「増加基調」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年12月28日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査結果 2015

2015年12月21日 国内企業のIT投資に関する調査結果 2015 ~国内民間企業のIT投資は2016年度までゆるやかな増加基調を予測~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施した。1.調査期間:2015年7月~11月2.調査対象:国内の企業、団体、公的機関等3.調査方法:民間企業、および公的団体・機関等に対する郵送アンケート、および文献調査併用<本調査における国内民間企業のIT投資市場規模>本調査では国内民間企業のIT投資市場規模

2015年6月30日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2015年5月) ~引き続き緩やかな増加基調~

毎月勤労統計(2015年5月) ~引き続き緩やかな増加基調~

2015年6月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

商業動態統計(2015年5月) ~下げ止まりつつあるが、見た目ほどはよくない~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:商業動態統計(2015年5月)発表日:2015年6月29日(月)~下げ止まりつつあるが、見た目ほどはよくない~担当商業販売額前年比卸売業前期比1月4.41.82月2.5▲ 1.83月8.57.04月▲ 3.4▲ 10.35月▲ 1.02.66月▲ 0.6▲ 0.27月0.10.68月▲ 1.6▲ 1.59月1.62.810月0.3▲ 0.911月▲ 2.7▲ 1.612月▲ 1.40.820151月▲ 2.70.52月▲ 3.3▲

日経225Weeklyオプション導入1か月の取引状況

ツイート先月25日に導入した日経225オプション取引に係る限月取引の拡充(Weeklyオプションの導入)について、1か月間の取引状況(概算)をお知らせいたします。当該期間における取引高及び建玉残高は増加基調にあり、6月第3週には導入後初めて週間取引高が1万単位を突破しました。さらに、6月第4週限の取引最終日である6月25日には、日次取引高が4,866単位と導入来最高を記録しました。増加の主因としては、個人、海外及び証券自己を中心とした参加者の増加が挙げられます。当社は今後も、新商品や新サービスの

【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続

【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続。 | ニッセイ基礎研究所 【5月米住宅着工、許可件数】着工件数の減少は、前月の大幅増加の反動。許可件数は増加しており、回復基調は持続。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:住宅着工は前月比で減少、一方、先行指標

2015年4月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月貿易統計貿易収支は2年9ヶ月ぶりの黒字 2015年4月22日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2015年3月の貿易統計では、輸出金額は前年比+8.5%と7ヶ月連続の増加となり、増加幅は前月(同+2.5%)から拡大した。また、輸入金額が同▲14.5%と大きく減少した結果、貿易収支は+2,293億円と2年9ヶ月ぶりの黒字に転じた。◆輸出金額を価格要因と数量要因に分けて見

2015年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2015年3月) ~季節調整値では4年1ヶ月ぶりの貿易黒字~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:貿易統計(2015年3月)発表日:2015年4月22日(水)~季節調整値では4年1ヶ月ぶりの貿易黒字~第一生命経済研究所 経済調査部担当 副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524貿易収支(億円)14151月原数値▲ 27951輸出数量輸出金額 輸入金額季調値前年比前年比▲ 179189.425.1輸入数量アメリカEUアジア前年比前年比前年比前年比▲ 0.26.35.5▲ 2.0前年比8.0アメリカEUアジア前

2015年4月13日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2015年4月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2015年4月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2015年4月13日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(15年1月)と比較すると、6地域(北海道、東北、関東甲信越、中国、四国、九州・沖縄)で、景気の改善度合いに関する判断に変化はないとしているほか、3地域(北陸、東海、近畿

2015年4月6日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

「円安関連倒産」の動向調査

2015/4/6「円安関連倒産」の動向調査2014年度の円安倒産、前年度の2.2倍に急増 〜 食料品、繊維・アパレル関連の倒産目立つ 〜はじめに昨年3月末に103円前後だった円ドル相場は、この1年で約17円も円安が進んだ。4月2日の円相場は1ドル=119円台半ばにとどまるなど、年明け以降、急速な円安進行には歯止めがかかったものの、依然として円安基調が続いている。この間、各種食料品や繊維・アパレル関係の業者を中心に影響が広がっており、「円安関連倒産」は年度下半期にかけて増加基調を強めている。 帝国

グラフで見る景気予報(2015年3月)

2015/03/03 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資が横ばいにとどまっているが、輸出が増加基調に転じ、生産も持ち直している。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるものの、名目ではプラス推移が続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、景気は緩やかに持ち直していこう。世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調に転じると予想され、生産も持ち直しが続くと考えられる。また、原油

2015年3月4日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2015年1月) ~賃金の増加基調は途切れず~

毎月勤労統計(2015年1月) ~賃金の増加基調は途切れず~

2015年2月25日三重銀行フィードバック数:0社会/政治

わが国経済の現状と見通し 2014年10~12月期GDPを踏まえて

3ヵ月ごとに発表されるGDP(国内総生産)統計を踏まえ、わが国の経済に関する現状と当面の見通しについてレポートしております。 2016 年1〜3月期の実質GDP成長率は、前期比+0.5%と2四半期ぶりのプラス成長。需要項目別にみると、家計部門では、個人消費が2四半期ぶりに増加したものの、うるう年の効果を除けば横ばい程度と考えられ、弱い動き。一方、企業部門では、円高進行による収益環境悪化などを背景に、設備投資が3四半期ぶりに減少。また、外需では、欧米向けの堅調さを受けて輸出が増加した一方、輸入は

2015年2月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数の増加基調強まる

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数の増加基調強まる2015年1月の米雇用統計:平均時給は大幅に増加 2015年2月9日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆1月の非農業部門雇用者数は前月から25.7万人増加した。過去分は上方修正され、雇用者数の増加基調は強まっているとみられる。業種別では、小売、建設、教育・医療、金融などで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は減少した。◆失業率は5.7%と前月から0.

グラフで見る景気予報(2015年2月)

2015/02/03 【今月の景気判断】景気は下げ止まっており、持ち直しの動きがみられる。輸出、設備投資が増加基調にあるなど、一部に明るい動きが出てきており、生産にも持ち直しの動きがみられる。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるものの、名目ではプラス推移が続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調を維持するため、生産も持ち直していくと考えられる。また

2015年2月5日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2014年12月) ~特別給与の増加を背景に、高い伸び~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:毎月勤労統計(2014年12月)発表日:2015年2月4日(水)~特別給与の増加を背景に、高い伸び~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)現金給与総額所定内前年比前年比2014年常用雇用者数総労働時間一般前年比前年比パート前年比所定内前年比前年比所定外前年比1月▲ 0.2▲ 0.21.20.62.71.30.97.02月3月▲ 0.10.7▲ 0.5▲ 0.31

2015年1月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2014年12月) ~実質輸出は引き続き増加基調~

貿易統計(2014年12月) ~実質輸出は引き続き増加基調~

2015年1月22日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融経済月報(2015年1月)

公表時間1 月 22 日(木)14 時 00 分2015年1月22日日本金 融 経 済 月 報(2015年1月)本稿は、1月 20、21 日に開催された政策委員会・金融政策決定会合の時点で利用可能であった情報をもとに記述されている。銀行本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合(引用は含まれません)は、予め日本銀行政策委員会室までご相談ください。引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。【概要】わが国の景気は、基調的に緩やかな回復を続けており、消費税率引き上げに伴う駆け込み需

2015年1月15日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2015年1月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2015年1月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2015年1月15日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年10月)と比較すると、北海道から、公共投資の減少など一部に弱めの動きがみられるとして判断を引き下げる報告があったものの、残り8地域では、景気の改善度合いに関する基

グラフで見る景気予報(2015年1月)

2015/01/06 【今月の景気判断】景気は下げ止まっており、持ち直しの動きがみられる。輸出、設備投資が増加基調にあるなど、一部に明るい動きが出てきており、生産にも持ち直しの動きがみられる。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるものの、名目ではプラス傾向にあり、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調を維持するため、生産も持ち直していくと考えられる。また、原油

グラフで見る景気予報(2014年12月)

2014/12/02 【今月の景気判断】景気は下げ止まっており、持ち直しの動きがみられる。輸出が増加し、設備投資が増加基調にあるなど、一部に明るい動きが出てきており、生産にも持ち直しの動きがみられる。また、雇用情勢は良好な状態が維持されており、賃金は実質では前年比でマイナスの状態にあるものの、名目ではプラスが続いており、個人消費は緩やかに持ち直している。今後も、世界経済の回復に伴って輸出が増加基調で推移し、企業業績の改善を背景に設備投資が増加基調を維持するため、生産も持ち直していくと考えられる。

2014年12月3日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2014年10月) ~ペースは緩やかだが、増加基調は維持~

毎月勤労統計(2014年10月) ~ペースは緩やかだが、増加基調は維持~

2014年11月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年10月) ~均してみれば、緩やかな増加基調は変わらず~

家計調査・商業販売統計(2014年10月) ~均してみれば、緩やかな増加基調は変わらず~

2014年10月21日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年10月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2014年10月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年10月20日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年7月)と比較すると、東北から、回復テンポが緩やかになっているとして判断を引き下げる報告があったものの、残り8地域では、景気の改善度合いに関する基調的な判断に変

グラフで見る東海経済(2014年9月)

2014年09月25日【今月の景気判断】東海経済は回復が一服しており、一部に弱い動きがみられる。生産は、7月は自動車の増産もあって増加に転じたが、年初から減少傾向にある。輸出は、これまで減少傾向が続いてきたが、6、7月と2ヶ月連続で増加するなど下げ止まってきた。雇用は、求人倍率の改善の動きが鈍るなど横ばい圏で推移している。個人消費は、夏期賞与の増加など賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減から回復しているが、実質では頭打ちとなっている。設備投資は非製造業が減少しているが、製造業が増

2014年9月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 予想下振れも雇用は緩やかな増加基調を維持(14年8月雇用統計) ~雇用の質改善はまちまち、賃金上昇は依然抑制~

米国 予想下振れも雇用は緩やかな増加基調を維持(14年8月雇用統計) ~雇用の質改善はまちまち、賃金上昇は依然抑制~

グラフで見る東海経済(2014年8月)

2014年08月26日【今月の景気判断】東海経済は駆け込み需要の反動減から回復しているが、一部に弱い動きがみられる。輸出は、6月は増加となったが減少傾向で推移しており、生産も、自動車が減少し、輸送機械全体でも減少となるなど減少傾向にある。一方、雇用は底堅く推移している。個人消費は、夏期賞与の増加など賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減からの回復がみられる。住宅投資も新設着工戸数の季調済み年率換算値でみると横ばい圏で推移している。公共投資と設備投資は増加基調で推移している。先行きに

千葉県の人口は増加基調を持続-自然増減の影響には差

わたしの意見 ― 水野 創千葉県の人口は増加基調を持続−自然増減の影響には差(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」8月7日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 千葉県の7月1日現在の人口、6月中の人口動態が発表された(8月1日)。4月以降の増加基調を維持しており、グラフを見ると、前年の動きとともに、東日本大震災前の2010年の動きともほぼ同様の動きになっていることが分かる(図表1) 。今年は2010年に比べ多少勢いが弱いように見えるが、これは自然増減(出生―死亡)が減

2014年8月5日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 雇用は緩やかな増加基調維持も、失業率が小幅上昇(14年7月雇用統計) ~雇用の質改善も賃金上昇は依然抑制~

米国 雇用は緩やかな増加基調維持も、失業率が小幅上昇(14年7月雇用統計) ~雇用の質改善も賃金上昇は依然抑制~

2014年7月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年7月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2014年7月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年7月7日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(14年4月)と比較すると、全地域が、景気の改善度合いに関する基調的な判断に変化はないとしている。各地域からは、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動がみられているものの

2014年5月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年3月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月機械受注市場予想を上回る良好な結果。見通しも堅調 ◆2014年3月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+19.1%と2ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+5.8%)を大幅に上回った。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月ぶりの増加となっており、機械受注は増加基調に復した格好だ。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+23.7%と2ヶ月ぶりに増加した

2014年4月18日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年4月)

ENGLISH地域経済報告 ―さくらレポート― (2014年4月) * 本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年4月17日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢をみると、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要とその反動の影響を受けつつも、基調的には、「回復を続けている」、「緩やかに回復している」等の報告があった。この背景としては、国内需要が堅調に推移し、生産が緩やかな増加基調をたどる中で、雇用・所

2014年4月10日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融経済月報(2014年4月)

公表時間4 月 9 日(水)14 時 00 分2014年4月9日日本金 融 経 済 月 報(2014年4月)本稿は、4月7、8日に開催された政策委員会・金融政策決定会合の時点で利用可能であった情報をもとに記述されている。銀行本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合(引用は含まれません)は、予め日本銀行政策委員会室までご相談ください。引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。【概要】わが国の景気は、消費税率引き上げの影響による振れを伴いつつも、基調的には緩やかな回復を続けてい

2014年3月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 悪天候のなか意外にしっかり(14年2月住宅着工件数 ~昨年末の急増の反動に悪天候が重なり下振れ~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 悪天候のなか意外に悪天候のなか意外にしっかり意外にしっかり(1しっかり(14(14年2月住宅着工件数)住宅着工件数)発表日:20142014年3月19日19日(水)~昨年末の急増の反動に悪天候が重なり下振れ~昨年末の急増の反動に悪天候が重なり下振れ~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-500114年2月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換算)は、11、12月の大幅な増加の反2月の住宅着工件数

2014年3月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月機械受注機械受注は1-3月期も増加を続ける見込み。 ◆2014年1月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+13.4%と2ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+7.1%)を大幅に上回る結果となった。3ヶ月移動平均値で見ても2ヶ月ぶりの増加となっており、前月一時的に減少したものの、機械受注は増加基調にあることが確認された。◆需要者別に内訳を見ると、製

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

商業販売統計(2014年1月) ~駆け込み需要を主因に増加基調が続く~

商業販売統計(2014年1月) ~駆け込み需要を主因に増加基調が続く~

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2013年11月) ~個人消費は増加基調を維持。駆け込み需要も発生している模様~

家計調査・商業販売統計(2013年11月) ~個人消費は増加基調を維持。駆け込み需要も発生している模様~

2013年12月24日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

金融経済月報(2013年12月)

公表時間12 月 24 日(火)14 時 00 分2013年12月24日日金 融 経 済 月 報(2013年12月)本稿は、12 月 19、20 日に開催された政策委員会・金融政策決定会合の時点で利用可能であった情報をもとに記述されている。本銀行本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合(引用は含まれません)は、予め日本銀行政策委員会室までご相談ください。引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。【概要】わが国の景気は、緩やかに回復している。海外経済は、一部に緩慢な動きもみら

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 10月鉱工業生産コンセンサスからは下振れしたが、増加基調継続 ◆2013年10月の生産指数は、前月比+0.5%と2ヶ月連続の上昇となった。市場コンセンサス(同+2.0%)からは下振れしたものの、生産は増加基調にあるという判断に変更はなく、先行きについても引き続き増加傾向が続く見込みであることから、過度に悲観視すべき内容ではない。◆10月の生産を業種別に見ると、全15業種中、9業種が前月から上昇、6業種

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月鉱工業生産市場予想からは下振れするも、緩やかな増加基調継続 ◆2013年9月の生産指数は、前月比+1.5%と2ヶ月ぶりの上昇となった。市場コンセンサス(同+1.8%)を下回ったものの、3ヶ月移動平均値は2ヶ月ぶりの上昇となっており、生産は緩やかな増加基調にあるという判断に変更はない。◆9月の生産を業種別に見ると、全15業種中、9業種が前月から上昇、6業種が低下となった。上昇した業種を見ると、輸送機

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

商業販売統計(2013年8月) ~個人消費の増勢に一服感も、年度内は増加基調維持の見込み~

商業販売統計(2013年8月) ~個人消費の増勢に一服感も、年度内は増加基調維持の見込み~

2013年9月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

百貨店売上高(2013年8月) ~基調は横ばい~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:百貨店売上高(2013年8月)発表日:2013年9月20日(金)~基調は横ばい~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-452420.0(%)百貨店売上(既存店、前年比)(%)全国15.0全国15.0東京10.0百貨店売上(全店、前年比)20.0大阪東京10.05.0大阪5.00.00.0-5.0-5.0-10.0-10.0-15.0-15.0-20.010111213(出所)日本百貨店

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用の増加基調鈍化等によりQE3減額は先送りへ(13年8月雇用統計) ~失業率は表面的な改善~

米国 雇用の増加基調鈍化等によりQE3減額は先送りへ(13年8月雇用統計) ~失業率は表面的な改善~

2013年8月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

明暗分かれる米中向け輸出 ~米中向け輸出動向の違いと今後の展望~

Economic Trends明暗分かれる米中向け輸出~米中向け輸出動向の違いと今後の展望~マクロ経済分析レポート発表日:2013年8月28日(水) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 エコノミスト 大塚 崇広 TEL:03-5221-4525(要旨) ○中国向け輸出が冴えない中、米国向け輸出が好調さを保つことで輸出は持ち直しの動きが継続してい る。本稿では中国向けと米国向けの輸出動向の違いを考察した上で今後の輸出動向について展望する。 ○中国向け輸出を財別にみると、輸送用機器は日中関係悪化の

2013年8月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2013年6月) ~持ち直しの動きは続いている~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:機械受注統計調査(2013年6月)発表日 2013年8月13日(火)~持ち直しの動きは続いている~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525民需代理店製造業船舶・電力除く前期比131-3月▲ 0.04-6月6.87-9月(見)(▲ 5.3)121月1.72月4.03月▲ 3.04月2.65月▲ 7.16月1.47月1.78月▲ 1.09月▲ 2.410月▲ 0.811月3.812月

2013年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計13年6月 ~特別給与の増加が賃金を押し上げる

毎月勤労統計13年6月 ~特別給与の増加が賃金を押し上げる | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年6月 ~特別給与の増加が賃金を押し上げる 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現金給与総額は5ヶ月ぶりに前年比で増加・常用雇用者数は緩やかな増加基調が続く7月31日に厚生労働省から発表された2013年6月の毎月勤労統計によると、6月の現金給与総額は前

2013年7月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年6月鉱工業生産

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月鉱工業生産改善一服だが、均せば持ち直しが続く ◆2013年6月の生産指数は、前月比▲3.3%と5ヶ月ぶりの低下となり、市場コンセンサス(同▲1.5%)を下回った。3ヶ月移動平均も5ヶ月ぶりの低下となり、これまでの改善傾向が一服した格好だが、製造工業生産予測調査によれば先行きについては増加基調を見込んでおり、生産は持ち直しが続いているという判断に変更はない。◆6月の生産を業種別に見ると、15業種中1

2013年7月31日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年6月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月雇用統計失業率は改善も就業者数は減少 ◆2013年6月の完全失業率(季節調整値)は3.9%となり、前月から0.2%pt改善した。就業者数は前月から1万人の減少、失業者数は16万人の減少、非労働力人口は16万人の増加となった。6月の有効求人倍率(季節調整値)は0.92倍となり前月から0.02pt上昇した。内訳を見ると、有効求職者数は2ヶ月ぶりに前月から減少、有効求人数は9ヶ月連続の増加となった。◆就

2013年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計13年5月 ~まだ遠い賃金の本格的な回復

毎月勤労統計13年5月 ~まだ遠い賃金の本格的な回復 | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年5月 ~まだ遠い賃金の本格的な回復 押久保 直也・現金給与総額は2ヶ月連続で前年比横ばい・常用雇用者数は緩やかな増加基調が続く7月2日に厚生労働省から発表された2013年5月の毎月勤労統計によると、5月の現金給与総額は前年比0.0%(4月:前年比0.0%)となり、2ヶ月連続で前年比横ばいとなった。その内訳を見てみると、所定内給与は前年比▲0.2%と12ヶ月連続で減少し、所定外給与は前年比▲0.1%と

2013年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年5月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月雇用統計失業率は前月と同水準も内容は若干改善 ◆年5月の完全失業率(季節調整値)は4.1%となり、前月と同水準であった。就業者数は前月から2万人の増加、失業者数は1万人の減少、非労働力人口は3万人の減少となった。5月の有効求人倍率(季節調整値)は0.90倍となり前月から0.01pt上昇し、リーマン・ショック前の2008年6月以来の高水準となった。◆就業者数(季節調整値)は、前月差+2万人と2ヶ月連

2013年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3キャリアとスキル

毎月勤労統計13年4月-賃金に回復の兆し

毎月勤労統計13年4月-賃金に回復の兆し | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年4月-賃金に回復の兆し 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現金給与総額は3ヶ月ぶりに増加・雇用環境にも回復の兆し6月4日に厚生労働省から発表された2013年4月の毎月勤労統計によると、4月の現金給与総額は前年比0.3%(3月:前年比▲0.9%)となり、3ヶ月ぶりに増

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ