調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 基礎的財政収支

「基礎的財政収支」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月19日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

日本の財政についてのレポートです。

財政再建に関する最近の論点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 財政再建に関する最近の論点やはり容易ではない基礎的財政収支の黒字化 ◆2020年度に基礎的財政収支(PB)黒字化を実現するための新しい財政健全化計画がまもなく示されることから、数回にわたるシリーズレポートで財政問題にフォーカスする。◆財政健全化を議論する際のベースになっている内閣府試算の経済再生ケースでは、PB赤字が続いても公債等残高GDP比が低下する見通しである。だが、それはこれまでの金利低下や負債

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

基礎的財政収支ってなに?

よく分かる!経済のツボ基礎的財政収支ってなに?藤下 直人経済調査部日本は世界最大の債務国消費税率 10%への引き上げが 2017 年4月に延資料1先進諸国の一般政府総債務残高(GDP比)(%)期されました。これを受けて、今後の基礎的財250政収支いわゆるプライマリーバランス(以下、200PB)には注目が集まりました。それは、日本150が世界最大の債務国であり、以前より「2015 年のを除いた純粋な収入から支出を差し引いた収支であり、借金に頼らない健全性をはかる指標(出所)IMF「World Ec

2015年1月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

基礎的財政収支の修正見通し ~消費税先送りの影響は2016年度に強く表れる~

基礎的財政収支の修正見通し ~消費税先送りの影響は2016年度に強く表れる~

デフレ脱却後の財政健全化に向けた課題

2014年09月24日○日本の国と地方の基礎的財政収支は、1990年代前半以降、赤字が続いており、2009年度以降は、赤字幅は大きく拡大した。それに伴い、国と地方の長期債務残高は急速に増加している。社会保障基金を含めた一般政府ベースの債務残高のGDP比は、先進国の中で最も高い水準にある。○厳しい財政状況の下、財政の持続可能性を確保するとともに、社会保障の安定財源を確保するため、社会保障と税の一体改革が実施された。消費税率が5%から10%に引き上げられると、消費税収は14.1兆円増加すると見込まれ

2014年6月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

基礎的財政収支の黒字化を目指せ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 基礎的財政収支の黒字化を目指せ~財政健全化シナリオ再構築の正念場~『大和総研調査季報』 2014年春季号(Vol.14)掲載 財政問題の背景には2度のベビーブームによる人口動態や、死亡率の予想以上の低下がある。また、政府債務と家計金融資産の関係の予測も踏まえると、2020年代に難局を迎える可能性がある。2020年度の基礎的財政収支の黒字化目標を先送りしてはならない。DIR中期予測では、2020年度の基

2013年12月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

財政再建の一里塚、2014年度予算を問う ~基礎的財政収支は一般会計ベースで▲5.2兆円改善~

財政再建の一里塚、2014年度予算を問う ~基礎的財政収支は一般会計ベースで▲5.2兆円改善~

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中期財政計画:遠い黒字化 ~成長シナリオをメインに換える~

Economic Trends経済関連レポート中期財政計画:遠い黒字化発表日:2013年8月9日(金)~成長シナリオをメインに換える~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)安倍政権の中期財政計画は、2015 年度は基礎的財政収支赤字を半減できるとした。ただし、その先の 2020 年度は黒字化が達成できそうにない見通しになっている。安倍政権は、財政再建の計画を今後は半年ごとに進捗管理が行われる方針である。課題としては、メインシナリオに据えた高成長率の計画が、消

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー:2013年3月(西欧)

平成 25 年(2013 年)3 月 26 日景況感は再び悪化し、景気は引き続き後退局面欧州経済は引き続き後退局面にある。3 月のユーロ圏購買担当者指数(PMI、総合)は、製造業とサービス業のいずれも悪化し、一段と低下した。とりわけフランスの落ち込みが目立つなか、ドイツでも製造業において、景気の拡大と縮小の境目である 50を割り込んだ。鉱工業生産は 2013 年入り後も低迷が続くなど、景気が早期に底打つ兆しは窺えず、ユーロ圏は第 1 四半期もマイナス成長に陥る公算が大きい(第 1 図)。欧州中央

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ