「基準金利」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年3月8日WhatzMoneyフィードバック数:0大型消費/投資

2017年3月の住宅ローン平均金利

2017年3月の住宅ローン平均金利は前月から上昇。ただし、年度明け4月の金利が上昇する可能性は限定的と予想 WhatzMoney住宅ローンレポート 2017/03 全国763金融機関、17,000超の住宅ローンプランを比較できる「WhatzMoney 住宅ローン」(URL: https://whatzmoney.com/) を運営するWhatzMoney株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役:前田 一人)が独自に3月実行分のローン金利状況を調査し、公開いたしましたので、お知らせ致します。※ 本

中国人民銀行が利下げを実施

<全人代前に利下げ>中国人民銀行(中央銀行)は2月28日夜に利下げを発表し、翌3月1日に実施しました。前回の利下げは2014年11月に行われており、2015年内に追加利下げを見込む向きはありましたが、全人代(全国人民代表大会、国会に相当)の開催を3月5日に控えての利下げはタイミングとして意外感がありました。<景気下支えを狙う>中国の1〜2月の経済指標は春節休暇の影響で歪みが生じやすく、一部の指標は1〜2月分がまとめて3月に発表されます。このため、2月28日時点では景気動向の詳細な分析は難しかった

2年4ヵ月ぶりの利下げに踏み切った中国人民銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月25日2年4ヵ月ぶりの利下げに踏み切った中国人民銀行 中国人民銀行(中央銀行)は21日、2012年7月以来、約2年4ヵ月ぶりとなる利下げに踏み切り、22日から、1年物貸出基準金利を従来より0.4ポイント低い5.6%、1年物預金基準金利を同0.25ポイント低い2.75%とすると中国金融市場の引け後に発表しました。21日の欧米では、ECB(欧州中央銀行)総裁が追加金融緩和に前向きな姿勢を示したこともあり、株価が上昇しました。そ

2013年7月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:貸出金利下限撤廃、金利低下は限定的

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:貸出金利下限撤廃、金利低下は限定的次のステップは預金金利の上限引き上げ ◆中国人民銀行は7月20日以降、貸出金利の下限を撤廃した。ただし、個人の住宅ローン金利の下限は基準金利の0.7倍で変わらない。今回の措置は金利自由化に向けた大切な一歩であるが、貸出金利の下限が撤廃されたからといって、金利が大きく下がるわけではない。当然のことながら、貸出基準金利を引き下げたり、窓口指導で貸出基準金利を下回る貸

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ