「売掛金」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

珍しいテーマの調査です。

売掛金の入金消込業務に関する調査

お知らせ2015.01.20売掛金の入金消込に関する市場調査についてPressRelease報道関係者 各位 業務パッケージシステム開発の株式会社アール・アンド・エー・シー(本社:東京都千代田区、代表 高山知泰)は、BtoBビジネスにおける売掛金の企業間決済手段と入金消込業務に関する実態について、市場調査を行いました。入金消込業務とは、企業が顧客に請求した代金が、約束された期日までに請求額通りに入金決済されたかどうかを確認するための経理業務です。このたび、株式会社アール・アンド・エー・シーが企業

2014年3月27日企業共済協会フィードバック数:0ビジネス

企業倒産調査月報 2014年4月(2014年2月調査)速報

[00]最近の景気動向と企業倒産景気は駆け込み需要の反動で一時的な落ち込み新年度入りである。景気回復で経済指標の改善が進み、事業環境はほぼ順調に推移している。その一方で、いよいよ消費税の増税がスタートした。一時的な消費の落ち込みは避けられないだろう。こんご景気が持続的な成長を遂げていくためには、政策の下支えだけでなく、輸出回復と賃上げという二つの要素を満たしていく必要がある。ひところは、円安が輸出伸長の切り札とされたが、最近は円安が必ずしも輸出増、収益増につながらない経済構造になってきた。企業の

2013年11月26日企業共済協会フィードバック数:0ビジネス

企業倒産調査月報 2013年12月(2013年10月調査)速報

[00]最近の景気動向と企業倒産民需主導の成長へシフトが課題師走入りである。経済の1年を振り返ると、アベノミクス効果で景気は「持ち直しから回復」へと、着実に歩を進めている。もっとも、大胆な財政出動、異次元の「量的・質的金融緩和」による初期効果が薄れてきたのも事実である。これからの局面は、脱デフレ・成長という目標達成に向かって、実際面で成長戦略の最先端を担う企業が、賃上げ・雇用改善、設備投資をどう進めるかにかかってくる。上場企業の業績が好調である。2013年度上半期は、円安の追い風を受けて自動車、

2013年10月27日企業共済協会フィードバック数:0ビジネス

企業倒産調査月報2013年11月号(2013年9月調査)

[00]最近の景気動向と企業倒産経済指標の多くが、景気回復の広がりを示している。直近では、財務省が7~9月期全国11地域の景気動向でについて「緩やかに回復しつつある」と、3四半期連続で上方修正している。回復の表現がはいるのは、07年10~12月期以来のことである。内閣府の8月機械受注は、リーマンショック以来の高水準となったことから、景気の基調判断を「持ち直している」と2か月ぶりに上方修正した。企業の設備投資意欲が、徐々に上向きになってきた。中小製造業の設備投資に限ってみても、日本政策金融公庫の9

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ