調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 外国人消費

「外国人消費」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月31日日経:Visual Dataフィードバック数:0大型消費/投資

インバウンド統計リポート 2017.8.23公開

旅行支出 英・伊が中国超え 2017年4~6月期の旅行消費額は前年同期比13%増の1兆776億円と過去最高となった。韓国や香港からのインバウンド(訪日外国人)数が増え、全体の消費額を押し上げた。1人あたりの消費額でみると、英国など欧州客がお金をたくさん使っている。大阪や東京は依然として人気の訪問先だが、1年前と比べると徳島や九州各県が伸びている。インバウンド統計リポートで訪日客の今を追う。日本政府観光局「訪日外客数」、観光庁「訪日外国人消費動向調査」 全体動向をチェック訪日客数首位は韓国韓国から

2017年3月5日内閣府★フィードバック数:0ライフスタイル

化粧品の生産動向とインバウンド消費

今週の指標 No.1163 化粧品の生産動向とインバウンド消費 ポイント2017年2月27日化学の生産は、近年増加基調にあり、2015年1月を起点とした累積変化率に対する品目別の寄与度をみると、特に化粧品の寄与が大きくなっている(図1)。この背景には化粧品輸出の増加が出荷を牽引していることがある。以下では、なぜ化粧品の生産が増加しているのか各種データを基に分析する(図2)。まず、2014年から2016年にかけて、化粧品の出荷・輸出に加え、訪日外国人消費の動きをみると、いずれも2年連続で増加して

2016/17年インバウンド見通し

○2015年の訪日外国人数は1974万人(前年比+47.1%)と4年連続で増加し、訪日外国人消費(インバウンド消費)は3兆4771億円(同+71.5%)と過去最高となった。1人あたり消費額(消費単価)も増えており、中国人による「爆買い」が牽引役となった。また、地域別に見ると、訪日外国人は関東と関西に集中しており、それ以外との差は依然として大きいものの、地方にも徐々に足が伸びるようになっている。○2016年上期(1~6月期)の訪日外国人数は1171万人(前年比+28.2%)、インバウンド消費額は1

2016年5月29日電通フィードバック数:0大型消費/投資

北陸観光の実態を位置情報データから見てみた―その3

北陸観光の実態を位置情報データから見てみた―その3【NewsPicks×電通報】位置情報ビッグデータで見る人の流れ №62016/05/25北陸観光の実態を位置情報データから見てみた―その3【NewsPicks×電通報】電通「人の流れラボ」研究員の秋元です。「北陸新幹線の開業によって、北陸観光の人の流れがどのように変化したのか、位置情報ビッグデータを活用して見てみよう」シリーズの3回目です。1回目と2回目の記事はこちらを参照ください。1回目の記事で日本人来訪者の分析を行い、2回目の記事では富山県

2015年4月30日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドです。

訪日外国人消費動向調査 平成27年1-3月期の調査~平成26年1-3月期以降、5四半期連続で1四半期の最高値を更新し7,066億円に~

訪日外国人消費動向調査 平成27年1-3月期の調査結果 ~平成26年1-3月期以降、5四半期連続で1四半期の最高値を更新し7,066億円に~ 最終更新日:2015年4月30日○平成27年1-3月期の訪日外国人1人当たりの旅行支出は171,028円。前年同期(149,517円)比14.4%増加。 ○訪日外国人の旅行消費額は7,066億円。前年同期(4,298億円)比64.4%増加。平成26年10-12月期旅行消費額5,605億円を超え、1四半期として過去最高値を記録。●訪日外国人1人当たりの旅行支

2015年1月30日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドでの消費動向です。

訪日外国人消費動向調査平成26年10-12月期結果

訪日外国人消費動向調査平成26年10-12月期結果 ~平成26年1-3月期以降、4四半期連続で1四半期の最高値を更新し5,605億円に~ 最終更新日:2015年1月30日○平成26年10-12月期の訪日外国人一人当たりの旅行支出は152,471円。前年同期(140,440円)比8.6%増加。○訪日外国人の旅行消費額は5,605億円。前年同期(3,698億円)比51.6%増加。平成26年1-3月期以降、4四半期連続で1四半期の最高値を更新。 ●訪日外国人一人当たりの旅行支出は152,471円。 前

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

勢いを増す外国人消費

勢いを増す外国人消費

2014年11月3日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人消費動向調査 平成26年7-9月期

訪日外国人消費動向調査 平成26年7-9月期~平成26年の旅行消費額は第3四半期までで、昨年の年間値を超えました~ 最終更新日:2014年10月31日○平成26年7-9月期の訪日外国人一人当たりの旅行支出は158,257円。前年同期(140,442円)比12.7%増加。15万円代は調査開始以来、最高値を記録。○訪日外国人の旅行消費額は5,505億円。前年同期(3,899億円)比41.2%増加。調査開始以降、1四半期で5,000億円を超えたのは初めて。○また、平成26年の旅行消費額は第3四半期まで

2014年8月1日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人消費動向調査 平成26年4-6月期

訪日外国人消費動向調査 平成26年4-6月期~訪日外国人による旅行消費額は2期連続で過去最高!~ 最終更新日:2014年7月31日○平成26年4-6月期の訪日外国人一人当たりの旅行支出は143,942円。前年同期(136,151円)比5.7%増加。○訪日外国人の旅行消費額は4,874億円。前年同期(3,675億円)比32.6%増加。 ●訪日外国人一人当たりの旅行支出は143,942円。前年同期(136,151円)と比べると、5.7%増加。●全国籍・ 地域の一人当たり旅行支出が増加した主因は、20

2014年5月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

外国旅行と国際収支

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 前々回、前回に続いて国際収支についての話題を追ってみよう。ゴールデンウィークで外国に旅行に出かけた方も多いだろう。今年は景気が上向いたせいか、ヨーロッパなど遠方に旅行する方が増えたと聞く。ところで、外国に旅行する、あるいは外国から旅行者が来ると、国際収支にはどのように反映されるのだろうか?外国に旅行する費用というと、航空機を使う場合がほとんどだと思うが、航空運賃があり、旅行先での宿泊費、食費や交通費が

2014年2月4日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人消費動向調査(平成25年10-12月期)の調査

訪日外国人消費動向調査(平成25年10-12月期)の調査結果の発表 最終更新日:2014年1月31日◆訪日外国人全体の旅行消費額は3,082億円。前年同期(2,149億円)と比べると 訪日外国人数の増加及び、一人当たりの旅行中支出額増加に伴い、43.4%増加。◆訪日外国人一人当たりの旅行中支出額は117,038円で前年同期(105,121円)に比べ11.3%増加。これは、買物代増加の影響が大きい。◆訪日旅行全体の満足度は「大変満足」44.7%、「満足」46.4%で合わせて91.2%。◆再訪意向は

2013年11月3日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人消費動向調査(平成25年7-9月期)の調査

訪日外国人による旅行消費額は3,253億円で過去最高の数値を記録!~訪日外国人消費動向調査(平成25年7-9月期)の調査結果~ 最終更新日:2013年10月31日◆訪日外国人全体の旅行消費額は3,253億円。前年同期(2,558億円)と比べると、訪日外国人数の増加に伴い27.2%増加。当調査の最高数値を記録。◆訪日外国人一人当たりの旅行中支出額は117,151円で前年同期(112,211円)に比べ4.4%増加。◆訪日旅行全体の満足度は「大変満足」45.6%、「満足」46.0%で合わせて91.6%

2013年8月1日国土交通省フィードバック数:6社会/政治

訪日外国人消費動向調査(平成25年4-6月期)の調査

訪日外国人消費動向調査(平成25年4-6月期)の調査結果の発表 最終更新日:2013年7月31日◆訪日外国人全体の旅行消費額は3,132億円。前年同期(2,421億円)と比べると、訪日外国人数の増加に伴い29.4%増加。◆訪日外国人一人当たりの旅行中支出額は116,033円で、前年同期(113,693円)に比べ2.1%増加。◆訪日旅行全体の満足度は「大変満足」43.6%、「満足」48.8%で合わせて92.4%。◆再訪意向は「必ず来たい」57.7%、「来たい」35.2%で合わせて92.9%。1.訪

2013年5月1日国土交通省フィードバック数:7社会/政治

訪日外国人消費動向調査(平成25年1-3月期)の調査

訪日外国人消費動向調査(平成25年1-3月期)の調査結果の発表 最終更新日:2013年4月30日◆訪日外国人全体の旅行消費額は約2,539億円。前年同期(2,242億円)と比べると訪日外国人数の増加に伴い13.2%増加。◆訪日外国人一人当たりの旅行中支出額は112,594円で前年同期(117,295円)に比べ微減(4.0%減)。◆訪日外国人の満足度は高く、93.1%が再訪意向。 ◆訪日外国人全体の旅行消費額は約2,539億円・訪日外国人全体の日本国内での旅行消費額は2,539億円で、前年同期(2

2013年4月1日国土交通省★フィードバック数:3大型消費/投資

訪日外国人の消費についての調査です。

訪日外国人消費動向調査 平成24年の年次報告書

訪日外国人消費動向調査 平成24年の年次報告書をとりまとめました! 最終更新日:2013年5月10日○訪日外国人の旅行消費額は全体で1兆861億円(前年比33.5%増、前々年比5.5%減)と推計。○訪日外国人の日本国内での旅行中支出額は1人当たり平均111,983円(前年比1.7%減、前々年比0.7%減)と推計。1.訪日外国人の旅行消費額を推計すると1兆861億円と推計。前年(8,135億円)と比べ33.5%増、前々年(1兆1,490億円)と比べ5.5%減となった。これは平成24年の訪日外客数(

2013年3月9日国土交通省★フィードバック数:8大型消費/投資海外

タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピンを対象としています。

東南アジア5ヶ国 訪日外国人消費動向調査

訪日外国人消費動向調査~東南アジアからの訪日外国人の消費動向を分析しました~ 最終更新日:2013年3月7日○東南アジア5ヶ国からの一人当たり旅行総支出額は20~23万円台の間に分布する。一人当たり旅行中支出額は11~12万円台。○タイからの訪日観光客に注目すると、日本食を食べること・ショッピングが人気。買物支出額は平均5万円で菓子類が3割を占める。東南アジアからの訪日外国人の旅行支出(平成22~24年調査結果より) □タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピンの旅行支出を分析した

2013年2月10日国土交通省フィードバック数:25大型消費/投資

訪日外国人消費動向調査(平成24年10-12月期)

最終更新日:2017年10月18日わが国の訪日外国人客の消費実態等を調査しています。訪日外国人客の消費実態等を把握し、観光行政の基礎資料とする。 1.調査対象者トランジット、乗員、1年以上の滞在者等を除く日本を出国する訪日外国人客2.調査標本数四半期毎に総数9,710サンプルを目標に調査を実施(年間38,840サンプル) 回答者の属性(国籍、性別、年齢等)、訪日目的、主な宿泊地、消費額など※本調査の実施に合わせて訪日旅行に対する満足度等の意識調査も実施します。 1.調査実施場所新千歳空港、函館空

2013年2月2日国土交通省フィードバック数:5大型消費/投資

訪日外国人消費動向調査(平成24年10-12月期)の調査結果

訪日外国人消費動向調査(平成24年10-12月期)の調査結果の発表について 最終更新日:2013年1月31日◆訪日外国人一人当たりの旅行中支出額は105,120円前年同期比:4.7%減、前々年同期比:8.5%減◆訪日外国人全体の旅行消費額は約2,149億円と推計前年同期比:12.0%増、前々年同期比:7.0%減◆訪日外国人の満足度は高く、91.8%が再訪意向※平成23年3月に発生した東日本大震災等の影響により、訪日外客数が減少したため、それに伴い前年同期の旅行消費額が減少しています。よって前年同

2012年6月1日国土交通省★フィードバック数:5大型消費/投資

震災からの回復をテーマにしています。

「訪日外国人消費動向調査」震災からの回復状況・訪日回数と消費動向の関係について詳細分析

「訪日外国人消費動向調査」震災からの回復状況・訪日回数と消費動向の関係について詳細分析を行いました 最終更新日:2012年5月31日○ 平成24年1-2月期の訪日観光客数は前年比21%減、訪日ビジネス客数は14%増 ※ ○ 訪日回数が多いほど、旅行中支出額が高い傾向※平成24年1-2月期の訪日外客総数は前年比11.5%減(JNTO推計値) [1]震災から1年、平成24年1-2月期の回復状況 ◆観光客数は65.3万人と推計。前年同期(23年1-2月期(83.2万人))と比べて21%減。国籍別では、

2012年4月2日国土交通省フィードバック数:3社会/政治

「訪日外国人消費動向調査」について平成23年の年次報告書

「訪日外国人消費動向調査」について平成23年の年次報告書をとりまとめました! 最終更新日:2012年3月30日◆訪日外国人の日本国内での旅行中支出額は1人当たり平均113,917円(前年比1.0%増)と推計。◆訪日外国人の旅行消費額は全体で8,135億円(前年比29.2%減)と推計。◆旅行消費額を国籍別にみると、[1]中国1,964億円(前年比21.4%減)、[2]韓国1,254億円(前年比36.5%減)、[3]台湾1,059億円(前年比19.7%減)となっている。◆訪日旅行の満足度は「大変満足

2012年2月29日国土交通省フィードバック数:6社会/政治

「訪日外国人消費動向調査」平成23年10-12月期の結果について詳細分析

「訪日外国人消費動向調査」平成23年10-12月期の結果について詳細分析を行いました 最終更新日:2012年2月28日[1]訪日観光客の旅行支出の詳細分析(韓国・台湾・香港・中国・米国) ◆円高の影響もあってか、日本国内での旅行中支出は前年同期比で概ね1割程度減少。【韓国】観光客の旅行中支出は前年同期比-12%買物代、飲食費が減少【台湾】観光客の旅行中支出は前年同期比-10%買物代が減少【香港】観光客の旅行中支出は前年同期比-14%買物代が減少【中国】観光客の旅行中支出は前年同期比-5%宿泊費が

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ