「基礎知識」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年7月15日総務省フィードバック数:0社会/政治

統計調査ニュース 平成25年7月号

総務省統計局統計調査ニュース320No.平成 25 年(2013)7 月高等学校における統計的な内容の意義と指導文部科学省初等中等教育局 視学官  長尾 篤志高等学校では,新学習指導要領です。したがって,これからの社ことなどにもつながるのではないに基づき数学と理科が昨年度(平会を生きる高校生にとってこのよか,と思われます。成24年度)から他教科に先駆けてうな知識や技能を身に付けておくただ,ここで述べたことは指導学年進行で実施されています。数ことは必須のことと考えられまの在り方を含めて考える必要が

2013年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標を見るための基礎知識 補足版

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済指標を見るための基礎知識 補足版国民総所得(GNI)と「10年後に150万円増」等の解説~GNIの内訳はどうなっているかなど~ 最近、国民総所得への関心が高まっています。既に「経済の広場」の「経済指標を見るための基礎知識」において、簡単に解説したところですが、その内訳や、「10年後に150万円増」などについての解説を補足します。 大和総研 調査本部は、2014年7月に「経済指標を見るための基礎知識

2013年5月30日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

インフレ経済の基礎知識 ~2%のインフレ率達成は相当困難も、インフレ率上昇→金利上昇とは限らない~

インフレ経済の基礎知識 ~2%のインフレ率達成は相当困難も、インフレ率上昇→金利上昇とは限らない~

2013年2月21日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

政府を中心とする各機関から発表される統計についてのまとめです。

経済指標を見るための基礎知識 第10回 統計制度、景気判断や予測など

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済指標を見るための基礎知識 第10回統計制度、景気判断や予測など 4 統計制度、景気判断や予測など今回は、統計に関する国の制度や、統計を用いた景気判断や予測などについて説明します。4.1 統計に関する国の制度・組織4.2 景気動向の判断、統計発表値の予想、経済予測等12月から10回にわたり連載してきました「経済指標を見るための基礎知識」は、今回が最終回となります。次回からは、新シリーズ「これならわか

2013年2月14日大和総研フィードバック数:1社会/政治

経済指標を見るための基礎知識 第9回 SNA全体の理解のために(その2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済指標を見るための基礎知識 第9回SNA全体の理解のために(その2) 今回は、SNA国際基準の全体像、GDPを補完する指標の検討状況、県民経済計算、サテライト勘定、などを説明します。今回で、GDPに関連する事項の説明はひとまず終了します。3.4 国際基準3.5 GDPを補完する動き3.6 その他 大和総研 調査本部は、2014年7月に「経済指標を見るための基礎知識(Kindle版)」を出版しました。

2013年2月7日大和総研フィードバック数:1社会/政治

経済指標を見るための基礎知識 第8回 SNA全体の理解のために(その1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済指標を見るための基礎知識 第8回SNA全体の理解のために(その1) 3.3 SNA全体の理解のために 大和総研 調査本部は、2014年7月に「経済指標を見るための基礎知識(Kindle版)」を出版しました。当コーナーでの連載当時の内容に対して、大幅な加筆や最新データへのリバイス等をおこなっていますので、そちらも是非ご覧ください。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

2013年1月31日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

GDPの見方です。

経済指標を見るための基礎知識 第7回 GDP統計(その4) 確報による中長期的分析

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済指標を見るための基礎知識 第7回GDP統計(その4) 確報による中長期的分析 今回は、QEではなく、より詳細な情報が含まれる「国民経済計算確報」を使って、中長期の主として年次の経済動向を把握するための知識について説明します。 大和総研 調査本部は、2014年7月に「経済指標を見るための基礎知識(Kindle版)」を出版しました。当コーナーでの連載当時の内容に対して、大幅な加筆や最新データへのリバイ

2013年1月24日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

GDPの見方です。

経済指標を見るための基礎知識 第6回 GDP統計(その3) コンポーネント毎の解説:公需・外需

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済指標を見るための基礎知識 第6回GDP統計(その3) コンポーネント毎の解説:公需・外需 今回は、GDPのコンポーネントのうち公的需要と外需、更にGNI(国民総所得)や雇用者報酬などについて説明します。 大和総研 調査本部は、2014年7月に「経済指標を見るための基礎知識(Kindle版)」を出版しました。当コーナーでの連載当時の内容に対して、大幅な加筆や最新データへのリバイス等をおこなっています

2013年1月17日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

GDPの見方の解説です。

経済指標を見るための基礎知識 第5回 GDP統計(その2) コンポーネント毎の解説:民間需要

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 経済指標を見るための基礎知識 第5回GDP統計(その2) コンポーネント毎の解説:民間需要 今回は、GDPの各コンポーネントのうち、民間需要について説明します。3.1.3 GDPのコンポーネント毎の説明 大和総研 調査本部は、2014年7月に「経済指標を見るための基礎知識(Kindle版)」を出版しました。当コーナーでの連載当時の内容に対して、大幅な加筆や最新データへのリバイス等をおこなっていますので

2012年9月20日アイオイクス★フィードバック数:14マーケティング

インフォグラフィックについてのインフォグラフィックです。

インフォグラフィックの今を読み解くインフォグラフィック

Release: 2012/09/20インフォグラフィックの今を読み解くインフォグラフィックインフォグラフィックの作り方、活用方法、歴史、デザインの傾向や人気のテーマなど、インフォグラフィックの基礎知識を一枚にまとめたインフォグラフィックです。海外インフォグラフィックの最新トレンドだけではなく、日本での活用方法にもフォーカスしています。※左の画像をクリックすると拡大されます。

2009年1月5日日本生産性本部★フィードバック数:0キャリアとスキル

大学生から社会人になって、半年間の変化です。

第18 回 2008 年度新入社員 半年間の意識変化調査

1.「職場の人間関係」が期待以上 入社前に描いていたイメージより配属後の状況が「期待以上」とする回答の中で「職場の人間関係の良さ」が40.7%と最も高い結果となった。2.「今の会社に一生勤めたい」が4年連続で上昇 転職・勤続に関して、「今の会社に一生勤めたい」とする回答が4年連続で上昇し、秋の調査において39.5%と過去最高となった。3.「仕事の手順は細かく決めて欲しい」が過去最高 仕事の進め方に関して、「仕事の手順を細かく決めて欲しい」とする回答が53.9%と過去最高となった。その一方で、「仕

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ