調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 売上高経常利益率

「売上高経常利益率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

自動車部品業界の動向です。

2014(平成26)年度 自動車部品工業の経営動向

2015年6月19日2014(平成26)年度 自動車部品工業の経営動向一般社団法人 日本自動車部品工業会一般社団法人日本自動車部品工 業会 は、 2015 年5月15日現在での会員企業 4 4 3 社のうち、上場企業で自動車部品の売上高比率が50%以上、かつ前年同期比較が可能な自動車部 品 専 門 企業 82 社 の 2014 年度(4~3月)の経営動向を各社の連結決算短信(※連結決算を行っていない企業は単独決算)により集計・分析した。 なお、国際財務報告基準(IFRS)適用企業1社(全体に占め

2015年6月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計15年1-3月期~増益率は大幅鈍化も、設備投資に明るさ

法人企業統計15年1-3月期~増益率は大幅鈍化も、設備投資に明るさ | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計15年1-3月期~増益率は大幅鈍化も、設備投資に明るさ 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・製造業が3四半期ぶりの減益・設備投資に明るさも本格回復には時間がかかる・1-3月期・GDP2次速報は1次速報とほぼ変わらず財務省が6

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本の企業の稼ぐ力

経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)NO.51日本の企業の稼ぐ力佐久間 啓専務取締役経済調査部長日本の稼ぐ力を取戻すことが成長戦略の鍵とな資料1.売上高利益率(%)ると言われている。日本の企業は 80 年代後半の5.0「ザ・バブル」とその崩壊、その後の労働力人口4.5の減少、金融危機、デフレという内なる敵に悩ま4.0される一方、外ではグローバル化の波にさらされ3.5るという厳しい環境の中を生き抜いてきた。そう3.0した日本の企業活動を時系列で把握するには財務2.5省の

2014年9月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

主要日本企業の2014年4~6月期決算動向

みずほインサイトマーケット2014 年 9 月 22 日主要日本企業の 2014 年 4~6 月期決算動向市場調査部大塚理恵子03-3591-1420rieko.otsuka@mizuho-ri.co.jp○ 2014年4~6月期の決算は製造業を中心に増益基調を維持し、総じて底堅い内容。但し、小売業やサービス業など消費増税による個人消費の反動減の影響を受けやすい業種は苦戦○ 収益性については製造業と非製造業との間で差が拡大。非製造業は原価率の上昇基調が継続しており、収益を圧迫している○ 2015

平成24年度の自動車部品工業の経営動向

平成25年6月18日平成24年度の自動⾞部品⼯業の経営動向一般社団法人 日本自動車部品工業会一 般 社 団 法 人 日 本 自 動 車 部 品 工 業 会 は 、 平 成 25 年5月1日現在での会員企業 445 社のうち、上場企業で自動車部品の売上高比率が50%以上、かつ前年同期比較が可能な自動車部 品 専 門 企 業 82 社の平成 24 年度の経営動向を各社の連結決算短信(※連結決算を行っていない企業は単独決算)により集計・分析した。<完成車メーカーの状況>平成24年度の世界経済は、欧州債

2013年7月28日日本建設業連合会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設業界の決算のまとめです。

2012年度日建連法人会員決算状況調査

日建連法人会員決算状況調査2013年7月(一社) 日 本 建 設 業 連 合 会Ⅰ.調査要領○ 調査対象 :日建連法人会員139社のうち、2009年度以降のデータ収集が可能な128社○ 調査項目 :損益計算書及び貸借対照表中の基本的項目(全て単体決算)○ 調査年度 :2012年度(2012年度:2012年4月から2013年3月の間に行われた本決算)Ⅱ.調査結果《概要》調査結果の額は会員企業の合計値、*は会員企業の合計値による比率で示す。1. 収益(1)売上高(2)完成工事総利益(3)営業利益(4

日銀短観(2013年3月調査)予測

2013年03月21日○4月1日に公表される2013年3月調査の日銀短観では、大企業製造業の業況判断DIは前回調査から4ポイント上昇の-8に改善すると予測する。生産が持ち直していることに加え、海外経済の再加速を受けて輸出は下げ止まってきている。ただし、加工業種では大幅な改善が見込まれるのに対し、素材業種では景況感の改善は小幅にとどまるとみられる。これは、円安の進行を受けて、前者では輸出の採算改善といったメリットが大きい一方、後者では原材料など輸入価格の上昇といったデメリットが大きいためである。○

2012年12月28日経済産業省★フィードバック数:1社会/政治

経産省による企業の経営状況等の調査です。

平成24年経済産業省企業活動基本調査速報

平成24年企業活動基本調査速報-平成23年度実績-要旨(プレスリリース 平成24年12月26日公表)概況 のダウンロード概要売上高と利益の状況費用の状況付加価値額の状況資産の状況従業者の状況子会社・関連会社の保有状況 付表1 産業別、企業数、事業所数、常時従業者数、売上高付表2 産業別、事業組織別、国内・海外別、事業所数付表3 産業別、常時従業者数の内訳(正社員、パート別)、受入れ派遣従業者数付表4 産業別、1企業当たり常時従業者数の内訳(正社員、パート別)、受入れ派遣従業者数 付表5 産業別、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ