「外国資本」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月10日林野庁フィードバック数:0社会/政治

外国資本による森林買収に関する調査

外国資本による森林買収に関する調査の結果について農林水産省は、平成27年における外国資本による森林買収の事例について、都道府県を通じて調査を行い、結果を取りまとめました。 1. 調査方法平成27年1月から12月までの期間における外国資本による森林買収について、森林法に基づく届出情報などの行政が保有する情報(注)を参考に、都道府県を通じて調査を行いました。(注)行政が保有する情報 面積にかかわらず、森林の土地の所有者となった場合に市町村へ提出されたものです。 一定面積以上(都市計画区域外

2015年5月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアの長い冬、ロシア経済の悪化は続く

リサーチ TODAY2015 年 5 月 29 日ロシアの長い冬、ロシア経済の悪化は続く常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創ロシアでは2014年に実質GDP成長率が+0.6%と、かろうじてプラス成長を維持したものの、2015年入り後は、内需を中心に景気悪化が急速に進行している。内需悪化の直接的な要因は、実質賃金の減少、銀行貸し出しの減速、企業収益の悪化などである。みずほ総合研究所は原油価格下落のロシア経済への影響に関するリポートを発表している1。そこではウクライナ危機の長期化や原油安の継続

2015年4月24日林野庁フィードバック数:0社会/政治

外国資本による森林買収に関する調査

外国資本による森林買収に関する調査の結果について農林水産省は、平成26年における外国資本による森林買収の事例について、都道府県を通じて調査を行い、結果を取りまとめました。 1.調査方法平成26年1月から12月までの期間における外国資本による森林買収について、森林法に基づく届出情報などの行政が保有する情報(注)を参考に、都道府県を通じて調査を行いました。(注)行政が保有する情報面積にかかわらず、森林の土地の所有者となった場合に市町村へ提出されたものです。 一定面積以上(都市計画区域外の

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か

アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能かアジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か 経済研究部 研究員 斉藤 誠アジア新興国・地域は、先進国を上回る成長率の高さに注目が集まるが、中国・インド・ASEAN主要4カ国(マレーシア・タイ・インドネシア・フィリピン)・韓国・台湾など国・地域によって成長速度は異なる。本稿では、上記8カ国・地域について1980年

インドと中国~中国経済の新たな脅威に浮上してきたモディノミクス

インドと中国~中国経済の新たな脅威に浮上してきたモディノミクス | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > インドと中国~中国経済の新たな脅威に浮上してきたモディノミクスインドと中国~中国経済の新たな脅威に浮上してきたモディノミクス 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎インドでは5月26日に人民党(BJP)のナレンドラ・モディ氏が新首相に就任した。政権公約を見ると前政権の路線と大きな変わりはないようにも見えるが、外国資本の誘致については、複数ブランドの小売分野に消極姿勢を示

インドと中国~中国経済の新たな脅威に浮上してきたモディノミクス

インドと中国~中国経済の新たな脅威に浮上してきたモディノミクス | ニッセイ基礎研究所 インドと中国~中国経済の新たな脅威に浮上してきたモディノミクス 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インドでは5月26日に人民党(BJP)のナレンドラ・モディ氏が新首相に就任した。政権公約を見ると前政権の路線と大きな変わりはないようにも見える

2014年4月25日林野庁フィードバック数:0社会/政治

外国資本による森林買収に関する調査

外国資本による森林買収に関する調査の結果について農林水産省は、平成25年における外国資本による森林買収の事例について、都道府県を通じて調査を行い、結果を取りまとめました。 1.調査方法平成25年1月から12月までの期間における外国資本による森林買収について、森林法に基づく届出情報などの行政が保有する情報(注)を参考に、都道府県を通じて調査を行いました。(注)行政が保有する情報面積にかかわらず、森林の土地の所有者となった場合に市町村へ提出されたものです。 一定面積以上(都市計画区域外の場

2013年4月15日林野庁フィードバック数:68社会/政治

外国資本による森林買収に関する調査の結果について

外国資本による森林買収に関する調査の結果について農林水産省は、外国資本による森林買収に関して、平成24年の事例について都道府県を通じて調査を行い、結果をとりまとめました。 1.調査方法平成24年1月から12月までの期間における外国資本による森林買収について、森林法に基づく届出情報及びその他の行政が保有する情報※(国土利用計画法に基づく届出情報など)を参考に、都道府県を通じて調査を行いました。確認された事例は次のとおりです。※行政が保有する情報・森林法に基づく届出情報本届出は平成24年4月

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ