「基本計画」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月2日徳島県フィードバック数:0社会/政治

とくしまの青少年に関する意識調査

「とくしまの青少年に関する意識調査」の結果について 本県の青少年及び成人の意識調査を行い、青少年の生活の実態、社会や生き方等についての考えを把握し、今後の青少年に関する総合的な施策のあり方を検討するとともに、「青少年の健全な育成に関する基本計画」の次期計画を策定する際の基礎資料とすることを目的に実施しました。 (2)調査対象者徳島県内の青少年及び成人・青少年:12歳~22歳の男女3,200人 (3)調査期間平成28年5月上旬~6月下旬 (4)調査方法郵送法(なお、12~18歳の青少年については、

2016年2月19日鹿児島市フィードバック数:0社会/政治

第五次鹿児島市総合計画に係る市民意識アンケート調査

マイページの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。更新日:2016年7月29日第五次鹿児島市総合計画に係る市民意識アンケート調査(平成27年度)結果1.調査の趣旨本調査は、第五次鹿児島市総合計画後期基本計画(平成29~33年度)の策定にあたり、前期基本計画(平成24~28年度)において目標として設定した、市民の実感を表す指標の現況を把握するために実施したものです。 なお、前期基本計画に掲げた

2015年6月26日文部科学省★フィードバック数:0社会/政治

白書です。

平成26年度文部科学白書

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成27年度の報道発表 > 平成26年度文部科学白書の公表について 平成26年度文部科学白書の公表について平成27年6月26日 1 構成【第1部】特集 <特集1 2020年に向けた文化政策の戦略的展開> 平成27年5月に、4年ぶりに「文化芸術の振興に関する基本的な方針」が策定されたことを踏まえ、方針に基づき文化芸術立国の実現を目指し、日本文化の魅力を国内外に発信するための様々な取組を記述。 <特集2 オリンピック・パラリンピックを契機

2014年11月2日愛知県フィードバック数:0ライフスタイル

食と緑のレポート’14

「食と緑のレポート’14」 本県では、「食と緑が支える県民の豊かな暮らしづくり条例」(平成16年4月施行)に基づいて、平成23年5月に「食と緑の基本計画2015」を策定し、平成27年度(2015年度)を目標年度として様々な施策に取り組んでいます。  このたび、平成25年度の取組事例を中心に取りまとめた「食と緑のレポート’14」を作成しましたのでお知らせします。食と緑のレポート(2014年版)(A4カラー・P40表紙裏表紙含)1 レポートの主な内容(1)重点的取組について基本計画の施策体系のもとで

2014年7月23日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

セミナー資料です。

最近のエネルギー情勢とエネルギー基本計画の概要

最近のエネルギー情勢とエネルギー基本計画の概要後藤 収 (資源エネルギー庁大臣官房審議官(エネルギー・環境担当)) 上野 透 (RIETI 国際・広報ディレクター(併)上席研究員) 我が国のエネルギー情勢は、2011年3月の東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故等により、国の内外で大きく変化し、エネルギー政策は大幅な調整を迫られることとなった。震災前に描いていた戦略を白紙から見直し、原発依存度を可能な限り低減する。これがエネルギー政策を再構築するための出発点であることは論を俟たない。この

エネルギー基本計画を巡る議論(前編)

今後20年を睨みつつ、2018-2020年頃を主要な改革期間とする「エネルギー基本計画」が、2014年4月に閣議決定された。原子力発電を巡る混乱が続く中、基本計画は必ずしも決着までの道のりを描ききってはいない。本稿はその前編として、エネルギー政策の変遷とエネルギー基本計画の位置づけ、主要課題と論点について整理する。1.エネルギー基本計画の位置づけ社会はエネルギー政策について、供給の安定性、経済性、環境配慮そして安全性と、相互に背反する要請を強めており、エネルギー行政には微妙なバランスが求められて

人が集い輝く福岡のまち~いきいきと暮らせる・働ける福岡を目指して~

人が集い輝く福岡のまち~いきいきと暮らせる・働ける福岡を目指して~人が集い輝く福岡のまち~いきいきと暮らせる・働ける福岡を目指して~  平成24年12月に福岡市の新たな基本構想と基本計画が策定されました。この中で福岡市の都市像として「住みたい、行きたい、働きたい。アジアの交流拠点都市・福岡」という目標が設定されました。福岡市は「支店経済都市」としての機能が集積していますが、本社機能が集積する首都圏・関西圏に多くの人材が流出していると言われています。転勤族、学 生やリタイヤ世代にとっては「住み良い

2014年6月27日文部科学省★フィードバック数:0社会/政治

白書です。

平成25年度文部科学白書

現在位置トップ > 会見・報道・お知らせ > 報道発表 > 平成26年度の報道発表 > 平成25年度文部科学白書の公表について 平成25年度文部科学白書の公表について平成26年6月27日 1 構成平成25年度文部科学白書は、第1部特集1:2020新たな成長に向けて、特集2:教育再生に向けた取組の加速、第2部:文教・科学技術施策全般の年次報告、の2部構成となっています。【第1部】特集<特集1 2020新たな成長に向けて>東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年に向けて、日本

2014年6月18日経済産業省★★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

白書です。

平成25年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)

「平成25年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)」が閣議決定されました エネルギーに関する年次報告は、エネルギー政策基本法(平成14年法律第71号)第11条に基づき、政府がエネルギーに関して講じた施策に関する報告書です。 本日、平成25年度報告書が閣議決定されましたのでその内容を公表します。 〈今回のエネルギー白書の概要〉 本年の白書では、平成26年4月11日に閣議決定されたエネルギー基本計画を踏まえ、国民各層の理解を深めるべく、エネルギーに関する諸課題をデータや情報等を用いて説明し

2014年4月13日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

閣議決定された方針です。

新しいエネルギー基本計画

新しいエネルギー基本計画が閣議決定されました エネルギー基本計画は、エネルギー政策の基本的な方向性を示すためにエネルギー政策基本法に基づき政府が策定するものです。東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故を始めとした、エネルギーを巡る国内外の環境の大きな変化を踏まえ、新たなエネルギー政策の方向性を示 すものとして、本日、閣議決定されました。 エネルギー基本計画は、2002年6月に制定されたエネルギー政策基本法に基づき、政府が策定するもので、「安全性」、「安定供給」、「経済効率性の向上」、

2014年4月3日山梨総合研究所フィードバック数:0社会/政治

市町村総合計画の動向に関する 調査結果報告書

市町村総合計画の動向に関する調査結果報告書平成 25 年7月公益財団法人 山梨総合研究所2目1次はじめに ............................................................... 41-1 調査の背景および目的 ................................................. 42調査結果 ............................................................

2014年3月5日日本商工会議所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

今後電気料金が上がる3つの理由

今後電気料金が上がる3つの理由(会議所ニュース2014/3/1号掲載記事)(会議所ニュース2014/3/1号掲載記事) 今後電気料金が上がる3つの理由 国際環境経済研究所 理事・主席研究員 竹内 純子 氏 全国的な豪雪に見舞われホワイトバレンタインデーとなった直後の2月17日、北海道電力は電気料金再値上げの検討を始めることを発表した。値上げ幅や時期は未定だが、早ければ今年度中の申請を行うという。昨年9月の値上げからまだ半年も経っていない中ではあるが、やはりというため息をつかざるを得ない。今後電力

自治体対象の調査です。

教育振興基本計画・プランについてのアンケート調査

2013/05/23【本調査について】政策研究事業本部(名古屋) 研究開発部 主任研究員 岩室秀典【関連業務について】政策研究事業本部(東京) 経済・社会政策部 副主任研究員 高路地修平政策研究事業本部(名古屋) 研究開発部 主任研究員 岩室秀典政策研究事業本部(大阪) 研究開発第1部 主任研究員 善積康子 各自治体の教育振興の取組の指針となる「教育振興基本計画・プラン」について、現状と課題について研究するため、策定主体である自治体の教育委員会等にアンケート調査を実施し、その結果をとりまとめまし

2012年5月28日水産庁★フィードバック数:34ライフスタイル

やはり震災が大きなトピックになっています。

「平成23年度水産白書」の公表について

「平成23年度水産白書」の公表について本日、「平成23年度水産の動向」及び「平成24年度水産施策」(「平成23年度水産白書」)が国会提出案件として閣議決定されました。 「平成23年度水産白書」の概要・水産白書は、水産基本法に基づき、毎年、政府が国会に対し、水産の動向や水産に関する施策について報告するものです。・今回の水産白書では、東日本大震災からの復旧・復興に向けた取組等について特集章を設けるとともに、水産物の安定供給と水産業の健全な発展を図るために進めている各般の施策をわかりやすく記述し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ