調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 外国人投資家

「外国人投資家」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月10日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

非財務情報の開示と外国人投資家による株式保有

非財務情報の開示と外国人投資家による株式保有概要1990年代後半から2000年代初めにかけての銀行株の価格下方修正、銀行の経営破たん、連結決算制度、持ち合い株式の時価評価導入などにより、持ち合いや金融機関による株式保有など、いわゆるインサイダー株主の比率が低下し、国内外機関投資家、個人などアウトサイダー株主による保有が増え、上場企業はアウトサイダーの利害を考慮した経営、アウトサイダーを意識した情報開示を意識せざるを得なくなった。企業の非財務情報の開示への要請の高まりに積極的に対応する企業が増え、

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

有価証券報告書から読み解く役員報酬制度の今後の方向性

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティングインサイト 人事・健保・退職給付 有価証券報告書から読み解く役員報酬制度の今後の方向性 2014年8月20日コンサルティング・ソリューション第三部 主任コンサルタント 小針 真一これまで大和総研では、様々なレポートを通じて「役員退職慰労金制度を廃止し、その代替制度として株式報酬型ストック・オプション制度を導入する企業が増えている実態や背景」について情報発信を行ってきた。本レポートは、

続・買ってはいけない!?外国人が大量に買った株 Part2:有望株の“傾向と対策”

続・買ってはいけない!?外国人が大量に買った株 Part2:有望株の“傾向と対策” | ニッセイ基礎研究所 続・買ってはいけない!?外国人が大量に買った株 Part2:有望株の“傾向と対策” 金融研究部 チーフ株式ストラテジスト・年金総合リサーチセンター兼任 井出 真吾基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■Part1:「やっぱり買わなくてよかった」のおさらい「外国

「新興国・地域からの資金引き揚げ」と警戒すべきリスク

「新興国・地域からの資金引き揚げ」と警戒すべきリスク | ニッセイ基礎研究所 「新興国・地域からの資金引き揚げ」と警戒すべきリスク 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年5月にバーナンキFRB議長(当時)が量的緩和策の縮小に言及して以降、経常赤字国を中心に新興国・地域の通貨が大きく下落し、特に「外国人投資家による新興国・地域からの資金引き

大幅な上昇が続く株価

2013/05/14 ◆日経平均1万5千円は目前週明けの5月13日の日経平均株価は前日比175円も上昇して終値は14,782円だった。為替市場では一段と円安が進行し、一時対ドルで102円台をつけた。前週の後半にNY市場で4年1カ月ぶりに100円台に乗せ、続いて東京市場で101円台後半まで円安が進行していたが、週が替わっても円安の流れは止まらなかった。株価上昇の直接の原動力はこの円安だ(5月13日の終値は101.63円)。為替相場や株価を見ていて分かるのは、市場参加者が相場の先行きをどう見るかによ

2012年7月10日内閣府フィードバック数:1社会/政治

国際的なポートフォリオのリバランシングと日米株価の連動

今週の指標 No.1038 国際的なポートフォリオのリバランシングと日米株価の連動ポイント2012年7月9日米国の株価と日本の株価は1990年代半ばまでは相関が見られなかったが、90年代半ば以降は概ね連動するようになった(図1)。しかし、リーマンショック後には、米国株価が上昇する中で、日本株の動きとの間にかい離がみられるようになった。 米国の株価の変動が日本の株価に波及する経路としては、次のようなポートフォリオのリバランシングが重要と考えられる。米国の株価が上昇した場合、国際的なポートフォリオの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ