調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 売上総利益率

「売上総利益率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月9日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年度 主要上場建設会社60社の受注・業績動向調査

2017/6/282016年度 主要上場建設会社60社の受注・業績動向調査工事受注高、2年ぶりの増加〜 官需が回復、民需は伸長続く 〜はじめに上場建設会社の2016年度決算が出揃った。2016年12月に実施した前回調査(2016年度第2四半期業績)では、中間期時点の受注高が前年同期比で9.1%増加。特に、2015年度に減速感が鮮明となっていた官公庁向けの受注は同35.5%の大幅増となり、先行きが注目されていた。帝国データバンクは、全国の主要上場建設会社の2016年度(2016年4月〜2017年3

2016年7月2日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2015年度 主要上場建設会社60社の受注・業績動向調査

2016/6/272015年度 主要上場建設会社60社の受注・業績動向調査工事受注高、5年ぶりの減少〜 官需の伸び率減少へ、民需は伸長続く 〜はじめに上場建設会社の2015年度決算が出揃った。2015年12月に実施した前回調査(2015年度第2四半期業績)では、中間期時点の受注高が前年同期比で7.4%減少。特に、官公庁向けの受注は同30.4%の大幅減となったこともあって、自民党政権発足以来の公共工事による建設好況に変調の兆しが見られ、年度通期での失速が予想されていた。帝国データバンクは、全国の主

2016年1月4日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2015年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査

2015/12/242015年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査受注高は前年同期比7.4%の減少に転じる〜 公共工事受注3割減が影響 〜はじめに上場建設会社の2015年度第2四半期決算が出揃った。2015年6月に実施した前回調査(2014年度通期業績)では、2020年の東京五輪に象徴される再開発、国土強靭化計画に基づくインフラ工事の活況で、2014年度(個別受注高の判明している51社ベース)の受注高は前年度比9.9%増。リーマン・ショック以降、おおよそ5〜7%台で推移してい

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ