調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 売上高比率

「売上高比率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年の中国上場医薬品企業の動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング2015年の中国上場医薬品企業の動向−調査結果 [調査結果のポイント] 上海・深圳証券取引所に上場している医薬品企業127社を調査• 上場医薬品企業の売り上げ伸び悩む→ 売上高1000億円超えた企業は20社、伸び率20%超えた企業は36社• 研究開発費の対売上高比率は日本の2割程度→ 売上高研究開発費率が10%を超えた企業は5社、半数企業は4%以下 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下

2016年2月22日インターブランドフィードバック数:0ビジネス

グローバル日本ブランドランキングTop40 2016

* "Best Global Brands 2015"にランクインしたブランドは、"Best Global Brands 2015"のブランド価値金額を適用しています。** 海外売上高比率はトヨタ自動車の数値*** ヤマハ発動機株式会社とヤマハ株式会社のブランド価値を合算して算出しています。海外売上高比率は2社の海外売上高の合計を総売上高で割っています。

2016年2月22日インターブランドフィードバック数:0ビジネス

ドメスティック日本ブランドランキングTop40 2016

* 海外売上高比率は30%超ですが、各ブランド(SoftBank, Suntory, Kao, Kirin, Tokio Marine)を冠する事業での売上高は30%に満たないため、本国内のランキングの対象としています。** Suntoryのブランド価値および海外売上高比率は、上場しているサントリー食品インターナショナルの数値をベースに評価しています。*** Japan Airlinesの海外売上高は国際線と海外売上の合計となっております。一方で実質的に国外で発生した売上高は公表されおりません。

2011年2月9日野村総合研究所★★フィードバック数:9企業情報システム

NRIによる経営とITに関する調査です。

経営戦略におけるITの位置づけに関する実態調査(第3回)

「経営戦略におけるITの位置づけに関する実態調査(第3回)」を実施 ~グローバル化にともなう戦略的IT活用への期待の高まり~2011年2月3日株式会社野村総合研究所株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本 正、以下「NRI」)は、2010年9月6日から10月15日にかけて、日本国内に本社を持つ大手企業の経営企画部門を対象に、「経営戦略におけるIT(情報技術)の位置づけに関する実態調査」を実施しました。この調査は、2008年から継続して行っており、第3回となります。今回の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ