「変化率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月5日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

価格高騰時の消費者行動を探る~家計調査 数量集計結果の一歩踏み込んだ活用例~

ここから本文です。統計Today No.116価格高騰時の消費者行動を探る〜家計調査 数量集計結果の一歩踏み込んだ活用例〜 総務省統計局統計調査部 消費統計課調査官 佐藤 朋彦1 はじめに 昨年(2016年)は夏の天候不順により秋に販売された生鮮野菜の価格が急騰し、家計消費全体の動きにも影響を及ぼしました。そこで、この時に世帯(消費者)がとった購買行動について、「レタス」を例に家計調査の数量集計結果を活用して見てみることにしましょう。家計調査では、調査開始の1か月目に購入した生鮮野菜や生鮮果物な

2015年4月12日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年10~12月期の産業別労働生産性の動向

■産業別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 産業別にみた労働生産性上昇率(2014年10〜12月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。※※要因分解:労働生産性、産出、雇用、労働時間の変化率はいずれも原指数の対前年同期比。 ■鉱工業・業種別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 鉱工業・業種別の労働生産性上昇率 (2014年10〜12月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比

2015年3月31日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

高失業率に対する人口移動の反応:日本の市区町村データを用いた空間計量経済分析

ノンテクニカルサマリー 高失業率に対する人口移動の反応:日本の市区町村データを用いた空間計量経済分析このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 その他特別な研究成果(所属プロジェクトなし)地域労働市場の異質性や相互関係

2014年8月5日日本生産性本部フィードバック数:0ビジネス

2014年1~3月期の産業別労働生産性の動向

■産業別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 産業別にみた労働生産性上昇率(2014年1〜3月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。※※要因分解:労働生産性、産出、雇用、労働時間の変化率はいずれも原指数の対前年同期比。 ■鉱工業・業種別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 鉱工業・業種別の労働生産性上昇率 (2014年1〜3月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。※※要

2014年5月6日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

建設業の雇用についてのレポートです。

建設産業と雇用の動向に関する長期分析

労働市場分析レポート第 33 号平成 26 年5月2日建設産業と雇用の動向に関する長期分析建設産業の動向を長期的にみると、昭和 30 年代から 40 年代にかけての高度経済成長や、昭和 60 年のプラザ合意と円高不況に伴う内需拡大策などで産業規模が拡大し、さらに、平成 3 年のバブル崩壊後も、累次の経済対策を通じて拡張が続いた。こうして、建設就業者は平成 9 年にピークを迎えることとなったが、その後は一転して減少傾向にある。一方、近年では、公共投資や住宅投資が大きく増加し、建設業の業況は改善する

2014年2月3日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

平成26年度の年金額は0.7%の引下げ

平成26年1月31日【照会先】厚生労働省年金局年金課(代表電話) 03(5253)1111(内線) 3336、3337  総務省から、本日(1月31日)発表された「平成25年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食品を含む総合指数)の対前年比変動率は、0.4となりました。また、平成26年度の年金額改定に用いる「名目手取り賃金変動率※」は となりました。 この結果、平成26年度の年金額は、法律の規定に基づき、特例水準の段階的な解消(平成26年4月以降は▲1.0%)と合わせて、 の引下げとなります

2013年10月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

前回増税時に見る、消費税増税の消費者物価への影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 前回増税時に見る、消費税増税の消費者物価への影響 消費税率が2014年4月1日に、現行の5%から8%へと引き上げられることが正式に決定した。消費税率が引き上げられると、物価上昇によって家計の購買力(実質所得)が目減りするため、家計消費を減少させる。増税による経済への影響を考える上では、増税によってどの程度物価が上昇するかというのが重要な論点となる。一般的には、消費税率が1%引き上げられれば、消費者物価

2013年8月5日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

内閣府の試算です。

平成25年度の経済動向について(内閣府年央試算)

平成 25 年度の経済動向について(内閣府年央試算)平 成 25 年 8 月 2 日内閣府我が国経済は、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の「三本の矢」による一体的な取組みの下、個人消費などの支出の増加が生産の増加につながり、それが雇用・所得の増加をもたらすという実体経済の好循環の動きが始まりつつある。今後については、緊急経済対策の効果の発現に加え、成長戦略の推進等、引き続き「三本の矢」に一体的に取り組んでいくことにより、所得環境が改善し、着実な需要の発現と雇用創出が見

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ