のアクションプランなどが提示された。新市場として期待の大きいサービス分野、介護・医療分野でのロボット活用は、多様な環境(工場のようなロボッ

2015年1月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

金融緩和の強化を促す逆オイルショック

トップレポート・コラム経済分析日本金融緩和の強化を促す逆オイルショック ここから本文です金融緩和の強化を促す逆オイルショックサマリー逆オイルショックを生んだ原油の供給過剰は、米国のシェールオイル増産、リビア、イラクの生産回復、OPECの減産回避など供給側の要因が大きいが、需要側にもユーロ圏の停滞、中国経済の減速などといった要因がある。原油価格の下落がシェールオイルの投資計画を減少させ、最終的に産出量の調整に至る可能性が高いと思われるが、同時に採掘コストも低下しており先行きは不透明である。他方、デ

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:成長率低下は当たり前

トップレポート・コラム経済分析中国中国:成長率低下は当たり前 ここから本文です中国:成長率低下は当たり前2014年は7.4%成長。安定した雇用の維持のため景気下支え策を継続サマリー◆国家統計局によると、2014年の中国の実質GDP成長率は前年比7.4%と、2012年、2013年の同7.7%から減速した。一般には低成長への懸念が強調されるが、中国の産業構造はサービス化が進展しつつあること(高成長期から安定成長期へ移行)などから、成長率が徐々に低下していくのは自然である。◆2015年の消費のポイント

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する ここから本文です日本経済見通し:日本経済のリスク要因を検証する景気は緩やかな回復軌道を辿る見通しだが、4つのリスクに要注意調査本部 常務執行役員 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸ニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 久後 翔太郎 サマリー◆:日本経済は、2014年1月をピークに景気後退局面入りしたとみられるものの、今回の景気後退は極めて短期間で終了した可能性が高い。

2015年1月15日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 360号(平成27年1月14日)

立法と調査 360号(平成27年1月14日)特集:政策課題※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点政策課題パーソナルデータの利活用と個人情報保護法改正 (PDF file 406KB)株式上場に向けた郵政事業の課題 -ユニバーサルサービスの確保、経営基盤の強化等の調和- (PDF file 1,849KB)民法(債権関係)の改正 -要綱仮案が決定、通常国会にも法案提出の可能性- (PDF file 415KB)2015年の国際情勢と我が国の外交・防衛政策 -安全保障法制の整備と

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:2015年は本当に変わるのかを見極める年

トップレポート・コラム経済分析中国中国:2015年は本当に変わるのかを見極める年 ここから本文です中国:2015年は本当に変わるのかを見極める年仕切り直しの改革「深化」元年となるかサマリー◆軍と石油閥の重鎮の摘発により、習近平総書記の権力基盤は強固になり、積極的な改革を推進する体制が整いつつある。2013年11月の三中全会で打ち出された改革「深化」路線に回帰する可能性が高まったのである。具体的には、無駄な投資と借金を増やさず、潜在的な不良債権を増やさないこと、さらには既に限界に達している、投資に

2014年12月10日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 359号(平成26年12月9日)

立法と調査 359号(平成26年12月9日)特集:第187回国会の論議の焦点※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 第187回国会の論議の焦点女性の活躍推進による経済の成長 -女性の職業生活における活躍の推進に関する法律案- (PDF file 555KB)広島市の土砂災害を受けた土砂災害防止法の改正 -今後の土砂災害対策の推進に当たっての留意点- (PDF file 995KB)中間貯蔵施設の供用開始に向けた政府方針の法制化 -日本環境安全事業株式会社法改正案- (PD

2014年12月2日大和総研フィードバック数:0ビジネス

ガバナンス・コードによる社外取締役増員

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資ガバナンス・コードによる社外取締役増員 ここから本文ですガバナンス・コードによる社外取締役増員コーポレートガバナンス・コードにより2名以上の選任が求められるサマリー◆コーポレートガバナンス・コードによって、上場企業には独立社外取締役を2名以上選任することが求められる。◆上場企業のすべてが2名以上の独立社外取締役を選任するには、のべ数千人の人材が必要になると思われる。このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 3大国の景気に懸念

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 3大国の景気に懸念 ここから本文です欧州経済見通し 3大国の景気に懸念12月はイベントが多いが、ポジティブサプライズは期待薄サマリー◆ユーロ圏の7-9月期のGDP成長率(速報値)は前期比+0.2%と予想よりはやや強く、これで6四半期連続のプラス成長となった。内訳は未発表だが、消費と外需が牽引役となった一方、投資が落ち込んだと推測される。財政懸念を乗り越えた国々や、東欧の小国には景気堅調な国があるが、ドイツ、フランス、イタリアの3大国の景気停滞が懸

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第183回日本経済予測

トップレポート・コラム経済分析経済予測第183回日本経済予測 ここから本文です第183回日本経済予測消費税増税先送り後の日本経済の行方~「アベノミクスの光と影」を検証する~調査本部 常務取締役 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 久後 翔太郎 サマリー:2014年11月18日、安倍総理は消費税増税を先送りし、衆院解散・総選挙に踏み切る方針を表明した。当社は、今回の増税先送りの決定や、2014年7-9月期GDP一

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

【移民レポート8】中国:注目される投資移民と深刻な裸官問題

トップレポート・コラム経済分析日本【移民レポート8】中国:注目される投資移民と深刻な裸官問題 ここから本文です【移民レポート8】中国:注目される投資移民と深刻な裸官問題海外逃亡を図る腐敗幹部サマリー◆2013年末時点で、中国は第4位の移民出身国となっている(第1位はインド、第2位はメキシコ、第3位はロシア)。◆中国が送り出す移民の増加は、中国にとってのデメリットがより強調されるが、当然のことながらメリットも無視できない。具体的には、(1)頭脳還流、(2)移民による国内送金、(3)華人・華僑による

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

【移民レポート7】インド:世界最大の移民送出国

トップレポート・コラム経済分析日本【移民レポート7】インド:世界最大の移民送出国 ここから本文です【移民レポート7】インド:世界最大の移民送出国出稼ぎ労働者からIT技術者までサマリー◆国連統計によれば、インドの海外移民数は1990年末時点では684.6万人であったが、2000年末には812万人、2013年末には1,416.7万人まで増加している。この数字は移民が多いことで知られるメキシコ(1,321.2万人)や中国(934.2万人)、フィリピン(548.7万人)などを上回り、国・地域別でトップで

2014年10月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.10)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2014.10) ここから本文です欧州経済アップデート(2014.10)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および

2014年10月16日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル

2025年、変貌するライフスタイルの行方

トップレポート・コラムコンサルティングレポート人事制度2025年、変貌するライフスタイルの行方 ここから本文です2025年、変貌するライフスタイルの行方週末はLCCに乗ってエクスカーション!経営コンサルティング第二部 主任コンサルタント 柳澤 大貴 ◆本5回シリーズにおいては、第1回から第3回で2025年へ向けての人口動態と消費動向、労働力市場の変遷について考察を行った。本稿ではこれまでの考察を踏まえて、ライフスタイルの変貌について想定を試みた。◆価値観の多様化が、新しいライフスタイルを創造する

2014年10月2日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 357号(平成26年10月1日)

立法と調査 357号(平成26年10月1日)特集:第186回国会の論議の焦点(3)※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 第186回国会の論議の焦点(3)独立行政法人制度改革 -独立行政法人通則法改正法、同整備法の成立- (PDF file 520KB)少年審判手続及び科刑の適正化を目指して -少年法の一部を改正する法律- (PDF file 447KB)真に児童の権利の保護に必要な規制を目指して -児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部

2014年9月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

観光立国と日本の「稼ぐ力」(1)

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資観光立国と日本の「稼ぐ力」① ここから本文です観光立国と日本の「稼ぐ力」①訪日外国人旅行拡大の動きサマリー◆2013年の訪日外国人旅行者数は、前年から約200万人増加して1,000万人を突破した。訪日旅行の拡大により、旅行収支にも大幅な改善がみられており、観光立国の実現により日本の「稼ぐ力」が高まることが期待される。◆前年からの増加率は、タイ、香港、台湾、マレーシア、シンガポールなどのアジアの国・地域で高くなっている。これらの国・地域では、観光・レ

2014年9月2日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足についてのレポートです。

労働力から見た2025年問題

トップレポート・コラムコンサルティングレポートビジョン/中期経営計画労働力から見た2025年問題 ここから本文です労働力から見た2025年問題2025年の労働力は足りているのか経営コンサルティング第一部 主任コンサルタント 岩田 豊一郎 ◆少子高齢化にともなう人口減少により労働力の不足が顕在化しつつある。◆パート・アルバイトの主体は30歳代後半から60歳代前半のミドル世代の女性であるが、業種や業態により依存している世代等が異なる。◆2025年にかけて、パート・アルバイト全体では約12%の減少が予

2014年8月22日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

2025年の人口動態についてのレポートです。

人口動態から見た2025年問題

トップレポート・コラムコンサルティングレポートビジョン/中期経営計画人口動態から見た2025年問題 ここから本文です人口動態から見た2025年問題2025年の人口動態はどのようなものか?経営コンサルティング第一部 主任コンサルタント 岩田 豊一郎 ◆少子高齢化にともなう人口減少問題のメルクマールとして、団塊の世代が全て後期高齢者(75歳以上)になる2025年が注目されている。◆2025年は人口における次のボリューム層である団塊ジュニア世代が全て50歳代になる年でもある。◆50歳代は消費および労働

2014年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:人手不足が日本経済に与える影響を検証する

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:人手不足が日本経済に与える影響を検証する ここから本文です日本経済見通し:人手不足が日本経済に与える影響を検証する日本経済は緩やかな回復軌道を辿る見通し調査本部 常務執行役員 調査本部副本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸ニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 久後 翔太郎 サマリー◆:2014年4-6月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+0.7%(前回:

2014年7月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第6回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門水素社会の兆し水素社会の兆し 第6回 ここから本文です水素社会の兆し 第6回地域に広がる水素社会サマリー◆家計に占めるエネルギー支出は、東京や大阪などの大都市部と比較して、地方の負担額がより大きい傾向にある。地域間のエネルギー支出における格差の要因は、灯油とガソリンに係る費用が大きく、特に寒冷地で顕著となっている。将来、水素を日本の主要なエネルギーと位置づける場合、水素が灯油やガソリンなどの代替となり得るかという点もポイントになると考えられる。水素供給イ

2014年7月3日参議院フィードバック数:0社会/政治

立法と調査 354号(平成26年7月1日)

立法と調査 354号(平成26年7月1日)自由論文等※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点自由論文等法律のラウンジ<おことわり> 論文等において、意見にわたる部分はであり、執筆者の所属する室・組織の公式的な見解を示すものではありません。なお、執筆者の肩書は、執筆当時のものです。PDFファイルには一部機種依存文字が含まれております。

2014年7月1日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第3回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門水素社会の兆し水素社会の兆し 第3回 ここから本文です水素社会の兆し 第3回燃料電池自動車のある社会サマリー◆車社会の到来で、ヒトの移動とモノの運搬が広範囲に行われるようになったが、自動車なしでは生活が成り立たない地域を生み出すことにもなった。日本において自動車産業は重要な産業となったが、車社会では環境破壊・エネルギー安全保障問題・地球温暖化などの課題も発生した。◆家族構成・年代・居住地域などによって自動車に求めるものに差異がある。今後の高齢化進展やIC

2014年6月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

希望をつないだ新成長戦略(下)

トップレポート・コラム経済分析日本希望をつないだ新成長戦略(下) ここから本文です希望をつないだ新成長戦略(下)岩盤規制の改革は大きく進展、あとは実効性の担保サマリー◆2014年6月に閣議決定された成長戦略の改訂版「『日本再興戦略』改訂2014」(以下、新成長戦略)では、事業環境について、収益性を高めるコーポレートガバナンスの強化や法人実効税率の2015年度からの引き下げが明記される点等は高く評価できるが、法人実効税率の具体的な引き下げ幅やスケジュール感、引き下げに伴う財源の確保がどこまで示され

2014年6月25日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

社会的責任投資(SRI)を学ぶ ―「持続可能な社会」に向けて― 第3回

トップレポート・コラム入門コーナー金融入門社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 第3回 ここから本文です社会的責任投資(SRI)を学ぶ —「持続可能な社会」に向けて— 第3回日本のSRI市場サマリー欧州や米国では、機関投資家を中心にSRIの市場規模が拡大しているが、日本においては機関投資家によるSRIは限定的であると指摘されることが多い。そこで、まず個人投資家向け商品を中心に日本のSRI市場の動向を示し、次

2014年6月3日参議院★フィードバック数:0社会/政治

震災復興特集です。

立法と調査 353号(平成26年6月2日)

立法と調査 353号(平成26年6月2日)特集:震災復興の加速化に向けて 現状と今後の課題※論文名をクリックすると、本文(PDF)を開きます。視点特集 震災復興の加速化に向けて 現状と今後の課題自由論文等国会キーワード<おことわり> 論文等において、意見にわたる部分はであり、執筆者の所属する室・組織の公式的な見解を示すものではありません。なお、執筆者の肩書は、執筆当時のものです。PDFファイルには一部機種依存文字が含まれております。

2014年5月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.5)

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済アップデート(2014.5) ここから本文です欧州経済アップデート(2014.5)サマリー・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長資金獲得に向けたアジアの金融協力

トップレポート・コラム経済分析新興国成長資金獲得に向けたアジアの金融協力 ここから本文です成長資金獲得に向けたアジアの金融協力「守り」から「攻め」の姿勢へサマリー◆アジア通貨危機の反省から生まれたアジア金融協力は、従来、危機の再来を防ぐという「守り」の姿勢が重視されてきた。しかし、最近ではアジア各国の経済成長を念頭に置いた「攻め」に主眼を置いた取組みが徐々に増えてきたようにみえる。◆背景にはアジア各国が外貨準備の積み上げ等で危機への耐性を強化させてきたことや域内への外国投資の促進という意図がある

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月貿易統計

トップレポート・コラム経済分析日本4月貿易統計 ここから本文です4月貿易統計輸出数量は2ヶ月ぶりの増加、駆け込みの影響剥落で輸入は急減サマリー◆2014年4月の貿易統計によると、輸出金額が前年比+5.1%と14ヶ月連続の増加となり、市場コンセンサス(同+4.8%)をわずかながら上回った。輸出価格は前年比+3.0%と、上昇幅が前月(同+4.4%)から縮小するなかで、輸出数量が同+2.0%と2ヶ月ぶりに前年を上回った点はポジティブに評価できる。輸出金額を季節調整値で見ても、前月比+0.6%と2ヶ月ぶ

2014年4月17日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第739号

第1部 国際収支統計第2部 地域別国際収支統計第3部 対外の貸借第4部 その他第5部 主要国の国際収支統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入による。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2014年4月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(4)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題④ ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題④波及経路Ⅲ:ポートフォリオ・リバランス効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第四弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、ポートフォリオ・リバランス効果について分析する。◆現時点では超過準備への付利と政府による国債発行の長期化という要因が、ポートフォリオ・

2014年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(3)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題③ ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題③波及経路Ⅱ:イールドカーブの押し下げ効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第三弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、イールドカーブの押し下げ効果について分析する。◆イールドカーブの押し下げには、量的・質的金融緩和による大規模な国債購入が影響し、大きな成

2014年4月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(2)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題② ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題②波及経路Ⅰ:期待インフレ率の押し上げ効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第二弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、期待インフレ率の押し上げ効果について分析する。◆期待インフレ率の動きを見ると、短期的な期待インフレ率には明確な上昇が確認できる一方、中長

2014年3月17日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAのまとめです。

2014年版 情報セキュリティ10大脅威

2014年版 情報セキュリティ10大脅威複雑化する情報セキュリティ あなたが直面しているのは? 本資料は、情報セキュリティ分野の研究者、企業などの実務担当者など117名から構成される「10大脅威執筆者会」メンバーの審議・投票によってトップ10を選出し、各脅威についてメンバーの知見や意見を集めて解説したものです。資料は、下記の3章構成となっています。 第1章 セキュリティ脅威の分類と傾向攻撃者の意図・被害者の特性等で脅威を分類し、脅威が高まる社会的背景等を解説しています。第2章 2014年版10大

2014年3月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税と低所得者対策

トップレポート・コラム政策分析財政消費税増税と低所得者対策 ここから本文です消費税増税と低所得者対策~求められる消費税の枠内にとどまらない制度設計~『大和総研調査季報』 2014年新春号(Vol.13)掲載サマリー税制抜本改革法で検討が求められている消費税増税時の3つの低所得者対策の選択肢と、それが実現するまでの暫定的な措置について考察する。総合合算制度は再分配政策として理念的には優れているが、議論が進められている気配がほとんどなく、番号法もその実施を想定していないようだ。給付付き税額控除は、そ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ