調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 基礎自治体

「基礎自治体」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年8月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

基礎自治体への期待と不安 第5回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 基礎自治体への期待と不安 基礎自治体への期待と不安 第5回スマートコミュニティ:持続可能な都市 日本は長年、景気後退局面が続き、2008年の金融危機、2011年の東日本大震災など、地方のみならず都市部においても活力が失われるような事態も発生した。ここで注目されたのが「スマート」という概念である。2000年代に、電力網と通信網を活用してエネルギー需給の効率化と最適化を

2014年4月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

基礎自治体への期待と不安 第3回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 基礎自治体への期待と不安 基礎自治体への期待と不安 第3回都市制度:圏域牽引への期待 都市の定義は必ずしも明らかではないが、地方自治法では「市」となるべき地方公共団体について、人口5万人以上、商工業等の都市的業態に従事する者とその家族等が人口の6割以上、などの要件を定めており、「市」を都市と捉えているようにみえる。一方、地方自治法は、大都市等に関する特例を定めており

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

次のテーマは道州制?大改革の契機の可能性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 次のテーマは道州制?大改革の契機の可能性道州制導入の今後の論点と影響 ◆第二次安倍政権は、経済政策を優先課題として取り組んでいるが、国土強靱化等にある程度目途がついたこともあり、道州制導入推進が次の内政上の大きな課題としてクローズアップされてくる可能性がある。◆道州制に関して、自民党は基本法案の骨子案を提示し、日本維新の会及びみんなの党は基本法案を国会に提出しているが、いずれの案も道州制導入のための道

2014年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

基礎自治体への期待と不安 第2回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 基礎自治体への期待と不安 基礎自治体への期待と不安 第2回市町村合併:広くなった基礎自治体 江戸時代までに自然発生的に形成されてきた村や町の数は、全国で7万を超えていたという。明治維新後、近代的な地方自治行政の実施に向け、行政基盤を整備すべく行われた、いわゆる「明治の大合併」は、戸数300~500を標準として進められ、市町村はおよそ1万6千に集約された。また、戦後、

2014年1月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

基礎自治体への期待と不安 第1回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 基礎自治体への期待と不安 基礎自治体への期待と不安 第1回地方分権改革:国から地方へ 日本の地方自治制度は、明治維新の新政府による廃藩置県、戸籍法制定、市制町村制の実施等に始まり、第二次世界大戦後には、新憲法制定に伴い、それまでの中央集権制度を改め、地方の自主性や自立性を高める方向にあるといえよう。しかし、「三割自治」という言葉に象徴されるように、地方自治体の裁量範

2013年6月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成24年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(ブラジルにおける水関連事業実態・案件把握調査)報告書

平成 24 年度インフラ・システム輸出促進調査等事業(ブラジルにおける水関連事業実態・案件把握調査)平成 25 年 3 月内容1.2.エグゼクティブサマリー ........................................................................................... 51.1.対象地域における上下水道事業の概要 ........................................................

外国人の受け入れについてのレポートです。

基礎自治体の外国人政策に関するアンケート調査結果

基礎自治体の外国人政策に関するアンケート調査結果~複数の自治体で外国人受け入れに積極的な姿勢~ ~外国人の子どもへの教育上配慮、必要性認識されるも予算配分が困難~ 2013年05月21日三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 (本社:東京都港区社長:水野俊秀)では、地域における外国人の受け入れ環境に関する自主研究に取り組 んでいます。本研究の一環として、「基礎自治体の外国人政策に関するアンケート調査」を実施し、その集計・分析結果を取

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ