「売却理由」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年11月6日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

中古品の売買に関するアンケート調査(第4回)

中古品の売買に関するアンケート調査(第4回) ■中古品を「買ったことも売ったこともある」が5割強、購入経験者7割弱、売却経験者6割強。直近3年間に中古品を買った人・売った人はそれぞれ5割、若年層での比率が高い。■直近3年間に購入した中古品は「書籍、コミック、雑誌」が3割、「CD、レコード」「衣類」が各10%台。売った中古品も同様の傾向。買う場所・売る場所はいずれも「中古品を取り扱っている店」が各6~7割。「フリマアプリ」で買う人・売る人はそれぞれ2割弱で、女性10~30代で高い。■直近3年

不動産投資に関する意識調査(第8回)

2016 年 6 月 8 日野村不動産アーバンネット株式会社報道関係者各位投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」2016 年度 不動産投資に関する意識調査(第 8 回)を実施マイナス金利導入の影響は?!~マイナス金利導入で「不動産投資に対する意欲が上がった」28.4%~野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:前田 研一)は、2016 年 5 月 18 日~5 月 24 日、「不動産投資に関する意識調査(第 8 回)」を実施いたしました。この度、調査結果がまとまりましたので

2013年4月25日マイボイスコムフィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム 中古品の売買(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ中古品購入経験者・売却経験者は各7割弱。購入経験者は2009年調査時に比べ減少。売ったことがあるジャンルは「書籍、コミック、雑誌」「CD、レコード」「ゲームソフト」「DVD、ビデオ、LD、Blu‐ray」などのコンテンツや「ブランド物以外の衣類」が上位 衣類・衣類小物、貴金属類、美術品などの中古品の売却理由は「使わなくなった」「捨てるよりは少しでもお金になった方がよい」「部屋を整理したかった」が上位3位。以下、「まだ使えるのでもったいない」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ