「外貨準備」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ベトナム:高成長回帰の危うさ~実力を超える成長の継続による弊害が懸念~

みずほインサイトアジア2015 年 4 月 8 日ベトナム:高成長回帰の危うさみずほ総合研究所調査本部実力を超える成長の継続による弊害が懸念アジア調査部03-3591-1385○ ベトナムの成長率は2014年後半から加速しており、潜在成長率を上回る水準で推移しているとみられる。マクロ経済運営の方針は実態として安定重視から高成長追及路線に転換したといえよう○ 景気加速のけん引役をみると投資など内需が拡大しており、その背景には2014年後半からのベトナム国家銀行(中央銀行)による相次ぐ金融緩和策と銀

ベトナム経済の現状と今後の展望~ 高成長よりも不均衡・非効率の解消が必要なベトナム経済 ~

ベトナム経済の現状と今後の展望~ 高成長よりも不均衡・非効率の解消が必要なベトナム経済 ~ ○ベトナム経済は、中国経済と並んで、アジアでも群を抜く高成長と安定性を示してきた。これを可能にした政策面の要因として、外資導入による工業化を軸とした成長路線と、短期資本移動・為替取引の規制によって海外金融市場から国内経済への直接的な影響を遮断したという2点が重要であった。○近年のベトナムの経済成長率は、WTO加盟(2007年)直後のブーム期よりも低下している。これは、ベトナム政府が2010年以降、不動産バ

2015年1月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアの格付が10年ぶりに『ジャンク(投機的)』に転落 ~民間部門を中心に資金調達環境の急速な悪化は避けられず~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポートロシアの格付が10年ぶりに『ジャンク(投機的)』に転落~民間部門を中心に資金調達環境の急速な悪化は避けられず~発表日:2015年1月27日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 26日、S&P社がロシアの長期信用格付を格下げして『投機的』水準に転落した。同社は理由に金融政策の対応余地の乏しさや景気の弱さ、原油安に伴う対外・財政収支の悪化を挙げている。事実、通貨ルーブル安や欧米の経

2015年1月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

資源価格下落で中南米累積債務危機の再来はあるか

リサーチ TODAY2015 年 1 月 21 日資源価格下落で中南米累積債務危機の再来はあるか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創中南米各国の株価・通貨が、「資源依存体質」への懸念から、調整圧力にさらされている。資源価格下落により交易条件は悪化に転じ、開発投資の低迷や貿易・財政収支の悪化が警戒される。みずほ総合研究所は、資源価格下落の中南米経済への影響に関するリポートを発表している1。原油安は、ベネズエラ、コロンビアにとってはデメリットが大きい。アルゼンチン、ブラジル、メキシコでは短期的

2015年1月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

「ロシアリスク」を意識せざるを得ない状況に ~主要2社が『投資適格』最下限とするなか、局面打開の道のりは一段と険しく~

1/3World Trendsマクロ経済分析レポート「ロシアリスク」を意識せざるを得ない状況に~主要2社が『投資適格』最下限とするなか、局面打開の道のりは一段と険しく~発表日:2015年1月13日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 9日、格付機関のフィッチ社がロシアの長期信用格付の格下げを発表。同国の格付は『投資適格』の最下限となるが、追加格下げに含みを持たせた。原油安と欧米の経済制裁で海外資金へのアクセスが低下するなか、ロシ

2014年12月4日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:多様化が進展する世界の外貨準備の運用通貨

経済情報:多様化が進展する世界の外貨準備の運用通貨

ブラジル経済の現状と今後の展望~ W杯&五輪の追い風があっても高成長できない理由は? ~

ブラジル経済の現状と今後の展望~ W杯&五輪の追い風があっても高成長できない理由は? ~ ○ブラジル経済は、ルーラ政権発足(2003年)以降の10年間で、通年ベースの成長率がマイナスになったのは一度(2009年)だけであり、概ね堅調に推移してきた。ただ、四大新興国であるBRICsの中で見ると、ブラジルの経済成長率は、他の3カ国よりも明らかに低い。○ルーラ政権発足後のブラジル経済を回復させた最大の原動力は、レアル高と金利低下であった。これが追い風となり、また、金融へのアクセスが普及したことや、低所

2014年3月10日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済レビュー:人民元下落誘導を促したマクロ経済的背景

平成 26 年(2014 年)3 月 7 日人民元下落誘導を促したマクロ経済的背景【要旨】— 2014 年 2 月後半、人民元の対ドル相場が急落した。中国では 2005 年 7月のドルペッグから管理フロートへの移行以来、人民元はドルに対して上昇基調であっただけに国内外に驚きをもって受け止められた。もっとも、これは中国人民銀行(中央銀行)の介入が主導したもので、全国人民代表大会における人民元変動幅拡大宣言に伴う元高期待の抑制を図るためとみられている。— 人民銀行の元安誘導を促すに足るマクロ経済的背

2013年9月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

続新興国減速、ラジャンマジックでインドは回復可能か

リサーチ TODAY2013 年 9 月 17 日続新興国減速、ラジャンマジックでインドは回復可能か常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創“The Great Deceleration”とされる新興国の「減速」が話題になり、先月のTODAYでも新興国経済の減速への転換に注目した分析を3回に亘り紹介した。前回に続き、今日も海外に駐在するエコノミストの分析を紹介する。本日はインドである1。インド経済を見ると、下記の図表のようにルピー安が5月下旬から始まり、8月には下落が加速、同月28日にはルピー

2013年9月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

続新興国減速、トルコのトリプル安に黄色信号

リサーチ TODAY2013 年 9 月 13 日続新興国減速、トルコのトリプル安に黄色信号常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今日、“The Great Deceleration”とされる新興国の「減速」が話題になり、みずほ総合研究所は、先月のTODAYで新興国経済の転換に注目し、各地域を担当するエコノミストの分析を3回に亘り紹介した。今月も2回にわたり、海外に駐在する当社エコノミストの分析を紹介する。今回はトルコである1。トルコ経済は今年5月の後半以降、トリプル安の状態にある。米国FR

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

BRICSの新興国への存在感は高まるか ~「開発銀行」設立に先立ち、「外貨準備融通基金」の設立で合意~

1/2World Trendsマクロ経済分析レポートBRICSの新興国への存在感は高まるか~「開発銀行」設立に先立ち、「外貨準備融通基金」の設立で合意~発表日:2013年9月6日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ロシアで開かれたG20サミットに合わせる形で実施されたBRICS首脳会合では、5ヶ国による外貨融通基金の設立が合意された。規模はチェンマイ・イニシアティブに及ばないが、足下の金融市場の混乱でBRICS内でも資金流出に

2013年8月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

資産構成から見るアジア新興国の外貨準備

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 資産構成から見るアジア新興国の外貨準備外貨準備の伸びの停滞・減少も、資産構成への影響は限定的 ◆アジア新興国は5月後半以降の自国通貨安に対してドル売り介入を行ったとみられ、外貨準備が減少している。また、リーマン・ショック以降、経常収支の黒字幅が縮小した結果、アジア新興国の外貨準備は増加しにくい構造になっていると言える。さらには、米国の量的緩和縮小観測などが、再度アジア新興国からの資本流出につながり、外

2013年4月26日みずほ総合研究所フィードバック数:4社会/政治海外

ベトナムの不良債権問題は本当に深刻か

リサーチ TODAY2013 年 4 月 26 日ベトナムの不良債権問題は本当に深刻か常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は、ベトナムの不良債権問題にフォーカスしたみずほ総合研究所のリポートで示された、不良債権比率の比較である1。2012年4月頃から、ベトナムの不良債権増加が大きな問題となっており、同年9月にはムーディーズによる国債の格下げが行われた。同時に経済成長に悪影響が生じるとの観測が強まった。ただし、図表に示されるように、かつてアジア諸国で生じた危機状況時と較べてベトナム

2013年4月25日大和総研フィードバック数:8社会/政治

金価格下落が暗示する世界経済環境

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 金価格下落が暗示する世界経済環境世界的金融緩和はまだまだ続く 金価格が足元で大きく下落している。ドルベースの金価格は長期的な波動でみると、1980年9月の高値から下落し、1999年7月に底値を形成後、2005年頃から明確な上昇に転じていた。近年の高値は1,791ドル/トロイオンス(2012年10月4日、ロンドン市場)であったが、最近では1,380ドル(4月16日、同)と高値から23%の下落を示した。長

カンボジア経済の現状と今後の展望

カンボジア経済の現状と今後の展望~ インドシナ半島の新たな投資フロンティアとなるカンボジア ~ ○カンボジアは、1970~80年代の長期にわたる戦乱で大きな痛手を受けたが、近年、政治経済情勢が安定し、インドシナ半島の新たな投資フロンティアとして注目されつつある。カンボジアの足元の経済成長率は6%を超え、ベトナムやタイを上回る勢いである。また、ここ数年、労働集約型業種を中心に日本企業のカンボジア進出も活発化している。○カンボジア経済の高成長を牽引してきたのは、サービス業と製造業の拡大であった。サー

2012年6月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)2011年末の本邦対外資産負債残高

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2011年末の本邦対外資産負債残高2012年5月31日日本銀行国際局要旨1. 11年末の本邦対外資産負債残高対外資産は、円高進行に伴い円建評価額が低下したが、外貨準備および貸付の残高が増加したため、全体では増加した。一方、対外負債は、本邦株価下落による対内株式投資残高の減少にもかかわらず、対内短期債投資および借入の残高が増加したため、全体では増加した。対外純資産は、対外資産の増加幅が対外負債の増加幅を上回ったことから、

2012年4月23日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(論文)2011年の国際収支動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 2011年の国際収支動向2012年4月20日日本銀行国際局概要経常収支は、貿易収支の赤字転化を主因に、黒字が縮小した(10年 17.9兆円→11年9.6兆円)。資本収支は、対外証券投資の取得(流出)超幅が縮小し、対内証券投資の取得(流入)超幅が拡大したことから、7年振りに流入超に転化した(10年 △12.0兆円→11年 6.3兆円)。外貨準備は、外国為替平衡操作及び運用益により引続き増加した(10年 △3.8兆円→11

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ