調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 外国為替市場

「外国為替市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月25日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

「為替」関連倒産(9月・年度上半期)

公開日付:2017.10.10 9月の外国為替市況は、8日の外国為替市場で一時1ドル=107円台になり、2016年11月以来10カ月ぶりの円高・ドル安水準をつけた。米国本土への相次ぐハリケーン上陸などによる米国経済の先行き不透明感の強まりと、北朝鮮が建国記念日を控えて新たな挑発行動に出るとの警戒もあって円買いが促進された。しかしそれ以降は、当面は米朝の軍事衝突が避けられるとの見方から、じりじりと円安に振れ、27日は一時1ドル=113円台になり2カ月半ぶりの円安・ドル高水準になった。こうしたなか、

2015年1月15日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)外国為替市場におけるヘッジファンド:市場構造や価格形成へのインプリケーション

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 外国為替市場におけるヘッジファンド:市場構造や価格形成へのインプリケーション2015年1月14日金融市場局 大河理沙要旨近年の外国為替市場では、取引高などの面でヘッジファンドのプレゼンスが高まっている。これらヘッジファンドは、マクロ経済見通しなどのシナリオに基づき取引を行う「グローバルマクロ」、統計的分析に基づきトレンドに乗る「CTA」、高速・高頻度での価格提示や裁定取引を行う「HFT」に大別され、外国為替市場の構造や

2014年7月29日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

日銀のレポートです。

最近の外国為替市場の構造変化

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の外国為替市場の構造変化2014年7月28日金融市場局 王悠介、高田良博、菅山靖史要旨最近の外国為替市場では、市場参加者の構成や取引手法が変化しており、その影響は、各国市場の取引高やレート形成のプロセスにも及んでいる。まず、ヘッジファンドのプレゼンスの高まりから、その拠点が多いロンドン、ニューヨーク市場で取引高の増加が顕著である。また、電子取引の利用拡大とともに、大手金融機関への取引集中と、ディーラー間市場のシェア

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ