「増税実施」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月4日パイプドビッツ★フィードバック数:0社会/政治

主婦対象の調査です。

第22回政治山調査「消費増税は争点にはなりえない-主婦から見た衆院選」

12月2日、第47回衆議院議員選挙が公示となりましたが、衆議院解散のきっかけは消費税率10%への引き上げ時期について国民に問うという安倍首相の決断でした。 今年4月の8%への増税から8カ月、消費増税は私たちの日々の暮らしにどのような影響を与えているのか-政治山では、株式会社うるるとの共同調査として同社が提供する主婦特化型マーケティング調査サイト「暮らしの根っこ」会員のうち、既婚の成人女性を対象に11月20日~25日の間でインターネット調査を実施しました(回答数1000、調査概要へ)。 本調査の結

消費者心理調査(CSI)2014年6月調査

消費者心理調査 214(2014年6月実施)平成26年7月16日(水)14:00 更新【次回調査(��215)結果は平成26年9月中旬発表の予定】3調査ぶりの改善となった消費者心理― 景気見通し指数は増税前の水準を回復 ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(6月調査)によれば、  雇用(失業不安)の回復は4月から足踏みとなるも、収入の見通しは緩やかな改善が続く。また、物価上昇懸念は4月からほぼ横ばいで推移し、悪化の続いた景況感の先行きは改善に転じて、先行きの暮らし向きに対する消費

消費者心理調査(CSI)2013年10月調査

消費者心理調査 210(2013年10月実施)平成25年11月13日(水)14:00 更新【次回調査(��211)結果は平成26年1月中旬発表の予定】消費者心理は2調査連続の後退― 5年ぶりに8割を超えた物価上昇見通し ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(10月調査)によれば、  物価上昇の見通しが8割を超え、「景気見通し指数」が3調査連続で悪化するなど、景況感の先行きにも後退懸念の強まりがうかがわれる。雇用(失業不安)と収入の見通しは、8月からの緩やかな悪化が続き、先行き不透

2013年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 13年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.7%に加速 ~給与税の引き上げなど増税実施にもかかわらず個人消費が牽引~

米国 13年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.7%に加速 ~給与税の引き上げなど増税実施にもかかわらず個人消費が牽引~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ